街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園へ

a0151913_2013567.jpg
ボリス Photo(C)Simon Uldum

昨年の10月にデンマークのコペンハーゲン動物園が、同園で飼育されている現在は11歳となっている雄のボリス(現在はイワンと呼ばれています)と、現在は13歳になっている雌のノエルのペアの相性が良好なものではないと判断してペアを変更することとなった件について投稿しています(「デンマーク・コペンハーゲン動物園がボリスとノエルの相性を否定的に評価し同ペア間の繁殖を断念へ」)。 この雄のボリスですが、このたびスカンジナヴィア野生動物公園への移動が公式に明らかになりました。以前よりご紹介していますが、このボリスは男鹿水族館の豪太のすぐ下の弟にあたります。

スカンジナヴィア野性動物公園のラルセン園長によりますと、以前のこのボリスがノエルの産室入りの際に一時的にコペンハーゲン動物園からボリスが一時的にスカンジナヴィア野性動物公園に預けられていた時期があり、その際にボリスはスカンジナヴィア野性動物公園の環境が気に入っていた様子だったことがあり、以前からこのボリスの受け入れについて考えていたことも明らかにし、そして同園でこれから繁殖の主役の座につくこととなった4歳の雌のヌノの将来のパートナーとしてボリスを計画していることも明らかにしました。

さて、そうなると今度はコペンハーゲン動物園に残った雌のノエルのパートナーがどの雄の個体になるかです。以前私はドイツ・ノイミュンスター動物園のカップではないかと予想したわけですが、昨年の秋からの情勢を考えると、ひょっとしてノエルのパートナーになるのはロシア・イジェフスク動物園のノルド(モスクワ動物園所有)ではないかという気がしてきました。ノルドはイジェフスク動物園で繁殖能力があることが証明されているものの、彼のパートナーであるドゥムカの新しいパートナーとして野生孤児個体である雄のアイオンがモスクワ動物園からイジェフスク動物園に来園したためにノルドは追い出された形になってハンガリーの動物園に移動するという情報が流れていたわけです。しかし考えてみればハンガリーの動物園にノルドの移動先となる動物園がありませんので、彼はコペンハーゲン動物園に移動してきても全くおかしくはないどころか、繁殖能力が証明されているノルドですからコペンハーゲン動物園としてもノルドには大歓迎ではないかと思うわけです。しかもノルドの年齢は11歳でありボリスとは同じ年齢です。条件的にはピッタリなのです。もし仮にノルドが本当にコペンハーゲン動物園に移動してくるとすれば、それは欧州とロシアとの間に繁殖に関する何らかの深い協力関係ができていることをうかがわせます。

かなりおもしろくなってきました。

(*追記)この投稿を行ったあとに一つのデンマークの報道が出ましたが、コペンハーゲン動物園はイワンの代わりにロシアからホッキョクグマを導入すると報じられています。まず間違いなくこれはイジェフスク動物園のノルドだろうと思います。

(資料)
TV 2 | ØSTJYLLAND (Jan.4 2017 - Nu er det officielt: Østjysk dyrepark får ny isbjørn)
KNR (Jan.5 2017 - Ulykkelig isbjørn flytter fra København til Jylland)
(追加資料)
DK (Jan.5 2017 - Isbjørnen Ivan flytter til Jylland efter skilsmisse)

(過去関連投稿)
デンマーク ・ コペンハーゲン動物園の新施設 “Den Arktiske Ring” の完成 ~ 期待される若年ペアの繁殖
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園に期限付きで移動
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園に出張中のボリスがコペンハーゲン動物園に帰還
デンマーク・コペンハーゲン動物園のノエルが超音波検査を受ける ~ 今年の繁殖成功は困難か?
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスに2.5トンの雪のプレゼント
デンマーク・コペンハーゲン動物園で男がホッキョクグマ展示場に侵入 ~ 警告発砲を受けたボリスは無事
デンマーク・コペンハーゲン動物園、ノエルとボリス(イワン)の有望なペアの繁殖への期待と挑戦
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスとノエルに予期せぬ氷のプレゼント
デンマーク・コペンハーゲン動物園がボリスとノエルの相性を否定的に評価し同ペア間の繁殖を断念へ
ロシア・イジェフスク動物園のノルドが欧州へ ~ 水面下で始まっている欧露の協力体制の兆候

(*2011年7月コペンハーゲン動物園訪問記)
コペンハーゲン動物園のホッキョクグマたちに挨拶 ~ 豪太の弟に遭遇!
コペンハーゲン動物園のボリスとノエルに、魚とウサギのプレゼント
コペンハーゲン動物園での新施設建設とボリスとノエルの繁殖への期待
by polarbearmaniac | 2017-01-05 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin