街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2010年 11月 29日 ( 1 )

ロシア・エカテリンブルク動物園の仲良しペアへの大きな期待 ~ ロシアの新しい繁殖基地を目指して

a0151913_19504117.jpg
アイナ Photo(C) Екатеринбургский зоопарк
a0151913_19512128.jpg
ウムカ Photo(C) E1.RU

ロシアでホッキョクグマの繁殖に実績のある動物園といえばモスクワ、サンクトペテルブルクの両動物園が双璧であり、これに続くのがカザンの動物園です。その他のロシアの都市の動物園で繁殖が期待されているペアについて御紹介しておきます。
a0151913_2091755.jpg
ロシア・ウラル地方の都市であるエカテリンブルクの動物園でゴーゴ(天王寺動物園)の姉である雌のアイナが飼育されていることは、かなり以前に御紹介しています(下記資料参照)。 ペルミ動物園生まれでアンデルマの娘であるこのアイナ(98年12月18日生まれ)のパートナーであるのが野生出身のウムカです。ウムカは98年の4月にロシア極北のチェクチ半島で孤児として保護されてからこのエカテリンブルク動物園で飼育されるようになりました。1年ほどしてペルミ動物園からエカテリンブルク動物得に移動してきたのがまだ1歳にもならない雌のアイナでした。それ以来この2頭はパートナーなのですが大変に仲が良いようです。下の写真の通りこの2頭は最近は繁殖シーズン以外が互いに隔てられていますが姿は見えますので、ウムカはアイナに柵越しに鼻を鳴らして挨拶するようです。
a0151913_19565286.jpg
Photo(C) Екатеринбургский зоопарк

アイナは魚が大好物なのですがウムカはもっぱら肉を食べる量が多いようです。1週間の2回、昼間に魚のプレゼントがありますがその時の魚の量は1頭あたり6~10キロだそうですが、これは相当の量です。(私もこの夏、ペルミ動物園のホッキョクグマ舎で活魚のプレゼントを見ましたが、あれはカマ河で捕獲した魚だと思いますが、ものすごい大きさの魚なのにびっくりしたのをおぼえています。アンデルマはそれを水中であっという間に捕まえて上にあがったあとバリバリという音をたてて食べていましたが、ロシアで採れる魚の大きさに今さらながら驚いたものです。)このウムカとアイナには土曜日と日曜日の昼には魚やニンジンが入った氷のプレゼントもあるそうで、そういった氷はプールに浮いた状態で与えられるようです。特にアイナは水中で氷と「格闘」するのがお好みのようです。ウムカは水に入らずになんとか陸から氷を捕まえようとするのですがなかなかうまくいかず、ため息をつきながらようやく水に入って氷を取るそうです。

この2頭に繁殖の期待は大きいのですが、普段仲のよいペアだから繁殖の可能性が大きいとは直ちに言えないようです。よく動物園関係者には、繁殖のためにはペアは若いときから同居させたほうがよいという人もいますが、若いときから同居したからといって繁殖のないペアは数限りなくあるように見えます。一方で、シヌックやアンデルマのように10代半ばを過ぎた時点で彼女達にとっての2番目あるいは3番目のパートナーを得て、しかもその雄が10歳近く年下であるのもかかわらず2頭で同居を開始して早い時期に出産したケースもいくつもあります。 ですので、「繁殖のためにはペアは若いときから同居させたほうがよい。」という考え方は必ずしも成立しないと思われます。若いときからパートナーだったペアの間で繁殖した割合と、年齢を経てから新しくパートナーを組んだペアの間で繁殖した割合を比較してみて前者の成功例の比率が圧倒的に多いならば「繁殖のためにはペアは若いときから同居させたほうがよい。」という考え方は成立するでしょう。しかし私は欧米やロシアの例でいろいろあたってみた限りでは、数よりも比率でいったら前者と後者の割合は同じぐらい、あるいはひょっとして後者の成功の割合のほうが多いのではないかという印象すら持ちます。なによりもまず、日本ではペアを変えてみるということをほとんどやっていないのですから、「繁殖のためにはペアは若いときから同居させたほうがよい。」という考え方は一種の「宗教的信念」のようなものであって、統計的な裏付けのない根拠薄弱な考え方だと思われます。

ともあれ、このウムカとアイナの間の繁殖を是非期待したいと思います。アンデルマの娘に対して野生出身のパートナーを付けるのは当然正解なわけです。

*(後記)その後、このエカテリンブルク動物園のホッキョクグマ(アイナ)の映像をアップした方がいらっしゃいますので以下で御紹介しておきます。



*(資料)
Комсомольская правда (Jan.12 2009)
Медведь Технические Системы Безопасности (Aug.31 2010)
Новости E1.RU. (Jan.11 2009)
(過去関連投稿)
「天王寺動物園・ゴーゴのお姉さんのアイナは魚が大好物!」
by polarbearmaniac | 2010-11-29 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

(*投稿準備中) ズーパラダ..
at 2017-05-25 23:35
(*投稿準備中)ポーラに迫り..
at 2017-05-25 23:20
(*投稿準備中)ラダゴル(カ..
at 2017-05-25 23:15
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin