街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

シルカ (Шилка) の一日 ~ 授与物よりも授与者を重視するシルカと、正反対のララの娘たちとの関係

a0151913_1972885.jpg
すっかりプールの水が交換された今日の天王寺動物園の飼育展示場である。
a0151913_1985512.jpg
シルカ登場。
a0151913_1991826.jpg
まずは飼育員さんの存在の有無を確かめようとするシルカである。
a0151913_1914445.jpg
そうしてから、おもむろに朝に用意されたおやつに向かう。

朝のおやつ - The morning treat for Shilka the Polar Bear, at Tennoji Zoo, Osaka, Japan, on May.17 2017.

a0151913_19211059.jpg
朝からリラックスしているシルカ。
a0151913_19214375.jpg
彼女にとっては急ぐ必要のない毎日である。


シルカの朝の表情(1) - Shilka the Polar Bear's morning profile (1), at Tennoji Zoo, Osaka, Japan, on May.17 2017.


シルカの朝の表情(2) - Shilka the Polar Bear's morning profile (2), at Tennoji Zoo, Osaka, Japan, on May.17 2017.

a0151913_19291322.jpg
a0151913_19425484.jpg
しかし飼育員さんの姿は彼女の一日にとっては不可欠なものである。
a0151913_19353883.jpg
a0151913_19355081.jpg
素早い反応と行動こそが命である。
a0151913_19361185.jpg
a0151913_1947427.jpg
複数のおもちゃを同時に扱おうとするのはシルカの欲求の大きさなのかもしれない。
a0151913_19502218.jpg
おもしろいことに気が付いたのだが、シルカは飼育員さんから投げ入れられたもの、そのもの自体に必ずしも強く反応するとは限らず、飼育員さんが何かを投げ入れた時に、すでにもうプール上に存在していたものを相手にして遊ぶケースが結構多いということである。
a0151913_19544370.jpg
つまり、シルカはその時その時に与えられたおもちゃを使って遊ぶというよりも、飼育員さんが何かを投げ入れるという行為を行ったことに対して反応しているということなのだ。このことはつまり、シルカはその瞬間、瞬間に与えられたおもちゃそのもの自体よりも、飼育員さんの行為によって遊びのエンジンが始動するということを意味している。こういったことはララの子供達には全く見られない行動である。ララの子供たちは飼育員さんから与えられたもの、そのものが問題であり、そしてまさにそのものを相手に遊ぶのである。つまりララの子供達にとっては、飼育員さんの姿よりも与えられるおもちゃのほうが重要であるということである。ところがシルカはそうではない。これは実に興味深い話である。徳島のポロロは飼育員さんの姿を見ると喜んでそわそわし始めるのである。その理由は、ポロロはおもちゃやおやつをもらえるという期待からであり、飼育員さんの姿そのものが彼女を喜ばせているというわけではないのだ。ところがシルカはポロロとは期待の対象のベクトルの方向が全く異なるのである。
a0151913_2022685.jpg
私は前任者のシルカの担当者の方のやり方を100%支持する。しかし、あのやり方には「諸刃の剣」といった危険な要素がやはり存在していたと思う。そしてひょっとしたら今になって、あの剣のもう一つの刃が我が身の方向に接近した危険な状態になってきかねない予感を感じないでもない。
a0151913_20115413.jpg
午後のおやつタイムとなった。


午後のおやつタイム - Today's afternoon treat for Shilka the Polar Bear, at Tennoji Zoo, Oaska, Japan,, on May.17 2017.


シルカのおもちゃ遊び - Shilka the Polar Bear enjoys herself with toys, at Tennoji Zoo, Osaka, Japan, on May.17 2017.

a0151913_20241077.jpg
私は段々と複雑な気持ちになってきた。やはりゲルダの育児には問題があったと言わざるを得ない。ゲルダとシルカという母娘の間の関係は複雑だった。私はノヴォシビルスク動物園でそのことに気が付いていた。あの不安定な関係がどこかでシルカが母親から離れて以降も彼女に何らかの形で投影しているように感じるのだ。来日後のシルカに対しては諸々の要素を考慮して格別の配慮が彼女に対してなされた。ところが、そうやって行われたいくつかのことはシルカに対して大いにプラスになったことは間違いないのだが、何か根本的なところで飼育員さんの手では克服できない重要なものが依然として存在しているように見える。それが重大な形で顕在化する不安の影が忍び寄ってきているように私には感じる。
a0151913_20271296.jpg
人工哺育された個体に対してホッキョクグマという種であることを植えつけさせるために「適応化(socialization)」というものが不可欠となっているのは欧米では常識なのだが、最近になって欧州では人工哺育された個体でなくても違った意味での「適応化(socialization)」が志向されてきている。一例を挙げればブレーマーハーフェン臨海動物園のリリーが一歳半でオランダのエメン動物園に移動して同じ年齢層の同性の若年個体と同居を行わせようという試みなどそうである。リリーも母親に問題があったのである。ホッキョクグマはその生態において単独生活を行うのが特性であるというのは事実である。そしてこれはまさに Zoological correctness である。ところが最近の欧州の飼育下のホッキョクグマ(特に若年個体)に対する先進的な考え方では、ホッキョクグマには「遊び友達」を与えるほうが良いという方向に移行しつつあるのである。日本の動物園関係者はこういった傾向についてはまだ知らないと思う。Zoological correctness という「絶対的正しさ」はもう通じなくなってきているのが欧州の先進的なホッキョウグマ飼育の考え方なのだ。そういったことを実践しているのがスカンジナヴィア野生動物公園などをはじめとした先進的な動物園のホッキョクグマ飼育の姿である。
a0151913_20454490.jpg
仮に私がスターリンのような独裁者だったら、思い切ってシルカに対して同じ性別の雌(メス)の若年個体と同居させてみたいと考え、熊本からマルルを有無を言わさず強制的に大阪に移してシルカと同居させるようにするだろう。私は天王寺動物園の飼育員さんがこれからも懸命の努力をし続けるよりも、シルカをララの娘たちと同居させるほうがよいと考える。シルカにとって必要なものは多くのおもちゃ以上に、同じホッキョクグマである同性の他者の存在だろう。多くのおもちゃを与えられ、そして遊んでいるシルカを見ていると私には何かペーソスのようなものを微かに感じるのである。
a0151913_22444836.jpg
人間という存在、特に特定の個人など信じるなというのがララが自分の子供たちに対する教育・育児の方針なのである。これは、ララにはどこかに厳しい環境の自然下における野生のホッキョクグマの母親の本能のようなものが宿っているからである。そしてこれはホッキョクグマとしては正しい教育・育児方針である。ところがゲルダは、自らが人間(来園者)が投げ与えてくれるものを求めるのである。ゲルダにとってはそうすることが育児よりも重要だったのである。ウスラーダは完全にララと同じ考え方である。いや、それどころかウスラーダは特定の個人はもちろんのこと、そもそも人間全般をバカにしていて我々を見下している態度をよく見せるのだ。 ゲルダはララとは非常に異なる母親である。だからゲルダの娘とララの娘は非常に異なる指向を見せるのは当然といってよいだろう。
a0151913_20561816.jpg
私は個人的にはこのシルカはマルル、ポロロ、ミルク、モモなどの同年代の若年個体のどれよりも素質の点で優れていると思っている。ただし、どこかの何かで問題があるとも感じている。そしてそれはやはり母親に起因しているのではないかと考える余地が十分にあるとも思っている。

Nikon D5500
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
Panasonic HC-W870M
(May.17 2017 @大阪・天王寺動物園)

(*注 - このシルカには日本で新しい名前が付いていますが、彼女のロシアでの誕生から成長、来日、そして日本でのこれからの生活を一貫して捉え、本ブログでは引き続き彼女の名前をシルカ - Шилка - で統一して記載するのを方針としています。)

(過去関連投稿)
・ノヴォシビルスク動物園訪問二日目 ~ ゲルダお母さんとシルカの不安定な関係
・ゲルダの将来への道のりと課題 ~ 一頭の母親と一頭の雌の二役の演技の動機となっているもの
・ノヴォシビルスク動物園訪問三日目 ~ "Pour que Gerda et Shilka soient heureuse..."
by polarbearmaniac | 2017-05-17 21:00 | しろくま紀行

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2017-12-13 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag