街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

よこはま動物園ズーラシアのジャンブイの25歳の誕生会 ~ "Sternstunde" für Jambui im Jahr 2017?

a0151913_1310381.jpg
ジャンブイ (Eisbär Jambui /Белый медведь Ямбуй)
(2016年2月1日撮影 於 よこはま動物園ズーラシア)

よこはま動物園ズーラシア(以下「ズーラシア」と略記)で飼育されている雄のホッキョクグマであるジャンブイの25歳の誕生会が去る25日に同園で開催されたそうです。彼は野生孤児の出身ですので誕生日が不明ですが、こうして誕生会を開催することは素晴らしいことだと思います。


最近のズーラシアから発信されてくる情報を見ているうちに、ふと興味深い事実に気が付きました。ズーラシアは最近になってこのジャンブイの(推定)年齢について言及しなくなっているということです。これについてはなんとなくその意味がわかります。つまり同園はこのジャンブイの年齢が繁殖にとってやや難しい年齢になってきていることについてファンからの指摘を回避しようという心理が働いているためだろうということです。しかしジャンブイは誕生月日は不明であるにせよ、誕生年は1991年であることはロシア側の資料の批判的研究によって明らかです。これについては「「ロシア血統の謎」に迫る(4) ~ 横浜・ズーラシアのジャンブイの誕生・血統の真相を探る」という投稿を御参照下さい。よって彼が25歳となったことも明らかです。この雄の25歳という年齢が繁殖にとってどのような評価をすべきなのかについては「北米の過去約100年間の飼育下のホッキョクグマ出産記録が語ること ~ 再び考えるキャンディの今後」という投稿で示したこのグラフを是非御参照下さい。いかに今年2016年という一年は彼にとって貴重であったか(過去形)はこのデータそのものが語っていると思います。私がこのことについて語る必要はないでしょう。

しかし一方でこのような事実があります。アメリカのコロンバス動物園で飼育されている雄のナヌークは今年の春、つまり彼が28歳となっていたにもかかわらず繁殖行為を二頭の雌(アナーナとオーロラの双子姉妹)との間で行い、そしてこの姉妹は共に出産し、そして赤ちゃんと共に無事に産室で育児中です。これについては「アメリカ・コロンバス動物園、「遅咲き」の28歳の雄のナヌークに最後の栄光は輝くか?」という投稿を御参照下さい。ナヌークは北米で過去100年間の記録を塗り替えたのです。しかしこのナヌークや、そして欧州やロシアで25歳を超えて繁殖に成功した雄のホッキョクグマというのは、その時点までにすでに繫殖についての実績のあった雄ばかりです。この点がジャンブイには欠けている点です。しかしさらにその一方で彼がモスクワ動物園の故ウムカ(ウンタイ)と実は双子兄弟であるという説が本当であるのならば、ジャンブイに繁殖能力がないなどとは経験則上は言いにくいという要素もあるとは言えます。

来年2017年のジャンブイに期待します。

(資料)
よこはま動物園ズーラシア公式ブログ (Dec.26 2016 - ジャンブイ★おめでとう!!

(過去関連投稿)
ジャンブイの素顔 ~ 彼の出自の謎を追う
夏の日曜日の昼下がりのジャンブイ、再び彼の出自の謎を考える ~ 彼は果たして豪太の伯父なのか?
モスクワ動物園のムルマ(4) ~ 危機の克服、そして豪太の誕生
ウムカ (男鹿水族館・豪太の父)、悠々の水遊び
モスクワ動物園のウムカ (ウンタイ – 男鹿水族館・豪太の父) 闘病生活の後、すでに死亡の模様
「ロシア血統の謎」に迫る(4) ~ 横浜・ズーラシアのジャンブイの誕生・血統の真相を探る
「ロシア血統の謎」に迫る(5) ~ ジャンブイ(横浜・ズーラシア)の幼年時代の映像が示す深い謎
by polarbearmaniac | 2016-12-27 13:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag