街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 03月 19日 ( 2 )

デンマーク・オールボー動物園のメーリクお母さんと二頭の赤ちゃんの姿 ~ 注目すべき同園での性別判定

a0151913_20212456.jpg
Photo(C)Susanne Hansen

昨年2016年の11月26日にデンマークのオールボー動物園でメーリクお母さんから誕生した二頭の赤ちゃんは先月2月22日に屋外への登場を果たしたのですが、その後はライブカメラの映像(WEBCAM)によってその姿を追っていくことが可能です。昼間の姿 (Isbjørne kamera 1)、そして夜は屋内で眠っている姿 (Isbjørne kamera 2,3)と、その両方をライブ映像で見せる同園のセンスはなかなかのものです。

さて、そうはいってもやはり同園から公開される動画映像もどうしても必要で、日常のエピソードなども拾い上げて見せてほしいといつも思っています。そういったものの一つが同園から公開された下の映像です。



まだ非常に幼いこの二頭の赤ちゃんですが好奇心の働きはなかなかなもののようです。まだ性別チェックは行われていないようですが、その結果が出るのが楽しみです。といいますのも、このオールボー動物園は赤ちゃんの性別チェックの結果がここのところ連続して間違えており、前回このメーリクお母さんが産んだアウゴは長い間(その悲劇的な死の日まで)雄(オス)であると信じられてきたわけです。ところがアウゴの事故死の後に行われた検死でアウゴは雌(メス)だったことかわかったのです。私は2011年7月にこのアウゴに実際にオールボー動物園で会っているのですが(過去関連投稿参照)、アウゴが雄(オス)であることをいささかも疑わなかったというわけです。さらにそのアウゴの二年前にヴィクトリア(現 スコットランド・ハイランド野生公園)がこのオールボー動物園で産んだミラクも長い間(カナダに移動する時まで)、雄(オス)だと信じられていたものの実際は雌(メス)だったというわけでした。そもそもメーリクお母さんも以前は雄(オス)だと信じられていたそうで、そのためにロストック動物園から来園したヴィクトリアとペアを組んで繁殖を狙うということだったにもかかわらずメーリクは雌(メス)であることが判明したという話も欧州の方から聞いたことがあります。そういったわけで当時ドイツのニュルンベルク動物園で飼育sれていたフェリックスがオールボー動物園へ出張してヴィクトリアやメーリクとペアを組んで繁殖に成功させたということだったわけです。ヴィクトリアが2008年12月に産んだのがミラク、そしてメーリクが2010年11月産んだのがアウゴということだったわけです。そういった過去の歴史から、果たして今回オールボー動物園は今回の二頭の赤ちゃんの性別を今度こそは間違いなく判定するかというところに興味が集まるわけです。以下に過去の性別チェックの模様のうち二つの映像をご紹介しておきます。この二つはいずれも実際には性別を誤って判定しまったという実例の映像です。音声は必ず on にして下さい。赤ちゃんたちの恐怖の悲鳴は尋常のものではありません。

この下の映像は2011年3月にオールボー動物園で行われた問題のアウゴの性別チェックの様子ですが、こうやって複数の人間(獣医さんと主任飼育員さん)が判定したものが間違いだったわけです。雄(オス)という判定が誤りで実際はアウゴは雌(メス)だったのです。



この下は昨年2016年2月24日にオランダの「動物帝国」で行われた双子の赤ちゃんの性別チェックの様子です(冒頭から2分30秒あたりまで)が、こうやって獣医さんが判定したものも二頭ともに性別は誤りだったわけです。双子は共に雄(オス)と判定されたのに実際は二頭共に雌(メス)だったというわけです。



また昨年はロシアのノヴォシビルスク動物園でもロスチクの最初の性別チェックでは雌(メス)ということだったわけです。性別判定というのは実はそう簡単なことではないということです。

さて、ここでメーリクお母さんが2010年11月に産んだアウゴの映像、彼女が一般公開されてから間もない頃の雪の初体験、そして約一か月後のニュース映像をご紹介しておきます。


Augo the Polar bear cub, and her mother Malik, in Feb.2011


Augo the Polar bear cub and her cub in Mar. 2011

このオールボー動物園は訪問すると本当に質の高い素晴らしい動物園であることに感心するのですが、度重なる性別判定の間違い、アウゴの事故死、そして昨年暮れの来園したばかりのヴィルマの来園二週間後の急死と、いろいろなことのある動物園です。アウゴの死もヴィルマの死も、私はいまだに納得できないものを感じています。

(過去関連投稿)
デンマーク・オールボー動物園でホッキョクグマの赤ちゃん(複数)誕生! ~ メーリクが出産
デンマーク・オールボー動物園で誕生の赤ちゃんは三つ子であることが判明!
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、最初にして最大の関門を全頭で通過するか
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、一頭が最初の関門を突破できず死亡
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、元気に生後三週間が経過
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後40日目へ ~ ライブ映像配信と短時間映像の関係
デンマーク・オールボー動物園で誕生の二頭の赤ちゃんは生後六週間目に入り、取っ組み合いも始める
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後7週間が経過
デンマーク・オールボー動物園で産室内で育児中のメーリクに特別給餌が行われる
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後70日目となる
デンマーク・オールボー動物園の赤ちゃんが遂に姿を見せる ~ 屋外登場を母親の意思に任せた同園
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんがメーリクお母さんと一緒に遂に屋外に登場!
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんへの母親メーリクの厳しい監視の集中力

(*過去関連投稿  - 2011年オールボー動物園訪問記)
雨のオールボー動物園に到着、そして2組の親子と対面!
メーリクお母さん余裕のポリタンク遊び ~ 2組の親子同居の驚異!
アウゴ、その温和な性格が醸し出す満ち足りた時間
オールボー動物園2日目 ~ ホッキョクグマに魚のプレゼント
アウゴと来園者の子供たちとの交流
オールボー動物園3日目 ~ この動物園の質の高さは住民の品性の高さに見事に合致
アウゴ君は犬はお嫌い?
オールボー動物園のホッキョクグマ君たち、本当にありがとう! ~ 是非また近いうちにお会いしましょう!
by polarbearmaniac | 2017-03-19 20:30 | Polarbearology

チェコ・ブルノ動物園の「国際ホッキョクグマの日」 ~ コーラとノリアの母娘の近況

a0151913_23331815.jpg
コーラお母さんとノリア Photo(C)Zoo Brno/Máme rádi Zoo Brno

一昨年2015年11月24日にチェコ・ブルノ動物園でコーラお母さんから誕生した雌(メス)のノリアは、私はおそらく2015年の繁殖シーズンに世界の動物園で誕生した個体のなかで最も優れていると考えています。そしてそういったことに大いに寄与しているのが母親としてその絶頂時にあるコーラの母親として極めて優れた振る舞いにあると考えています。ウスラーダの娘、シモーナの妹といった、いわゆる天性の母親としての才が完全に開花したといって間違いないでしょう。そしてさらに言えることは、このコーラお母さんとノリアとの関係は非常に安定しているということです。

さて、去る2月27日の「国際ホッキョクグマの日」にはこのコーラとノリアの母娘に魚や果物の入った氷のケーキのプレゼントがあったそうです。以下でその映像を見てみましょう。ノリアはケーキを独り占めにしてコーラお母さんはなかなか渡しません。その姿は非常にユーモラスでもあります。



さて、この下は雪の積もった日の映像です。娘のノリアが走り、そして母親のコーラがそれを追っていきます。これはなかなかの運動です。



母親も娘もこうして一時を楽しんでいるように見えます。
a0151913_23441187.jpg
ノリア Photo(C)Zoo Brno/Máme rádi Zoo Brno

このノリアがコーラお母さんと共に過ごす日はまだまだ続きます。充実した母娘の姿はまだまだしばらくは見られそうです。実に素晴らしい親子だと思います。

(資料)
Aktuálně.cz (Feb.27 2017 - Medvědi z Brna zápasili o mražený dort. Roční medvědice předvedla atletické vystoupení)

(過去関連投稿)
チェコ・ブルノ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ コーラお母さんが待望の出産
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃん、最初の関門を突破 ~ 屋外で出産していたコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園から遂に待望の産室内ライブ映像の24時間配信が開始!
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像ハイライト ~ コーラお母さんの手堅い育児
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃん、元気に間もなく生後二カ月へ ~ ライブ映像のみに託した情報発信
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんの近況 ~ コーラお母さんに少量の給餌が再開
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんが生後80日を無事経過
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんが突然短時間、戸外に姿を現す ~ 想定外の早さに驚く同園
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃん、明日3月18日より一般へのお披露目が同園より告知
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃん一般公開開始の様子がネットでライブ生中継
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子の一般への公開が開始となる ~ 深夜でも動き回る親子
チェコ・ブルノ動物園のコーラお母さんの育児スタイルに変化 ~ 経験よりも頭数が重要な要素か?
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子の映像を解釈する ~ 育児方法の転換が不十分なコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明 ~ 名前の公募始まる
チェコ・ブルノ動物園のコーラお母さん、プールに転落した赤ちゃんを救出 ~ 落ち着いた対応
チェコ・ブルノ動物園の雌(メス)の赤ちゃんの名前が「ノリア(Noria)」に決まる
チェコ・ブルノ動物園、幾分どっしり構えるコーラお母さんと遊び好きで活動的な赤ちゃんのノリア
チェコ・ブルノ動物園、コーラお母さんの「水泳教室」 ~ 娘のノリアへの関与性を高める
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃんノリアが泳ぎ始める ~ 母親の役割を見事に発揮するコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園のノリアの水遊び ~ 雌(メス)のほうが雄(オス)よりも遊び好きが多いのは何故か?
チェコ・ブルノ動物園の飼育展示場に落下した帽子をノリアが引き裂いて「首飾り」にしてしまう
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子を的確に捉えた視点 ~ “Nature imitates Art.”
チェコ・ブルノ動物園のノリアが無事に生後半年が経過
チェコ・ブルノ動物園のノリアの近況 ~ コーラお母さんの余裕と熟練の育児
チェコ・ブルノ動物園のコーラお母さんと娘のノリアの充実した時間
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子の近況 ~ 「偉大なる母」の領域に入りつつあるコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園のノリアが母親コーラから会得した行動の規範
チェコ・ブルノ動物園、コーラとノリアの母娘を見つめる同園の一貫した視線
チェコ・ブルノ動物園のノリア、そして母親であるコーラとの間に流れる緊密で濃厚な時間
チェコ・ブルノ動物園のコーラ、その磨きのかかった母親としての存在感
チェコ・ブルノ動物園のコーラとノリアの母娘の近況
チェコ・ブルノ動物園の間もなく一歳になるノリアについて聞こえてこない将来の移動先の噂
チェコ・ブルノ動物園、母親として最絶頂期に差し掛かったコーラお母さんと娘ノリアの楽しい時間
チェコ・ブルノ動物園のノリアの満一歳が祝われる ~ ホッキョクグマ一家の合同お誕生会となる
チェコ・ブルノ動物園のコーラとノリアの母娘、その冬の日の姿 ~ 「偉大なる母」へと変貌したコーラ
チェコ・ブルノ動物園、コーラとノリアの冬の寒波の日
チェコ・ブルノ動物園の一歳のノリアに対して、まだ母親コーラの監視の目が光る
by polarbearmaniac | 2017-03-19 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin