街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 02月 24日 ( 2 )

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃんがジョヴァンナお母さんと共にお披露目となる

a0151913_20404569.jpg
ジョヴァンナお母さんと赤ちゃん 
Photo(C)Markus Hannich/BILD München
a0151913_22313258.jpg
Photo(C)dpa

昨年2016年の11月21日にミュンヘンのヘラブルン動物園でジョヴァンナお母さんから誕生した雌(メス)の赤ちゃんが生後95日が経過した本日2月24日(金曜日)にジョヴァンナお母さんと共に初めて屋外に登場してお披露目となりました。本投稿の一つ前の投稿で赤ちゃん登場の模様のライブ中継について触れていますが、その映像から抜粋したものがもう発表されていますので下にご紹介しておきます。これはなかなか良い映像だと思います。しかしライブ中継の映像を抜粋したとはいっても非常に長いです。約35分間もあるのですが、そのためにかえって記録的価値が非常に高いと思います。



この下の映像もなかなか素晴らしいと思います。



次はヘラブルン動物園の公式映像です。しかし....ひょっとして下のこの公式映像で映っている親子の姿は昨日の「屋外登場予行演習」の時の映像を転用しているのではないでしょうか....? 瞬間的に見える空の色が青いのですが、本日金曜日は登場から少しして雨が降ってきたわけですが。



この下はロイター通信の映像で実に素晴らしい映像です。



次は地元メディアの映像です。



私もこの親子登場のライブ映像を見ていましたが気が付いたことは、この赤ちゃんが実に丸々として栄養状態の良いことです。一頭だけで母親の母乳をもらっているということもあるのでしょうか、前回のネラとノビの時よりも今回の赤ちゃんのほうが体が大きく感じました。それからこの赤ちゃんはもう水に興味を持っているようですが、水辺へも腰が引けていないという点が堂々としていました。それと引き換えにジョヴァンナお母さんは神経質な行動が幾分目立ったように思いました。しきりに地面を掘り返そうとしていました。もう一つ簡単な映像がありますのでご紹介しておきます。



ライブ映像を一時間見ていましたが非常に疲れはしたものの、やはりおもしろかったです。ライブ映像にアクセスしていたのは親子の登場時点では350人ほど、それ以降は常時250人前後だったようで意外に少なかったと思います。今回のライブ中継は大々的に宣伝されていたわけではないため、知らなかった方が多かったようです。
a0151913_2256552.jpg
Photo(C)Marc Müller/Tierpark Hellabrunn

「大物」といった雰囲気の漂う赤ちゃんです。同じ雌(メス)とはいってもミルクやモモやリラが初めて母親と共にお披露目となった時の記憶と比較してみれば、今回のヘラブルン動物園の赤ちゃんは一番堂々としているように見えます。これで雪の上だったら最高なのですが....。

(資料)
Bild (Feb.24 2017 - Hier tappst das Eisbär-Baby ins Freie)
Abendzeitung (Feb.24 2017 - Kleiner Eisbär macht die ersten Schritte im Freien)
ANTENNE BAYERN (Feb.24 2017 - Tierpark Hellabrunn: Süßes Eisbären-Mädchen geht auf Erkundungstour)
Süddeutsche.de (Feb.24 2017 - Ein Eisbärbaby wagt sich nach draußen)
BAYERN 3 (Feb.24 2017 - Hellabrunner Eisbärenmädchen darf erstmals raus)

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ジョヴァンナが二度目の出産
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後三週間が過ぎる ~ 際立つ母親の安定感
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後一ヶ月を経過して両目が開く
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃんが生後40日を超える ~ 「表象」と「核心」
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃん、生後50日が経過 ~ 一般公開開始は2月24日と早々と告知
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後二ヶ月が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃんの活発さ ~ 管理を緩めぬジョヴァンナお母さん
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の雌(メス)の赤ちゃん、あと二週間ほどで屋外登場へ
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の雌(メス)の赤ちゃん、産室からの一歩を踏み出す
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、週末より母親と共に屋外登場の予定
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃんの本日2月24日の屋外初登場がドイツよりライブ中継の予定
by polarbearmaniac | 2017-02-24 22:30 | Polarbearology

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃんの本日2月24日の屋外初登場がドイツよりライブ中継の予定

a0151913_111853.jpg
(C)Tierpark Hellabrunn

ミュンヘンのヘラブルン動物園で昨年2016年の11月21日にジョヴァンナお母さんから誕生した雌(メス)の赤ちゃんが本日2月24日(金曜日)にジョヴァンナお母さんと共に初めて屋外に登場して一般へのお披露目となります(一応、屋外へのリハーサルはすでに昨日の23日に行っているそうです)。そのお披露目の模様がドイツからライブ映像で配信されることになりました。予定通りにいきますと本日24日金曜日の現地時間の10時45分頃(日本時間の18時45分頃)からの親子の登場予定のようですが、映像の配信はそれから5分早い現地時間の10時40分(日本時間の18時40分)頃からの開始となる模様です。下の画面でご覧いただくことができます。ただし親子の体調次第によっては時間がずれたり延期となったりする可能性があるかもしれません。彼らとて生身の動物ですからね。それから、ライブ映像をご覧いただく場合には下の画面をクリックしていただいて画面を更新していただく必要があります。 ブラウザは Chrome か Firefox がスムーズだと思います。スタートしない場合や映像が停止した場合はこの本投稿のページを再度読み込んで下さい。下の画面でうまく見られない場合は、とりあえず冒頭の写真をワンクリックしてみて下さい(ちょっと重いかもしれませんが)。

(*ライブ映像配信は終了しました。以下は中継映像の全てです。)

(*後記)
丸々とした赤ちゃんですね。親子共に少し動きが鈍い感じもします。
18:40 定刻通りライブ放送開始
19:03 親子登場
19:08 肉を食べ始める
19:10 水に接近
19:15 黄色いボールに興味を示す
19:16 親子は一度室内に戻る
19:24 親子再登場
19:29 ジョヴァンナお母さんがしきりに地面を掘り始める。(神経質そうな行動です。)
19:39 親子は再び室内へ
19:47 親子がまた登場
19:50 また水に接近
19:53 雨が降り始める
19:54 ジョヴァンナお母さんがまた地面を掘り始める
19:59 親子はまた室内へ戻る
20:02 ジョヴァンナお母さんは室内から外の雨の降り具合を確認
*一時間見ていましたが画面を見るのに疲れました。雨も強くなってきたようですので私も映像から離れることにします。


実はヘラブルン動物園は3年前にもネラとノビの双子がジョヴァンナお母さんと一緒に初登場した模様がやはりライブ中継されました。その時の映像は「ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の双子の赤ちゃんの初公開の模様がドイツからライブ中継」という投稿を参照していただければ映像をご覧いただくことが可能です。また、同じドイツのニュルンベルク動物園も2年前にシャルロッテのヴェラお母さんとの初登場の模様の映像をライブ中継しています。それについては「ドイツ・ニュルンベルク動物園の赤ちゃんのシャルロッテの戸外初登場の模様がネットでライブ中継!」、及び「ドイツ・ニュルンベルク動物園の雌の赤ちゃん、シャルロッテが遂に戸外に登場 ~ 神経質なヴェラお母さん」という投稿を御参照下さい。とにかくドイツという国はホッキョクグマの赤ちゃんへの関心は非常に高いのです。

それから、この赤ちゃんの命名のためのネット投票も始まっています。候補は以下です。全て Q- で始まる名前です。

Queenie、Quirina、Querida、Quilla、Qannik、Quintana、Quany

投票はこちらのページで可能です。3月17日まで投票可能だそうです。

(資料)
Tierpark Hellabrunn (Feb.23 2017 - Wie soll das Eisbären-Mädchen im Tierpark Hellabrunn heißen?)
SAT.1 BAYERN (Feb.23 2014 - Eisbär-Baby darf raus!)
17:30 Sat.1 Bayern (Feb.23 2017 - LIVE)
ProSiebenSat1 (Feb.23 2017 - Wie soll das Eisbären-Baby heißen?)

(過去関連投稿)
ドイツ・ミュンヘンのヘラブルン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ジョヴァンナが二度目の出産
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後三週間が過ぎる ~ 際立つ母親の安定感
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後一ヶ月を経過して両目が開く
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃんが生後40日を超える ~ 「表象」と「核心」
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃん、生後50日が経過 ~ 一般公開開始は2月24日と早々と告知
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、生後二ヶ月が経過
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の赤ちゃんの活発さ ~ 管理を緩めぬジョヴァンナお母さん
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の雌(メス)の赤ちゃん、あと二週間ほどで屋外登場へ
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園の雌(メス)の赤ちゃん、産室からの一歩を踏み出す
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園で誕生の赤ちゃん、週末より母親と共に屋外登場の予定
by polarbearmaniac | 2017-02-24 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin