街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、視力・聴力を大部分失うも嗅覚で元気に暮らす

a0151913_3263592.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля в Большереченском зоопарке) Photo(C)Большереченский Зоопарк

世界の動物園に暮らすホッキョクグマたちの中には非常に情報が少なくて知られていないホッキョクグマが何頭か存在しています。私はそういったホッキョクグマたちの認知度を高めてやりたいといつも考えており、このブログではそういったホッキョクグマたちにも光を当ててやるべく、小さなニュースであってもあえて投稿を行っています。そういった世界的にも知られていないホッキョクグマの一頭がロシア・西シベリアのオムスク近況にあるボリシェリェーチェ動物園で飼育されている推定28歳の雌(メス)のホッキョクグマであるグーリャ (Гуля) です。
a0151913_327834.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля в Большереченском зоопарке)
Photo(C)Большереченский Зоопарк

さて、ノヴォシビルスク動物園に生まれたシルカが来日してからというもの、ロシアのファンと日本御ファンとの間に言語を介さない交流が生まれロシアのファンの方々が立ち上げたSNSサイトに日本やロシアのホッキョクグマの写真が多く掲載されるようになりました。そうしたロシアのファンの中に、このボリシェリェーチェ動物園のグーリャに大変興味を抱いた方もいらっしゃり、その方の個人のSNSサイトを通じてボリシェリェーチェ動物園の飼育員さんなどからグーリャについての情報やら写真やらのいくつかが公開されるようになり、そしてボリシェリェーチェ動物園自身も以前とは違って情報の発信を積極的に行うようになってきたことによって少なくともロシアのファンの方々にはグーリャへの認知度が高まってきたことは非常に喜ばしいことです。ロシアの動物園に暮らすホッキョクグマたちに対して欧米のファンの方々はほとんど興味を示しません。そういうこともあってロシアの動物園のホッキョクグマたちもあまり知られていないというのが現状です。私がいくらアンデルマやウスラーダやシモーナの写真を数多くアップしてみたところで、それは彼女たちの世界レベルでの認知度を高めることにはならないわけです。しかし少なくともロシアのファンの方々にとってはかなり関心を持っていただけるようになったと思っています。さて、そうしたわけで最近の報道やSNSによる情報などから、このグーリャの近況などを簡単にまとめてみたいと思います。
a0151913_327348.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля в Большереченском зоопарке)
Photo(C)Большереченский Зоопарк

シベリアも夏には気温が高くなりますので動物たちにも夏のプレゼントが与えられているそうです。リンゴなどの果物が入った氷のケーキだそうですが、ほとんどの動物たちは喜んで食べるもののグーリャだけは意外にもしぶしぶ食べるといった様子だそうです。以前にもご紹介していますが、このグーリャは野生孤児として保護されたわけですがケガによる出血で全身が血だらけになって保護されたという不幸な体験を持っているホッキョクグマです。最近になって得た情報では、グーリャは密猟者に虐待されたときに片目の視力を完全に失ったそうです。グーリャも現在では(推定)28歳となっており、視力の残っていたもう一つの眼の方もほとんど視力が無くなってきているそうで、聴覚もかなり失っており、もっぱら嗅覚だけを働かせて日々の暮らしを過ごしているそうです。ホッキョクグマの嗅覚は非常に優れていますので、その点では幸運だったとも言えましょう。確かに今までご紹介してきたグーリャの映像を見ますと視力に非常に問題があるということはわかるのですが幼少期にすでに片目の視力を失っていたとは知りませんでした。そういえばペルミ動物園のアンデルマも加齢によってかなり視力は衰えているようで、アンデルマの頭の動かし方を見ていると、かなり嗅覚に頼っているなという印象を持つ瞬間もあります。
a0151913_3335026.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля в Большереченском зоопарке) 
Photo(C)«НГС.НОВОСТИ»Омск

このグーリャは不思議なホッキョクグマだそうで、彼女のいる場所には小動物がいる場合が多いそうです。昨年などはこの動物園に住み着いている老いたネコがグーリャと一緒に寝ていたそうですし、アヒルなどの鳥もグーリャのそばにいることもあるそうです。グーリャはそういった動物たちに触れようといった気もなく、常に一緒にいる状態となっているそうです。ここで2016年2月の「国際ホッキョクグマの日」でのグーリャの姿を再びご紹介しておくこととします。



それからこれは以前にもご紹介したことがあったかとも思いますがレニングラード動物園がメンシコフのパートナーを選ぼうとした時に候補になったのがこのグーリャであり、メンシコフとグーリャを同居させようとしたもののメンシコフが激しくグーリャを拒否したということです。レニングラード動物園はメンシコフのパートナーを決めためにその他数頭の雌(メス)を彼と同居させてみたもののメンシコフが気に入ったのはウスラーダただ一頭だったということです。そしてその瞬間からメンシコフとウスラーダという世界最高のペアが誕生したということなのです。仮にグーリャがメンシコフに気に入られていたらその後のグーリャの人生 (Bear's life) も大いに違ったものになっていたでしょう。グーリャは1995年からこのボリシェリェーチェ動物園で暮らしていますが、彼女のパートナーとして雄(オス)が二頭来園したものの、繁殖には成功しなかったということだそうです。ボリシェリェーチェ動物園はその理由について、グーリャが幼少期に受けた体と心の傷が原因だろうと述べています。

グーリャ、どうかこれからも元気でいてほしいものです。グーリャにとっての幸運は、このボリシェリェーチェ動物園の飼育展示場はロシアの動物園の中でも飛びぬけて環境が素晴らしいことです。日本の動物園にもこれだけの環境の良い飼育展示場はないでしょう。

(資料)
Большереченский Зоопарк (Aug.7 2017 - Белая медведица в Большереченском зоопарке)
НГС.НОВОСТИ Омск (Jun.22 2017 - В Большереченском зоопарке медведей и обезьян накормили фруктовым «мороженым»)
om1.ru (Jul.31 2017 - Обезьянка с выбитыми зубами и лисица без лапы: кто покалечил обитателей Большереченского зоопарка?)
Независимый Городской Сайт Омска (Aug.2 2017 - Медведица, живущая с уткой, и страус Фрося: узнаём истории зверей омского зоопарка на «полуострове»)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャにロスネフチ社より飼育場整備の資金援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、グーリャ(Гуля) の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ(Гуля)、乏しい情報から知るその動向
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、情報欠如の「幻のホッキョクグマ」としての存在
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ ロスネフチ社からの次の援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園を襲った洪水の被害 ~ グーリャは無事に毎日を過ごす
by polarbearmaniac | 2017-08-18 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag