街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

"Polar Bear(s) of the Year (2016)" in Japan

a0151913_22451981.jpg
バフィンとモモ (Baffin the Polar bear and her cub Momo)
(2015年6月28日撮影 於 大阪・天王寺動物園)
a0151913_2318752.jpg
バフィンとモモ (Baffin the Polar bear and her cub Momo)
(2016年6月10日撮影 於 大阪・天王寺動物園)

毎年の年末にこのブログでは米国のタイム(TIME)誌にあやかってその年の日本のホッキョクグマ界で最も活躍したり話題になったりした日本のホッキョクグマの “Polar Bear of the Year” in Japan を選んでいます。今年も選んでみたいと思います。今まで私が選んだホッキョクグマは、2009年はララ2010年はデナリ2011年はララとアイラの母娘2012年はクルミ2013年はミルク2014年はバフィン2015年はシルカを選んでいます。

さて、数日前から私は非常に頭を捻ってきたのですが日本において今年2016年に特別の活躍をしたり話題になったりといった一頭のホッキョクグマを選出するのは極めて難しいという結論にならざるを得ません。これが世界のホッキョクグマ界(北米、欧州、ロシア、日本 etc)というところまで拡大しますと今年の "Polar Bear of the Year (2016)" は文句なくアメリカ・コロンバス動物園のナヌークだと思います。これは誰しも異存のない選択でしょう。しかし日本に限定し、それも一頭となると難しいと思います。札幌のリラというのも頭に浮かびましたが、リラは後年に選ぶ機会が必ずありそうにも感じますので今回は外したいと思います。そうなると今年の "Polar Bear of the Year (2016)" の一頭での選択はますます難しくなります。しかし過去に親子二頭をノミネートしたことがありますので、今年も同じように親子ということならば当然該当はあるわけです。それは浜松市動物園のバフィンとモモの親子です。この二頭を今年2016年の “Polar Bear(s) of the Year” in Japan に選びたいと思います。

このバフィンとモモの親子は天王寺動物園で一つしかない展示場をシルカと半日で分け合っていたわけですので大阪で16ヶ月間にわたって公開されてはいたものの実質上はその半分の通常の動物園における親子の8ヶ月間分の公開時間だったと考えてみてもそう間違いではないでしょう。そして今年の6月にバフィンとモモは親子そろって大阪の天王寺動物園から浜松市動物園へと移動したわけです。こうした形で親子そろって他園に移動してというケースは非常に稀ですし、今後の世界のホッキョクグマ界でもおそらくほとんどないケースとなるでしょう。母親であるバフィンは長年にわたって暮らしていた浜松の寝室や飼育展示場をよく覚えていて古巣にもどったような落ち着きを最初から見せていたために、本来は移動によって非常に動揺するはずの娘のモモも非常に早く浜松に慣れ親しむことができるようになったのは本当になによりのことでした。途中でモモが体調を崩した一時期はあったものの、それはおそらく大阪時代との展示時間の違いによって自分の生活の中での運動量やリズムを崩してしまったことから生じたものではないかと考えています。しかし最近はモモの体調不良も聞きませんので、もう完全に生活のリズムを掴んでしまったものと思います。
a0151913_22453929.jpg
バフィンとモモ (2015年6月28日撮影 於 大阪・天王寺動物園)
a0151913_23195764.jpg
バフィンとモモ (2016年6月9日撮影 於 大阪・天王寺動物園)

今後も活躍が期待されるバフィンとモモの親子です。

(過去関連投稿)
"Polar Bear of the Year (2015)" in Japan
バフィンの母親としての軌跡 ~ "So has Baffin been a nursing Polar Bear Mother"
浜松市動物園のモモの不調の原因は何なのか? ~ 展示時間の長さの変化にまだ対応できないためか
by polarbearmaniac | 2016-12-29 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin