街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

フィンランド・ラヌア動物園の雄(オス)の赤ちゃんが生後半年を経過 ~ 成長記録発信の意義

a0151913_0403984.jpg
ヴィーナスお母さんと赤ちゃん Photo(C)Ranua Zoo

フィンランドのラヌア動物園で昨年2016年の11月25日にヴィーナスお母さんから誕生した雄(オス)の赤ちゃんですが、すでに生後半年が経過しています。一般的に言えば前年の繁殖シーズンで世界の動物園で誕生した赤ちゃんたちは、生後半年ほどまでは比較的定期的に動物園側から情報が発信されるのですが、それ以降の成長の報告については動画や写真といったものの公開の機会は目だって減ってくる傾向があります。特にこれはアメリカの動物園に顕著な傾向です。要するに、動物園に来園して実際の姿を見てほしいといった意味のように思います。アメリカの動物園がこういった傾向を強く持つのは、その情報発信の受け手が地元の人々であることを想定しているからでしょう。たまたまネットという媒体の力によって地球の反対側にある動物園で誕生した(ホッキョクグマの)赤ちゃんの成長を、あくまでその動物園の HP や SNS サイトが発信したもので我々が見たり知ったりすることができるというだけであって、実際はそういう情報が想定している本当の受け手はあくまでも動物園の存在している地元の人々が対象であるにすぎないわけで、「その後の様子を知りたければ御来園下さい。」というのが本当の所なのです。たとえば、アメリカのコロンバス動物園が自園で誕生した赤ちゃんの情報を一般公開の様子などの際にネット上で詳しく公開したのは、あくまでもコロンバス市の人々、そしてせいぜいオハイオ州の人々のためであって全米のファンを対象にしたものではなく、ましてや欧州や日本のファンを相手にしているわけではないということです。
a0151913_0421630.jpg
Photo(C)Ranua Zoo

さて、ところが以前からホッキョクグマたちの姿を映像や写真で定期的に公開しているのがこのフィンランドのラヌア動物園です。人口の集まった都市に存在しているわけではなく、フィンランド北部の辺境ラップランドにある動物園ですので、誕生した(ホッキョクグマの)幼年個体の情報を前回2011年誕生のランツォの場合などは生後二年近くも定期的に発信していたのは、この動物園を頻繁に訪問することは難しく、そして来園者に地元のコミュニティを想定することができないだめでしょう。つまり、同園からの情報の発信はフィンランド国内であると同時に世界に対してであると理解してよいと思います。生後半年を経過したラヌア動物園の雄(オス)の幼年個体について新しい映像が公開されています。プールでなにかおもちゃに夢中になっている姿です。



ラヌア動物園では以前からこの幼年個体の名前の募集を行っています。ラヌア動物園では(ホッキョクグマなどの)動物たちに名前を付けることの意味について以下のように述べています。私が考えもしなかったような理由です。非常に意外に思いました。言われてみれば「なるほど」とは思いますが、しかしこれはあくまで一面的なことではないかと思います。

- “Naming the animals is important, because an easily remembered name helps animal caretakers pass information about the well-being of animals to their colleagues.”

a0151913_044356.jpg
Photo(C)Ranua Zoo

さらに同園は、ホッキョクグマの幼年個体に名前を付けることにとりわけ意味があることの理由を以下のように述べています。

- “The birth and survival of polar bear cubs in zoos is very rare and people all over the world will want to see him grow.”

これについてはまさに「然り」という印象を持ちます。

(過去関連投稿)
フィンランド・ラヌア動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 繁殖計画の成果を積み上げる欧州
フィンランド・ラヌア動物園での赤ちゃん誕生の瞬間の映像が公開
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後7週間目に入り立ち上がって歩き始める
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後50日が経過
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、生後二ヶ月が経過
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが外界に興味を持つ ~ 入り込んだ雪を取り除くヴィーナスお母さん
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが生後13週間が経過 ~ 親子での屋外登場を待つばかり
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんの性別は雄(オス)と判明 ~ 水曜日3月15日に屋外登場の予定となる
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが遂にヴィーナスお母さんと共に屋外に登場
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんとヴィーナスお母さんの近況 ~ 雪の上で過ごす五時間の毎日
フィンランド・ラヌア動物園の雄(オス)の赤ちゃんの近況 ~ 命名を急がない同園
フィンランド・ラヌア動物園の雄(オス)の赤ちゃんの近況 ~ のんびりとした親子の姿
フィンランド・ラヌア動物園の雄(オス)の赤ちゃん、間もなく生後半年へ
by polarbearmaniac | 2017-06-06 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag