街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2010年 11月 27日 ( 4 )

1年振りの横浜ズーラシア

a0151913_14182243.jpg
この動物園は地元だが、園内の風景や雰囲気が暑苦しくて冬以外の季節に訪れる気にはなれない。
a0151913_14182240.jpg
早々とクリスマスの飾り付け。
a0151913_14182285.jpg

a0151913_14182248.jpg

a0151913_14182268.jpg
ジャンブイ、元気かい?

a0151913_1418221.jpg
ここのホッキョクグマの展示は日本平動物園の猛獣館299よりはるかに優れている。
a0151913_1418222.jpg
繁殖.....難しいと思うけど産室のチロには頑張って欲しい。(と思ったら、チロは奥に姿が見えたから産室ではないようだ。)

この動物園、実はかなり優れた動物園ではある。全体的な構成だけから言えばシンガポール動物園に似ている。ホッキョクグマ舎はシカゴのリンカーンパーク動物園に非常に感じが似ている。

(Nov.27 2010 @よこはま動物園ズーラシア)
by polarbearmaniac | 2010-11-27 14:18 | しろくま紀行

ホッキョクグマの赤ちゃん誕生、日本はまだかな?

a0151913_9392298.jpg

a0151913_9392288.jpg
昨夜は明け方近くまでホテルの部屋でパソコンでホッキョクグマの赤ちゃん誕生のニュースを見て、このブログにアップしたので疲れた。パソコンなど自宅から持ってくるんじゃなかった!
a0151913_9392222.jpg
疲れたので、朝食はラウンジでではなく部屋のテラスで食べることにする。

(Nov.27 2010 @横浜・パンパシフィック横浜ベイホテル 23階)
by polarbearmaniac | 2010-11-27 09:39 | Daily memorabilia

デンマークのオールボー動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生!

a0151913_4533742.jpg
産室での母親メーリクと赤ちゃん Image(C)Aalborg Zoo

ヨーロッパからどんどん赤ちゃん誕生のニュースが入ってきます!

デンマークのオールボー動物園 (Aalborg Zoo) より11月26日付けの正式発表がありました。同動物園で飼育されている10歳になる雌のメーリクが先週末(11月20日)に三つ子の赤ちゃんを出産したとのことです。 しかし1頭は出産後しばらくして死亡、2頭目も数日後に死亡しましたが残る1頭の赤ちゃんは非常に元気で、お母さんの授乳を受けているそうです。2年前にもメーリクは1頭を出産しており、そのおかげでこのオールボー動物園の入場者数は飛躍的に増加したそうで、残念なことに2頭が死亡してしましたが今回の残る1頭については、動物園側としては大喜びのようです。

これはまた凄いですね、産室のライブ映像ですか!

以下は今回の母親のメーリクの映像です。


前回のこの動物園でのホッキョクグマの赤ちゃんの誕生は2008年暮れでしたが、その時に出産したのは今回のメーリクではなくヴィクトリアという雌でした。今回はドイツのニュルンベルク動物園から出張してきていた雄のフェリックスに対して雌のパートナーが2頭いて、交互に出産するような繁殖計画なのですね。以下は前回出産のヴィクトリアの産室内での映像です。


以下はその前回出産のヴィクトリアが赤ちゃんを連れて産室から外に出たときの2009年2月の映像です。


*(資料)
Aalborg Zoo 11月26日付け告知
Politiken.dk (Nov.26 2010)
DR Nordjylland (Nov.26 2010)
NORDJYSKE (Nov.26 2010)
by polarbearmaniac | 2010-11-27 03:45 | Polarbearology

オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!

遂にオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園からの正式発表がありました! 同動物園で産室入りしていたフリーダムが24日の水曜日に双子の赤ちゃんを出産したとのことです。 この下の映像と赤ちゃん達の元気な泣き声を聞いてみて下さい!


それにしてもこのアウヴェハンス動物園は本当に凄いです。こうやって産室の様子を出産の発表と同時にいきなりすぐに公開するわけですからね!
a0151913_333114.jpg
幼少時のフリーダムとフギースお母さん Photo(C)ANP

*(資料)
Ouwehands Dierenpark Rhenen (11月26日告知
De Gelderlander (Nov.26 2010)
Nos Jeugdjournaal (Nov.26 2010)

(過去関連投稿)
オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園で雌2頭が産室入り ~ 母娘のダブル出産の快挙なるか?
オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園、産室内のフリーダムの映像
by polarbearmaniac | 2010-11-27 03:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00
ドイツ・ゲルゼンキルヘン動物..
at 2017-12-14 02:05

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag