街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設のミラーナがドイツ・ハノーファー動物園へ

a0151913_2124238.jpg
ミラーナ (Белая медведица Милана/Eisbärin Milana)
Photo(C)(ПРОГРАММА «БЕЛЫЙ МЕДВЕДЬ»)

いよいよ欧州とロシア、特にモスクワ動物園とのホッキョクグマの繁殖に関する協力関係が確固たるものになってきていることを思わせるニュースです。モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設で飼育されている7歳の雌のミラーナがドイツのハノーファー動物園に移動することになり1月31日にモスクワを出発しました。このミラーナというのはシモーナの娘であり、最近までは野生出身のアイオンとのペアによる繁殖が期待されていた個体でしたがアイオンがイジェフスク動物園に移動して同じ野生出身のドゥムカとのペアを形成することになたっため、ミラーナはパートナーがいなくなり、ドイツの動物園に移動するという情報がモスクワ動物園からすでに流されていたわけです。この下はモスクワから旅立っていくミラーナの姿です。



(*後記)モスクワ動物園は後日、もう一つの映像を公開しました。これは主にドイツ到着後の華ーファーへの移送が映っています。



私は先日の「デンマーク・コペンハーゲン動物園がロシア・イジェフスク動物園のノルドの来園予定を正式発表」という投稿の中でこのミラーナが仮にハノーファー動物園に移動することになると日本のホッキョクグマ界にとっては厄介だと述べたのですが、その通りになってしまいました。これでミラーナはハノーファー動物園ではナヌーク、あるいはシュプリンターのパートナーになるということぉ意味するわけです。2012年にアイラ(現 おびひろ動物園)がハノーファー動物園に交換個体として提示されたわけですが、その時にはアイラのハノーファー行きは実現せず、今回こうしてモスクワ動物園からシモーナの娘がハノーファー動物園に移動ということです。そしてハノーファー動物園からミラーナの無事の到着を報じる記事が出ました。


ハノーファー動物園にとっては遂に念願の雌(メス)のホッキョクグマの来園ということになります。つい先日、「ドイツ・ハノーファー動物園のシュプリンターとナヌークの近況 ~ ナヌークは果たして札幌に来るか?」という投稿を行いましたが、全くもって惨めな内容のものになってしまったことになります。世界の動きが早くて私も追いつけないということです。しかし間違いなく言えることは、これでハノーファー動物園と円山動物園を結んでいた微かな線は完全に無くなったことになるということです。モスクワ動物園のミラーナは交換個体としてハノーファー動物園に移動したわけではありません。ところが円山動物園が望むのは「交換」です。そして「交換」といった瞬間にこちらのサイドの飼育環境が基準を満たしているかが問われてしまうというわけなのです。

(*追記)ハノーファーの地元紙の報道にはハノーファー動物園の広報担当者の発言として興味深いことが述べられています。雌(ミラーナ)の来園により雄二頭(シュプリンターとナヌーク)同士の関係の悪化が予想されるために三頭同居は不可能であると考えているそうです。これはまあ当然でしょうね。今後は非常に注意深くホッキョクグマたちの様子を観察しながらうまく飼育展示を展開していく必要があると認識しているそうです。これも良く理解できる話です。 しかしこれから意外なことを述べています。 やはり結局は一頭が他園に移動せねばならないだろうということをハノーファー動物園は語っています。しかしこのことはEEPを十分に機能させない結果をもたらせるため、ひょとしたらシュプリンターとナヌークの二頭共に他園に移動させて全く別の個体をハノーファー動物園に導入することになる可能性についても触れています。ハノーファー動物園も相当に頭の痛いところのようです。これは少しばかり興味深い展開になってきました。何かの「取っ掛かり」はあるかもしれません。円山動物園はまだ割り込んで関与していくチャンスがあるかもしれませんね。

(資料)
ТАСС (Feb.1 2017 - Медведица из Московского зоопарка переехала в Ганновер)
ロシア大統領府・プーチン大統領サイト (ПРОГРАММА «БЕЛЫЙ МЕДВЕДЬ»)
Erlebnis-Zoo Hannover (Feb.1 2017 - Eine Eisbärin für Yukon Bay!)
(*追記資料)
Hannoversche Allgemeine (Feb.1 2017 - Eine neue Eisbärin soll für Nachwuchs sorgen)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況
モスクワ動物園が期待を持つ将来の新ペア ~ ヴォロコラムスク付属保護施設のホッキョクグマたち
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設で暮らすアイオンとミラーナの夏の日
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設のアイオンの3歳の誕生祝い ~ WWFが保護した野生孤児の成長
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設の野生孤児アイオンの5歳の誕生会が行われる
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設の野生孤児アイオンの近況 ~ 間もなく本園にデビューか?
ロシア動物園水族館協会(RAZA)が設立 ~ ロシアでモスクワ動物園の主導的地位が一層強まる
ロシア・クラスノヤルスク動物園の新飼育展示場計画発表 ~ 欧露の「囲い込み」体制に日本はどう対応するか
モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設のアイオンがイジェフスク動物園へ ~ 「新血統」への挑戦
ロシア・イジェフスク動物園のノルドが欧州へ ~ 水面下で始まっている欧露の協力体制の兆候
ロシア・イジェフスク動物園のシェールィとビェールィがモスクワ経由でハンガリー・ブダペスト動物園へ
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク附属保護施設でシェールィとビェールィが報道陣に公開
モスクワ動物園が、今後ロシア国内で誕生の個体はロシア国内と欧州だけで飼育の意向を表明
デンマーク・コペンハーゲン動物園がロシア・イジェフスク動物園のノルドの来園予定を正式発表

(*ハノーファー動物園関連)
ウィーンの双子(アルクトス&ナヌーク)がハノーファーへ移動 (May.20 2010)
ドイツ・ハノーファー動物園の新施設 Yukon Bay
ドイツ・ハノーファー動物園ユーコンベイのホッキョクグマ3頭 (Jun. 4 2010)
ドイツ・ハノーファー動物園に仲良しトリオ出現 ~ ユーコンベイで3頭の同居開始
ドイツ・ハノーファー動物園の大きな成功
ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトスとナヌークの双子兄弟に4歳のお誕生祝い ~ 将来への不安
ドイツ・ハノーファー動物園のウィーン生まれの双子に別離の時来る ~ アルクトスがスコットランドへ
ドイツ・ハノーファー動物園と個体交換交渉を行った札幌・円山動物園 ~ その背景を読み解く
ドイツ・ハノーファー動物園に2012年夏に札幌・円山動物園が提示した交換候補個体はアイラだった!
札幌・円山動物園のマルルが熊本、ポロロが徳島の動物園に移動が決定 ~ ララの2年サイクル繁殖が継続へ
ララの子供たちの将来(下) ~ ドイツ・ハノーファー動物園のシュプリンターとナヌークのハロウィン
おびひろ動物園のアイラの6歳の誕生祝い ~ 来年2017年には同園よりの移動が必至の情勢
by polarbearmaniac | 2017-02-02 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin