街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

フランス・ミュルーズ動物園の赤ちゃんが遂に一般公開 ~ 性別は雌(メス)で「ナニュク (Nanuq)」と命名

a0151913_5481521.jpg
セシお母さんとナニュク Photo(C)AFP/SEBASTIEN BOZON

昨年2016年の11月7日にフランス東部アルザス地方の都市であるミュルーズの動物園(Parc zoologique et botanique de Mulhouse) で5歳のセシ (Sesi)お母さんから誕生した赤ちゃんが昨日2月27日の「国際ホッキョクグマの日」に遂に屋外の飼育展示場に登場し一般公開となりました。その様子をTVのニュース映像などで見てみましょう。この赤ちゃんは大胆にも、もう水に入ろうとしていますが落下するとセシお母さんがすぐにカバーに行っています。しかしこの赤ちゃんはその後には下手ではあるものの泳ぎに挑戦しています。なかなか度胸があるようですね。セシお母さんは育児初体験とは思えないほど落ち着いています。水に落ちた赤ちゃんの傍らで実に冷静に対処しています。こうしたシーンを見ているとあの大阪でのバフィンお母さんが気の毒に思えてくるほどです。



このセシお母さんは母親として天性の才があるとでも言いましょうか、これは相当の大物の母親だと思います。

冷静沈着なセシお母さん、そして幾分大胆な赤ちゃん、これは非常におもしろい組み合わせです。



さて、こういったことに先立って赤ちゃんの性別チェックと健康チェックが行われました。
a0151913_512253.jpg
Photo(C) Michel Foos/Parc zoologique et botanique de Mulhouse

その結果、体重は15kgsで性別は雌(メス)だそうです。またネットで名前の候補から選択の投票が行われていましたが、一番票の多かった「ナニュク (Nanuq)」に決まったそうです。雌(メス)の名前としては少々変な気がしますし、世界の他の動物園にもこの名前のホッキョクグマが何頭か存在していますので、私は何かあまり評価のできない名前のように感じますが。(*注 - "Nanuq/Nanuk" という名前はもちろんイヌイット語で「ホッキョクグマ」を意味するわけですが、この綴りは言語によって発音が異なり当ブログではそれに沿って表記を変えています。英語圏やドイツ語圏のホッキョクグマには「ナヌーク」としてありますししチェコについては「ナヌク」としています。仏語圏では "Nanuq" を「ナニュク」という表記としています。)
a0151913_3232998.jpg
セシお母さんとナニュク Photo(C)Thomas Itty/Ville de Mulhouse

しかしこうしたホッキョクグマの赤ちゃんの一般公開開始といったビッグイベントを日曜日の26日ではなく月曜日の27日、つまり「国際ホッキョクグマの日」に行ったというミュルーズ動物園は、スタッフの方々のホッキョクグマ繁殖の成功に対する強い誇りを感じてのことであろうと思います。次の映像はこのミュルーズ動物園の園内の光景にセシ親子の姿を組み入れた紹介映像です。素晴らしいシーンの数々です。フランスとはいってもこのミュルーズという都市はドイツとの国境に近い場所にあり、かつてはドイツ領だったこともあるわけですし、何となく風景がフランス的な感じは薄いように感じます。



(資料)
Parc zoologique et botanique de Mulhouse (Actualités/Feb.27 2017 - Bienvenue à Nanuq !)
L'Alsace.fr (Feb.27 2017 - Zoo : l’ourson est une femelle appelée Nanuq) (Feb.27 2017 - La première balade de l'oursonne polaire Nanuq en vidéo)
L'info de Mulhouse (Feb.27 2017 - Bienvenue à Nanuq !)
Le Dauphiné Libéré (Feb.27 2017 - L'ours polaire du zoo de Mulhouse baptisé !)
France Bleu (Feb.27 2017 - Le petit ours blanc du zoo de Mulhouse baptisé Nanuq par les internautes)
Franceinfo (Feb,27 2017 - L’ourson polaire du zoo de Mulhouse présenté au public) (Feb.27 2017 - Les plus belles photos et vidéos de l'ourson Nanuq au zoo de Mulhouse)
Le Parisien (Feb.27 2017 - Mulhouse : les premiers pas en extérieur de Nanuq, l'oursonne espiègle)
Journal Dernières Nouvelles d'Alsace (Feb.27 2017 - Nanuq... née au zoo) (Feb.27 2017 - Zoo : l’ourson est une femelle appelée Nanuq)

(過去関連投稿)
フランス・ミュルーズ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 5歳のセシが二度目にして出産に成功
フランス・ミュルーズ動物園で誕生した赤ちゃんの近況 ~ 大きな喜びに包まれる同園
フランス・ミュルーズ動物園で誕生した赤ちゃんが生後三か月となる ~ ネットによる命名投票受付中
フランス・ミュルーズ動物園の赤ちゃんがセシお母さんと共に屋外に登場
by polarbearmaniac | 2017-02-28 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag