街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園でゲルダとクラーシン(カイ)の同居が始まる ~ 従来の繫殖方針維持

a0151913_18414045.jpg
クラーシン(カイ)(Белый медведь Красин/Кай)
(2014年9月13日撮影 於 ノヴォシビルスク動物園)
a0151913_18425319.jpg
ゲルダ (Белая медведица Герда)
(2014年9月13日撮影 於 ノヴォシビルスク動物園)

ロシアのノヴォシビルスク動物園ではゲルダが2015年12月に産んだロスチクが先日、同園内の離れた別の場所に移動させられたわけで、それ以来ゲルダは一頭で暮らしていました。ところが本日地元のメディアが報じたところによりますとゲルダはパートナーであるクラーシン(カイ)と同じ展示場に登場し、この二頭の同居が始まったそうです。映像を御紹介しておきます。





次の映像はモニターカメラの映像をメディアが収録したものです。すでにマウント行為が行われているようにも見えます。



前回、シルカがゲルダから引き離されてしまったあとでゲルダがクラーシンと同居した時のことについては「ロシア、ノヴォシビルスク動物園でクラーシン(カイ)とゲルダの再会、同居開始の光景に割れる市民の意見」という投稿を是非御参照下さい。 さて、こうして今回も結局のところノヴォシビルスク動物園は従来のように「二年サイクル」の繫殖という方針の変更はなかったのだと理解してよいように思います。ただし、ロスチクの将来の移動先がどこになるのかということは同園における今後の繫殖にも大きな影を落とすことになります。仮にロスチクの血統(の多さ)が問題となってロスチクが欧州に移動することが必ずしもすんなりとはいかないということでしたら、ノヴォシビルスク動物園は果たして「二年サイクル」の繁殖を継続することに是非について躊躇せねばならない事情があるということを意味しているように思います。しかしこうして共に9歳であるゲルダとクラーシン(カイ)の同居が再びこの時期に開始されたということは、ノヴォシビルスク動物園にとっては方針の転換を決断できずに、ある種の「成り行き」によってこの二頭を同居させたのだという解釈も可能でしょう。ノヴォシビルスク動物園としてはロスチクの移動先が決定してからゲルダとクラーシン(カイ)との同居を実現させたかったというのが本音ではないでしょうか。モスクワ動物園ではここのところ何年間かシモーナの「二年サイクル」の従来の繁殖の方針を転換してしまっていますので、それとの整合性もロシアのホッキョクグマ界としては問題となってくるわけです。

ともかく、シルカ、ロスチクに続く第三子が今年末に誕生し。そして来年3月頃に屋外に登場してくるという確率は高いような気がします。

(資料)
НГС - Независимые Городские Сайты (Mar.21 2017 - Медведи Кай и Герда встретились спустя год и занялись любовью на глазах у посетителей зоопарка)


(過去関連投稿)
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘が本日突然永遠の別れ ~ ゲルダお母さんの動揺
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のロスチクが母親ゲルダと別居となる ~ シルカもいた同園内の別の場所へ
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の「二つの愛の心」 ~ "Два любящих сердца"
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のロスチクの別居は安全上の理由と同園は説明 ~ 移動先決定は難航か?
by polarbearmaniac | 2017-03-21 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

(*投稿準備中) ズーパラダ..
at 2017-05-25 23:35
(*投稿準備中)ポーラに迫り..
at 2017-05-25 23:20
(*投稿準備中)ラダゴル(カ..
at 2017-05-25 23:15
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin