街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園に訪れた秋 ~ 季節の味覚を楽しむグーリャ

a0151913_19261196.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля/Eisbärin Gulya)
Photo(C)Ольга Шевякова/Большереченский зоопарк

ロシア・西シベリアのオムスク近郊にあるボリシェリェーチェ動物園 (Большереченский зоопарк) に暮らす現在推定27歳の雌(メス)のホッキョクグマであるグーリャ (Гуля) は世界のホッキョクグマ界ではほとんど知られていないホッキョクグマです。ごく最近までこのグーリャが本当に元気でいるのかどうかを知ることは容易ではなかった時期が続いていましたが、ロシア最大の石油会社であるロスネフチ社がロシア国内の飼育下のホッキョクグマたちに強力な支援を行い始めてからは各動物園は比較的頻繁に自園のホッキョクグマの動向について情報を発信し始めたのは非常に良い傾向です。そのためもあってか、「幻のホッキョクグマ」と化していたこのグーリャの姿がボリシェリェーチェ動物園によって定期的に公開されるようになったわけです。
a0151913_22115546.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля/Eisbärin Gulya)
Photo(C)Ольга Шевякова/Большереченский зоопарк

ボリシェリェーチェ動物園のある地域もすっかりと秋めいてきたそうです。しかしグーリャは夏の季節とはさほど変わらぬ一日を過ごしているそうで、池で泳いでは陸に上がり芝の上で休息をとるといった生活を続けているそうです。獣医さんがグーリャの健康状態を注意深く観察するために飼育展示場に毎日現れているそうで、グーリャを大事に飼育しているという同園の配慮が感じられます。グーリャに対しては秋の味覚としての野菜や果物が多く与えられているそうで、そういったものは彼女の好物であるようです。冒頭の写真とそれまでのグーリャの写真を比較しますと、彼女はやや痩せたのではないかという印象を持ちます。写真というのは角度によって写り方がかなり違ってきますし、体毛の状態は非常に良好に見えますので私の心配も杞憂だろうと願っています。オールボー動物園のラルスのように有名でファンも多いホッキョクグマならば、その彼の外見と健康状態の関係についてあれやこれやと議論が行われたわけですが、このグーリャについては欧米のファンに全く知られていないホッキョクグマですので、せめて私一人でもちゃんと彼女の動向を注目して見守ってやりたいと思うわけです。
a0151913_22225473.jpg
Photo(C)Ольга Шевякова/Большереченский зоопарк

ちょっと話は変わるのですが、私が先日訪問したチェリャビンスク動物園で会った雄(オス)のアルツィンの写真を「地方都市のチェリャビンスク動物園で体を寄せ合って暮らすアルツィンとアイリシャ ~ 心動かされるその姿」という投稿の上から二番目の写真(左側のホッキョクグマ)でご覧ください。同じく最近の彼の写真を「ロシア・南ウラル地方、チェリャビンスク動物園がペンザ動物園のベルィの入手を画策 ~ 繁殖成功への執念」という投稿の冒頭の写真でご覧ください。アルツィンは体重が700kgsあるホッキョクグマだといわれ、事実昨年あたりまでの写真では巨体であることが写真でも理解できましたが、今年の7月の私が彼に会った際の写真から判断すると彼に体重は300kgsに満たないような体形になっているわけです。私は推測するのですが彼は多分内蔵に疾患があるのではないかと思います。だからこれほど痩せてしまったのではないでしょうか。チェリャビンスク動物園の園長さんがペンザ動物園のベルィの入手を画策しているのも、実はアルツィンが病気でこの先そう長くはないと考えているからではないでしょうか? どころがこういったアルツィンの健康状態について心配する声は聞こえてこないのです。何故誰も心配してやらないのかといえば、その理由はアルツィンが世界のホッキョクグマ界では無名のホッキョクグマで多くの欧米のファンからは無視されたような存在だからです。非常に理不尽な話だと思います。

(資料)
Большереченский Зоопарк (Sep.19 2017 - Осенняя пора в жизни белой медведицы.)
Om1.ru (Sep.20 2017 - Медведи в Большереченском зоопарке уже начали готовиться к спячке)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャにロスネフチ社より飼育場整備の資金援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、グーリャ(Гуля) の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ(Гуля)、乏しい情報から知るその動向
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、情報欠如の「幻のホッキョクグマ」としての存在
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ ロスネフチ社からの次の援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園を襲った洪水の被害 ~ グーリャは無事に毎日を過ごす
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、視力・聴力を大部分失うも嗅覚で元気に暮らす
by polarbearmaniac | 2017-09-21 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00
ドイツ・ゲルゼンキルヘン動物..
at 2017-12-14 02:05

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag