街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ノイミュンスター動物園のカップがカールスルーエ動物園に到着 ~ 同園で期待される繁殖

a0151913_23581060.jpg
カールスルーエ動物園に到着したカップ(Kap) 
Photo(C)Zoologischer Stadtgarten Karlsruhe

ドイツのカールスルーエ動物園のラリッサとフィトゥスがノイミュンスター動物園に移動したのと交代に、ノイミュンスター動物園の16歳の雄(オス)のカップ(Kap)がカールスルーエ動物園にi一昨日の夜に到着したニュースも流れてきています。彼は言うまでもなく男鹿水族館の豪太の異父同母の兄にあたります。このカップの移動が決まった経緯は「ドイツのカールスルーエ動物園とノイミュンスター動物園の個体再配置 ~ 繁殖できぬ個体に迫った「退出」」という投稿を御参照下さい。
a0151913_23594534.jpg
カップ  Photo(C)Zoologischer Stadtgarten Karlsruhe

このカップはカールスルーエ動物園で16歳の雌(メス)のニカ(Nika) との間で繁殖を担っていくことになります。今回のカールスルーエ動物園とノイミュンスター動物園との間の個体交換は二園の間で話されて実現したそうで、EAZAのコーディネーターからの承認を得て個体移動が可能となったということだそうです。以前にも述べましたが、EAZAのコーディネーターというのはドイツの動物園に対してはやや冷淡な姿勢が見えるようですのでドイツの動物園は積極的に自分たちで動き、血統面などを考慮したEAZAのコーディネーターの承認を得るといったやり方で個体移動を実現したということのようです。

カールスルーエ動物園で屋外に出たカップの様子をご紹介しておきます。ガラスを挟んで向かい側にいるのがニカですね。



(資料)
ka-news.de (Apr.13 2017 - Herzlich willkommen, Kap: Eisbär)
Badische Neueste Nachrichten (Apr.13 2017 - 16 Jahre alte Eisbär Kap ist jetzt im Karlsruher Zoo angekommen )
Baden TV News Online (Apr.13 2017 - Alter Bekannter: Eisbär Kap nach Jahren wieder im Karlsruher Zoo)

(過去関連投稿)
ドイツ・ノイミュンスター動物園のマイカ逝く ~ その数奇なる生涯の終焉
ドイツ・ノイミュンスター動物園、悲願へのハードルの高さ ~ カップのパートナー探し難航
モスクワ動物園のムルマ(3) ~ 初産、そして訪れた危機
ドイツ・ノイミュンスター動物園のカップが同園展示場の地表改良工事のため一時的にハノーファー動物園へ
ドイツ・ハノーファー動物園のカップ (豪太の兄)が施設改修工事の終了したノイミュンスター動物園に帰還
ドイツ・ノイミュンスター動物園のカップ、パートナー獲得の見込みはあるか? ~ 苦戦するムルマの子供たち
ドイツのカールスルーエ動物園とノイミュンスター動物園の個体再配置 ~ 繁殖できぬ個体に迫った「退出」
by polarbearmaniac | 2017-04-14 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

(*投稿準備中) ズーパラダ..
at 2017-05-25 23:35
(*投稿準備中)ポーラに迫り..
at 2017-05-25 23:20
(*投稿準備中)ラダゴル(カ..
at 2017-05-25 23:15
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin