街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2010年 11月 18日 ( 1 )

モスクワ動物園の奏でるPolyphony ~ ロシア的混沌は続く

a0151913_1857059.jpg
Image(C) Государственный интернет-канал "Россия"

いよいよもって真相がわからなくなってきた今回のモスクワ動物園でのウランゲリ負傷事件です。モスクワ動物園はHPに新しい見解を素っ気無いくらいに簡単に掲載しました。その内容は、「内部調査してみたがウランゲリの傷が銃の発射によって生じたものだとは推定できない。獣医もこの傷が銃創であるとは確認できなかった。この傷が何で生じたかを確認するためにはウランゲリを(麻酔)で動かないようにして検査することだが、彼の健康を考えるとそれはできない。この状況下ではいたしかたないので今は傷の状態については様子見の状況であるが、傷は回復しつつある....。」こういうことです。前回ウランゲリの傷の写真を何枚も掲載し、そして銃の発射があったと推定される建物の写真まで掲載して今回の事件の概要を伝えた前回の雄弁な内容と比較すると大きな違いがあります(前回のHPの記事は、掲載自体に大きな問題があると思われる問題の建物の写真を含めそのまま削除されることなく現在も閲覧可能です)。

このあまりに素っ気無い新しい発表に不満を持ったらしいロシアのマスコミはさらに報道を続けています。 まずインターファクス通信は「内部調査っていったい誰がやったのか? ウランゲリの傷が銃創でないなら、いったい何だというのか? 何が原因なのか? 獣医はなぜこれが銃創ではないだろうと言うのか?」とモスクワ動物園に取材を続けたらしい記者に対してモスクワ動物園の答えはこうです。「内部調査を行ったのは動物園の保安担当部門(Служба безопасности зоопарка)である。獣医は今回の調査で、まず視診を行った。そして獣医の言うにはこの傷はвозрастные язвыが原因と思われるそうだ。」と記者に回答したわけです。 возрастные язвыがいったい何なのか、ロシア語の辞書にもあたりましたが正確な医学用語が見つかりません。あえて訳すと「加齢潰瘍」とでも訳したらよいのでしょうか。

ウランゲリの傷は発砲による銃創であることを一応は否定してみたものの、真相はウランゲリに麻酔をかけて診断しないとわからないと言う一方で、それはできないという今回のHPの発表。一方で、治療のためにも麻酔をかけて手術をする必要があると主張する飼育部門の責任者。

昨日になって動物園を訪れたトルード紙の記者は動物園のスタッフにいろいろと話を聞いてみたそうです。ある一人の関係者は匿名を条件に以下のような内容を記者に答えたそうです。 「(あの建物から)弾丸が飛んできた以外に、この事件の説明はありえない。 あそこには我々とは異なる種類の特殊な人々が住んでいる。彼らはモスクワの中心でホッキョクグマ狩りでもしているつもりなのだろう。そして明らかに今はその犯罪行為を隠蔽しようとしているのさ。」 このスタッフは、モスクワ動物園の上層部がやはり、あの建物に住む治安機関関係者を怖れて早くこの事件の幕引きを行おうとしていると理解しているようです。

今回の事件でわかるのは、モスクワ動物園というのは情報の統制がうまくいっていない組織だということですね。事件の発端だったらしい10月下旬から今頃になっての大騒ぎ。そしてマスコミが報道し始めた途端に発砲の可能性を否定しようという管理部門。しかしもっと重要と思われるのはモスクワ動物園というのは、そうしたいくつかの異なる情報をあえて統制しようという気もあまりないような気風だということです。組織としての飼育の各分門の担当者は職人肌が強く、そして各部門もかなり個性の強い人間の集団から構成されているらしいということですね。統制されることなく色々な人間がいろいろなことを言いながら事態が進行していく....これはまさにミハイル・バフチンの「ポリフォニー論」さながらの状況です。こういうのはスラヴ社会独特の状況でしょうか。モスクワ動物園の奏でる音楽は、まさにPolyphonyであると言ってよいかもしれません。

普通の場合だったら私はこの「ロシア的混沌」を大いに楽しんだことでしょう。しかしウランゲリの体に傷があることは事実であり、彼のことを思うとあまり楽しむ気にはなりません。本当にあの建物に射撃手がいるのであればウランゲリの今後が心配です。

1頭のホッキョクグマに関する事件を追うことでその国の社会と文化が見えてくる....実に興味深いことです。 

ロシアが生んだ作家は、やはりスタンダールではなくドストエフスキーだったのです。

*(資料)
Лента.Ру (Nov.16 2010)
Комсомольская правда (Nov.16 2010)
Интерфакс (Nov.16 2010)
Газета Труд (Nov.17 2010)
by polarbearmaniac | 2010-11-18 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin