街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・イジェフスク動物園のノルドがデンマーク・コペンハーゲン動物園に到着

a0151913_12501557.jpg
ノルド Photo(C)Zoologisk Have

欧州とロシアを舞台にしたホッキョクグマ繁殖を目的としたダイナミックな個体移動のドラマが続いています。以前にもすでにご紹介していましたが、ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で飼育されてきた11歳の雄のノルドがデンマークのコペンハーゲン動物園に移動することになっていましたが、そのノルドがモスクワからルフトハンザ航空のフランクフルト行きの便に乗せられフランクフルトに到着し、それから陸路でコペンハーゲン動物園に昨日火曜日の午前中に無事到着しました。ノルドはデンマークに到着する前のモスクワではモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設に短期間暮らしていたわけですが、それは同保護施設で飼育されていた野生出身のアイオンがイジェフスク動物園に到着したのと前後した時期からであったことは間違いありません。アイオンはイジェフスク動物園で同じく野生出身であるドゥムカとペアを組んで「新血統」の個体を繁殖させる目的でイジェフスク動物園に移動したわけであり、同園のノルドはデンマークのコペンハーゲン動物園に移動し、そこで13歳のノエル(上野のデアの姉)とペアを組むことになります。ノエルはそれまでパートナーであったボリス(イワン)とは相性が良くないためボリスはスカンジナヴィア野生動物公園に移動となりました。モスクワ動物園は自己所有の雌のミラーナをヴォロコラムスク附属保護施設からドイツのハノーファー動物園に移動させたり、またイジェフスク動物園の双子兄弟であるシェールィとビェールィをハンガリーのブダペスト動物園に移動させたりと、欧州側と連携していわゆる「アンデルマ/ウスラーダ系」(カザン血統)の個体を何頭も欧州側に移動させているわけです。こういったことは欧州側(EAZA)とモスクワ動物園が周到な準備を事前に行っていたことを意味しており、こういった可能性をすでに指摘していた私の予想をも遥かに上回る規模とスピードで進行しているというわけです。

さて、そのイジェフスク動物園のノルドがモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設経由でコペンハーゲン動物園に到着した映像を下にご紹介しておきます。飼育展示場にいるノエルも雄のホッキョクグマの臭いを嗅ぎとって相当意識しているようです。







コペンハーゲン動物園の獣医さんは到着したノルドの様子に非常に満足しており、ノルドに寄生虫がいないかなどの検査を検疫期間中に行った後にノルドとノエルの同居を試みたいと話しています。なにしろシモーナの息子であるこのノルドはすでに三頭のホッキョクグマ(ニッサン、シェールィ、ビェールィ)の父親となっており繁殖能力には定評があるわけでコペンハーゲン動物園の繁殖成功への期待は膨らむわけです。同園はホッキョクグマの繁殖行動期を5月までと設定しているようで、それまでにノルドとノエルの同居を是非実現させたいという強い意欲を示しています。
a0151913_14461385.jpg
ノルド Photo(C)Zoologisk Have

何から何まで日本のホッキョクグマ界とは様相を異にする状況が進行しているのが欧州のホッキョクグマ界です。日本にもノルドのようにシモーナの息子は存在しています。しかし彼の「業績」は現在に至るまで無いといってよいほどです。日本にも繁殖のための個体移動はありました。しかし同居実現までには一年以上も費やされ、そして実現したとはいっても腫れ物に触るような慎重さであり果敢さは見当たりません。それぞれにはそれぞれのやり方があるといったような「相対主義」に組することは少なくとも私にとっては困難になっているということです。これは非常に不思議なパラドックスです。一般的に言えば、諸々の事象に関して日本以外の地域のやり方を知ればむしろ「相対主義」に傾くのが自然であるわけですが、ことホッキョクグマに関して言えば日本以外の地域のやり方を知れば見方は「相対主義」から離れていってしまうということなのです。

(資料)
TV 2 (Apr.4 2017 - 600 kilo isbjørn ankommet til København: - Den kan slet ikke forstå os)
TV 2 Lorry (Apr.5 2017 - Russisk førsteelsker kommer ensom isbjørn til undsætning)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設のアイオンがイジェフスク動物園へ ~ 「新血統」への挑戦
ロシア・イジェフスク動物園のノルドが欧州へ ~ 水面下で始まっている欧露の協力体制の兆候
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園に到着 ~ 繁殖に必要な「非情」
デンマーク・コペンハーゲン動物園がロシア・イジェフスク動物園のノルドの来園予定を正式発表
by polarbearmaniac | 2017-04-05 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag