街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 02月 22日 ( 3 )

デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんがメーリクお母さんと一緒に遂に屋外に登場!

a0151913_22125220.jpg
Photo(C)NORDJYSKE

昨年2016年の11月26日にデンマークのオールボー動物園でメーリクお母さんから誕生した二頭の赤ちゃんですが、遂に本日2月22日の現地時間の午前中に屋外に初めて登場しました。その様子を見てみましょう。二番目の映像は地元のTV局のニュース映像です。





(*追記)この親子が屋外登場するシーンをもっと長く報じた映像がその後に公開されましたので下にご紹介しておきます。



やはりメーリクお母さんはかなり神経質になっているようですね。生後88日目という、かなり早い屋外への登場です。飼育員さんが語るには、ここのところ数日というもの赤ちゃんたちは外に興味を示しており、もう屋外に出しても問題ないという判断で扉を開いてやったそうです。メーリクお母さんも大丈夫だと判断して赤ちゃんたちと一緒に屋外に登場したということのようです。最初の映像には来園者の声が入っていますが、この瞬間に立ち会えたことは幸運でした。オールボー動物園はモスクワ動物園と同じで、親子の屋外への登場を前もって告知せず、このように自然な形で行ってしまうわけです。日本やドイツではできないことです。

(資料)
TV2 Nord (Feb.22 2017 - Aalborg Zoos isbjørneunger titter frem)
NORDJYSKE (Feb.22 2017 - Isbjørneunger er lukket ud)
(*追記資料)
TV2 Nord (Feb.22 2017 - Video - Aalborg Zoos isbjørneunger titter frem)

(過去関連投稿)
デンマーク・オールボー動物園でホッキョクグマの赤ちゃん(複数)誕生! ~ メーリクが出産
デンマーク・オールボー動物園で誕生の赤ちゃんは三つ子であることが判明!
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、最初にして最大の関門を全頭で通過するか
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、一頭が最初の関門を突破できず死亡
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、元気に生後三週間が経過
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後40日目へ ~ ライブ映像配信と短時間映像の関係
デンマーク・オールボー動物園で誕生の二頭の赤ちゃんは生後六週間目に入り、取っ組み合いも始める
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後7週間が経過
デンマーク・オールボー動物園で産室内で育児中のメーリクに特別給餌が行われる
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後70日目となる
デンマーク・オールボー動物園の赤ちゃんが遂に姿を見せる ~ 屋外登場を母親の意思に任せた同園
by polarbearmaniac | 2017-02-22 21:30 | Polarbearology

アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが生後三か月を過ぎバックヤードに登場

a0151913_1014392.jpg
オーロラが産んだ双子の赤ちゃん
Photo(C)Columbus Zoo & Aquarium

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園 (Columbus Zoo & Aquarium)では昨年2016年の11月8日にアナーナが産んだ一頭の赤ちゃん、そして11月14日にオーロラが産んだ双子の赤ちゃんについては地元のファンだけではなく関心の高い人が多いようです。同園は今回、オーロラが産んだ双子の赤ちゃんの最新の写真を公開しました。親子はすでに産室を出てバックヤード(behind-the-scenes yard)の土と砂のある場所に登場しているそうです。勿論まだ一般公開にはなっていません。
a0151913_1015859.jpg
オーロラお母さんと双子の赤ちゃん
Photo(C)Columbus Zoo & Aquarium

こういった赤ちゃんたちの姿を見てアメリカ人の発する形容詞は "cute" と "adorable" に集約されています。

(資料)
abc6 (Fe.21 2017 - First baby photos of Columbus Zoo polar bear cubs)

(過去関連投稿)
(*オーロラの過去の出産関連)
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 双子姉妹のダブル出産実現!
アメリカ・コロンバス動物園でオーロラお母さんの産んだ双子の赤ちゃんが生後一週間を無事に通過
(*アナーナの出産関連)
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!

アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子(アナーナ親子 & オーロラ親子)の近況
アメリカ・コロンバス動物園で誕生の三頭の赤ちゃんたちの近況
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 三頭の赤ちゃんは全て両目が開く
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 元気に成育を続ける三頭の赤ちゃん
アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんたち、生後二ヶ月を過ぎてのの近況 ~ 歩き始める
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが間もなく生後三か月へ
by polarbearmaniac | 2017-02-22 10:00 | Polarbearology

ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの近況 ~ 生後4ヶ月程でもう他園に移動か?

a0151913_06313.jpg
コルィマーナお母さんと赤ちゃん (C)Якутский зоопарк

ロシア北東部・サハ共和国のヤクーツク動物園で12月7日頃に5歳のコルィマーナが赤ちゃんを出産した件については、その後に同園から産室内の映像が一つだけ公開された以外に詳しい情報はありませんでした。しかし昨日21日にヤクーツク動物園は最も新しい産室内の映像を公開しましたのでご紹介しておきます。赤ちゃんは大変に元気でコルィマーナお母さんを相手に遊んでいるといったような状態です。



一週間前にコルィマーナお母さんは初めて魚を給餌として与えられたそうです。この親子の屋外登場は3月上~中旬が予定されているとのことですが現時点ではコルィマーナお母さんはじっと産室内での育児に集中しているそうです。ロシアの動物園関係者はこの赤ちゃんの性別に注目しているそうで、赤ちゃんが雄(オス)ならばハバロフスク動物園へ、雌(メス)ならばサンクトペテルブルクのレニングラード動物園に移動することになるというのはほぼ既定の計画のようですが、非常に奇妙なことにこの赤ちゃんのハバロフスク、又はサンクトペテルブルクへの移動はもう今年の3月か4月に行われると報じられています。"...это случится в марте-апреле." の "это" は、その直前の "...его отправят в Хабаровский зоопарк, если девочка — в Санкт-Петербург. " を明らかに受けているはずですので、そういう解釈になるはずです。要するにこれは「強制離乳」ということですね。つまりかつて1980年代に円山動物園で初めて誕生したポロが三か月ほどでシロお母さんから引き離されて別展示になったのと同じやり方ということになるだけでなく、このヤクーツク動物園の赤ちゃんは生後4ヶ月ほどで早々と他園に移動させられてしまうということになるわけです。これは動物福祉(Anumal Welfare)上は極めて好ましいことではありません。絶対に止めるべきです。今頃こんなことを行う動物園などあり得ないはずです。

もう少し事態の推移を見守りたいと思います。非常に気になります。仮に赤ちゃんがサンクトペテルブルクに移動させられるというならばウスラーダに母親代わりをやらせようというのでしょうか? アンデルマならば他人(他クマ)の子供でも面倒を見ると思いますがウスラーダはその性格からいってそうしたことはやらないでしょう。正確に言えばこの赤ちゃんはウスラーダの孫にあたるわけですが、人間の世界でもあるまいし祖母だから孫を可愛がるだろうなどということはホッキョクグマの世界ではあり得ない話です。赤ちゃんがハバロフスクに移動させられるとすれば、週末にでも日本から会いに行くことは比較的簡単です。しかし私が観察したいのは親子の姿であって、赤ちゃんだけというのでは非常に悲しく感じるでしょう。

(資料)
ИА ЯСИА (Feb.15 2017 - Зоопарк «Орто Дойду»: Медведица Колымана пока не покидала берлогу) (Feb.21 2017 - Видео: Колымана играет со своим детенышем)
Якутский зоопарк (Feb.15 2017 - Первый завтрак Колыманы)

(過去関連投稿)
ロシア北東部・ヤクーツク動物園のコルィマーナ、出産成功が濃厚の模様 ~ 2月21日に正式発表となる予定
ロシア北東部・ヤクーツク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 5歳のコルィマーナが見事に出産
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が遂に公開
by polarbearmaniac | 2017-02-22 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin