街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 04月 19日 ( 2 )

アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継の予定

a0151913_14235646.jpg
アナーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)Columbus Zoo and Aquarium

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園で昨年2016年11月に誕生した三頭の赤ちゃん(二組の親子)については地元のファンが「早く公開してほしい」といった声が日増しに強くなり、最近では不満の声さえ聞こえている状況です。私の推測ですがコロンバス動物園はホッキョクグマの飼育展示場のプールが深いために赤ちゃんが十分な泳ぎができるようになってから公開したいという意向があるために、赤ちゃんの公開が遅れているのではないかと思うわけです。また、親子は二組ありますので今後どうやってこの二組の親子をうまく展示していくかについての名案がないから考えあぐねているという可能性もあるように思います。

しかしとうとうコロンバス動物園は昨年2016年11月8日にアナーナお母さんが産んだ一頭の赤ちゃんについて現地時間の本日午前9時から一般公開を開始することを発表しました。日本とオハイオ州コロンバスとの時差は13時間で、日本時間マイナス13時間が現地時間となりますから一般公開は日本時間の本日4月19日の22時からとなるはずです。そしてそのお披露目の模様を地元のメディアがyoutube を用いてライブ中継されることとなりましたので、その時間帯に以下のyoutube画面で見ることができますのでご紹介しておきます。これは楽しみですね。オーロラが2006年11月25日に産んだ双子の赤ちゃんのほうはまだ一般公開の日程は未定ではあるものの、決定次第告知するとコロンバス動物園は述べています。

(*後記)21時30分現在で、来園者はまだ入場していないものの、もうアナーナ親子の姿が見えています。この赤ちゃん、泳ぎがうまくなっています。22時直前に一度映像配信は停止しましたが22時ちょうどから再開です。いよいよ来園者が入場してくるはずです。あれれ、もう配信は終了ですか! 以下は録画です。(このメディアの映像は来園者の入場前の親子の姿を捉えたものです。カメラのハンドリングが素晴らしいと思います。)



facebook liveの映像を見ますと日本時間22時から園長さんの挨拶があり、オーロラの双子は雌(メス)と雄(オス)、そしてこのアナーナの赤ちゃんは雌(メス)だと語っていました。

日本時間今夜のお披露目の映像は別のメディアからもハイライト部分が出てくるとは思いますが、そういったものは明日にご紹介できたらと思っています。

(資料)
The Columbus Dispatch (Apr.18 2017 - Columbus Zoo to show off first of three polar bear cubs)
10TV (Apr.18 2017 - Polar bear cub to make public debut at Columbus Zoo Wednesday)
abc6 (Apr.18 2017 - Columbus Zoo polar bear cub to makes it debut on Wednesday)

(過去関連投稿)
(*オーロラの過去の出産関連)
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 双子姉妹のダブル出産実現!
アメリカ・コロンバス動物園でオーロラお母さんの産んだ双子の赤ちゃんが生後一週間を無事に通過
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが生後三か月を過ぎバックヤードに登場
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 水に親しむ
(*アナーナの出産関連)
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが間もなく生後三か月へ
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナお母さんと一頭の赤ちゃんの近況

アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子(アナーナ親子 & オーロラ親子)の近況
アメリカ・コロンバス動物園で誕生の三頭の赤ちゃんたちの近況
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 三頭の赤ちゃんは全て両目が開く
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 元気に成育を続ける三頭の赤ちゃん
アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんたち、生後二ヶ月を過ぎてのの近況 ~ 歩き始める
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の最新の映像が公開される
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の近況 ~ 情報を「出し惜しみ?」する同園
by polarbearmaniac | 2017-04-19 15:00 | Polarbearology

アメリカ・サンディエゴ、シーワールドのセーニャ(札幌のキャンディの妹)が急死

a0151913_11555163.jpg
セーニャ (Szenja the Polar Bear) Photo(C)AP/SeaWorld San Diego

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴのシーワールドから突然の発表です。同園に飼育されていた21歳の雌(メス)のホッキョクグマであるセーニャ (Szenja) が昨日4月18日に亡くなったとのことです。死因を特定するための最終的検死結果が出るまでには数週間が必要であるとも述べています。担当飼育員さんや獣医さんによりますとセーニャは先週やや食欲が落ちており、またやや動きが鈍かったために彼女の状態をモニターはしていたものの突然亡くなってしまうとは予想外だったと残念がっています。

このセーニャは1995年10月15日にドイツのヴッパータール動物園で生まれていますが札幌の円山動物園で飼育されているキャンディのすぐ下の妹にあたります。セーニャは1997年に、このサンディエゴのシーワールドの新施設の "Wild Arctic" がオープンしたときにヴッパータールからサンディエゴに移動してきたわけでした。彼女は2013年と2014年の繁殖シーズンにはピッツバーグ動物園に期間限定で移動して、そこの雄のホッキョクグマであるコーダ (Koda)とのペアリングが試みられたわけですが、その成功は有力視されたものの結果は出せなかったということがありました。このサンディエゴのシーワールドでセーニャと共に飼育されているスノウフレイクは現在繁殖目的でピッツバーグ動物園に出張中ですが、動物保護活動家の一部からはセーニャは仲良しのスノウフレイクがいなくなったことがセーニャの死の原因であるなどという根拠のない非難を行っています。そういったことは考えにくいでしょう。最近はホッキョクグマの訃報が非常に多いのですが、こういったホッキョクグマの死は不思議なことに連続して発生するというのが不思議です。それから、このセーニャの死によって札幌のキャンディの兄弟姉妹は全て亡くなってしまったことになります。以下に今年2月のサンディエゴのシーワールドでの「国際ホッキョクグマの日」のイベントの様子を再度ご紹介しておきます。写っている二頭はもちろんセーニャとスノウフレイクです。実に素晴らしい内容の紹介映像だと思います。音声は是非onにしていただきたく思います。



それから、次はセーニャの最近の姿です。



セーニャの死に謹んで哀悼の意を表します。

(資料)
NBC 7 San Diego (Apr.18 2017 - Szenja the Polar Bear, 21, Passes Away: SeaWorld)
fox5sandiego.com (Apr.18 2017 - Adored polar bear dies at SeaWorld)
The San Diego Union-Tribune (Apr.18 2017 - SeaWorld polar bear dies unexpectedly)

(過去関連投稿)
ビーグル犬のエルヴィス君の妊娠判定 (2) ~ サンディエゴ ・ シーワールドのセーニャは “妊娠”!
アメリカ・サンディエゴ、シーワールドのセーニャ、出産の有無の事実の発表ないまま元気に姿を現す
アメリカ・ペンシルベニア州、ピッツバーグ動物園のコーダの背負う責任 ~ 3頭の雌との間で繁殖を狙う
アメリカ・サンディエゴ、シーワールドのセーニャとスノウフレイクが出張先のピッツバーグ動物園から帰還
アメリカ・サンディエゴ、シーワールドの19歳の雌のスノウフレイクに人工授精が試みられる
アメリカ・サンディエゴ、シーワールドのスノウフレイクが繁殖目的で再びピッツバーグ動物園へ
札幌 ・ 円山動物園のキャンディへの期待と声援 ~ 彼女のドイツでの幼少期と今は亡き両親の姿
ロンドン動物園での飼育最後のホッキョクグマ、ピパラクの異国での悲運の死とキャンディの祖母モサの姿
by polarbearmaniac | 2017-04-19 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag