街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 04月 20日 ( 3 )

アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継へ

a0151913_124843.jpg
オーロラお母さんと雌(メス)と雄(オス)の双子の赤ちゃん 
Photo(C)Columbus Zoo and Aquarium

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園 (Columbus Zoo & Aquarium)では昨年2016年の11月14日にオーロラが産んだ双子の赤ちゃんについて昨日コロンバス動物園はその性別を雌(メス)と雄(オス)と発表しました。昨日にアナーナの産んだ一頭の赤ちゃんが一般公開されましたがオーロラの双子の赤ちゃんについては本日4月20日の現地時間の午前9時(日本時間の本日22時)から一般公開されることがコロンバス動物園によって発表されました。昨日同様、その双子の赤ちゃんのお披露目の様子がyoutubeによってライブ中継されます。日本時間では本日22時からとなりますが、多分この親子の姿はその時間前から見ることができると思います。その他、コロンバス動物園の facebook live でも中継があると思いますが昨日のことを考えればfacebook live の映像は良質ではないと予想できます。映像的に素晴らしいのは今回もyoutube の映像となるはずです。

(*追記)来園者入場前の21時15分頃から以下の三つが開始しています。双子の赤ちゃん、なかなか元気が良いです。昨日のアナーナの赤ちゃんよりも活動範囲が広いと思います。それから、この二頭の赤ちゃんはやはり性別が異なるということがわかるほど行動に違いがありますね。実に興味深いです。
(*追記2)三番目のコロンバス動物園の公式ライブは終了し、現在は録画です。
(*追記3)上の二つのライブ配信も終了してしまいました。来園者が入場してくるとうまく撮影できないという理由からなのでしょうかね。現在はどれも録画となっています。







(*追記4)NBC系列のライブ配信録画もご紹介しておきます。



(資料)
10TV - WBNS (Apr.19 2017 - Twin polar bear cubs to debut at Columbus Zoo Thursday)
ABC6 (Apr.19 2017 - Polar bear cub twins to make debut at Columbus Zoo on Thursday)
NBC4 (Apr.19 2017 - Polar bear twins will make first appearance Thursday)

(過去関連投稿)
(*オーロラの過去の出産関連)
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 双子姉妹のダブル出産実現!
アメリカ・コロンバス動物園でオーロラお母さんの産んだ双子の赤ちゃんが生後一週間を無事に通過
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが生後三か月を過ぎバックヤードに登場
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 水に親しむ
(*アナーナの出産関連)
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが間もなく生後三か月へ
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナお母さんと一頭の赤ちゃんの近況
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継の予定
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんがお披露目となる ~ 性別は雌(メス)と判明

アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子(アナーナ親子 & オーロラ親子)の近況
アメリカ・コロンバス動物園で誕生の三頭の赤ちゃんたちの近況
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 三頭の赤ちゃんは全て両目が開く
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 元気に成育を続ける三頭の赤ちゃん
アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんたち、生後二ヶ月を過ぎてのの近況 ~ 歩き始める
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の最新の映像が公開される
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の近況 ~ 情報を「出し惜しみ?」する同園
by polarbearmaniac | 2017-04-20 15:00 | Polarbearology

ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんのサンクトペテルブルクへの移動は年末に延期となる

a0151913_15113719.jpg
コルィマーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)Якутский зоопарк

ロシア北東部サハ共和国のヤクーツク動物園で昨年2016年の11月30日にコルィマーナお母さんから誕生した雌(メス)の赤ちゃんについて、今年の6~7月にこの赤ちゃんの権利を持つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園に移動させる予定であることが広く報じられており、それに対して地元ヤクーツクのファンの間で反対の声があがっていることはすでにご紹介していました。

本日のヤクーツクの地元の報道によりますと、ヤクーツク動物園はレニングラード動物園のスキーバ園長と電話で話し合い、赤ちゃんは今年の年末までヤクーツク動物園に留まってコルィマーナお母さんと一緒に過ごすということが決まったそうです。ヤクーツクの人々はこの赤ちゃんの成長していく姿を春、夏、秋とずっと見続けていくことができるようになったということと、コルィマーナとロモノーソフとの間の次の繁殖は来年2018年のシーズンの挑戦となることも明らかにされました。

本当によかったと思います。生後半年ほどで赤ちゃんを母親から引き離すということは極めて問題であることを以前から述べていますが、少なくともレニングラード動物園には一片の良心というものはまだあったということになるわけです。また、ある程度地元の人々の納得と了解を得ない形での移動の強行は感情的なしこりといったものを残すこととなりますのでやはり避けるべきだという配慮もあったのかもしれません。
a0151913_14394353.jpg
コルィマーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)ЯкутияМедиа

この赤ちゃんがレニングラード動物園に移動する時には、父親であるロモノーソフが2012年の暮れにレニングラード動物園からヤクーツク動物園に運ばれてきた移動用ケージによって運送されることになるとも報じられています。

(資料)
YakutiaMedia (Apr.20 2017 - Якутский медвежонок переедет жить к бабушке)

(過去関連投稿)
ロシア北東部・ヤクーツク動物園のコルィマーナ、出産成功が濃厚の模様 ~ 2月21日に正式発表となる予定
ロシア北東部・ヤクーツク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 5歳のコルィマーナが見事に出産
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が遂に公開
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの近況 ~ 生後4ヶ月程でもう他園に移動か?
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんが屋外に登場 ~ 早々と6~7月に移動の予定
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんが地元で大人気 ~ 来園者が大幅に増加
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園のコルィマーナ親子の追加報道映像 ~ 性別への憶測
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんは雌(メス)と判明 ~ サンクトペテルブルクへの移動時期
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんの早期移動に反対するヤクーツクの地元の人々
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園がホッキョクグマ繫殖に一年サイクルを採用 ~ 理解不能な方針の背景
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園がヤクーツク動物園の赤ちゃんの来園予定を告知
by polarbearmaniac | 2017-04-20 14:30 | Polarbearology

アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんがお披露目となる ~ 性別は雌(メス)と判明

a0151913_084533.jpg
アナーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)Columbus Zoo/WOSU

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園は昨年2016年11月8日にアナーナお母さんが産んだ一頭の赤ちゃんが昨日4月19日に遂に一般公開が開始されました。それに先立つ園長さんの挨拶のなかで、この赤ちゃんの性別は雌(メス)であると発表されました。昨日の一般公開は現地からライブ中継されました。まずコロンバス動物園の公式映像を見てみましょう。最初に登場しているのが園長さんです。



次に報道の映像をご紹介しておきます。最初はABCのニュースですが、このお披露目の日の雰囲気が感じられてなかなか良いニュースです。次は地元紙の制作した映像で、短いですがよくまとまっています。共に音声はonにして下さい。





以下にライブ中継の映像をご紹介しておきますが、最初の二つは現地のメディアが配信した映像で時間も長く撮影されており見応え十分ですしライブ映像として撮影したのもかかわらず実に素晴らしい映像だと思います。三番目と四番目の映像は別のメディアの映像で短いものですが、これも素晴らしいと思います。このアナーナお母さんは育児初体験なのですが、実に堂々としています。









以下はABC系列のメディアの映像です。



コロンバス動物園はこのアナーナの雌(メス)の赤ちゃんについて名前をネット投票で選んでほしいと呼びかけています。
a0151913_0192811.jpg
前もって四つの候補名が挙げられています。以下のようなものです。非常に個性的な名前ばかりですが、既知のものもあります。

・Amelia Gray (アメリア・グレー)
・Denali (デナリ)
・Elisapee (エリサピー)
・Vieta  (ヴィエタ)

雌(メス)の赤ちゃんに「デナリ」という名前はどうかと思いますね。なにしろ札幌にはまさに「偉大なるもの」としてデナリが存在しているからです。しかし考えてもみれば。「デナリ」というのはホッキョクグマの名前としては最高に近いものであり。今まで他のホッキョクグマにも付けられていなかったというのが不思議です。投票はこちらのページで可能です。5月2日まで投票可能だそうです。

(資料)
Columbus Zoo and Aquarium (Apr.19 2017 - I'm Here! Now for a name...)
NBC4i (Apr.19 2017 - Columbus polar bear cubs make first public appearance Wednesday)
WOSU (Apr.19 2017 - Columbus Zoo Wants You To Help Name Its Polar Bear Cub)
ABC6OnYourSide.com (Apr.19 2017 - VOTE: Name the Columbus Zoo's new baby polar bear)
The Columbus Dispatch (Apr.19 2017 - Columbus Zoo shows off first of three polar bear cubs)
CBS46 (Apr.19 2017 - Ohio zoo debuts adorable polar bear cub)

(過去関連投稿)
(*オーロラの過去の出産関連)
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 双子姉妹のダブル出産実現!
アメリカ・コロンバス動物園でオーロラお母さんの産んだ双子の赤ちゃんが生後一週間を無事に通過
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが生後三か月を過ぎバックヤードに登場
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 水に親しむ
(*アナーナの出産関連)
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが間もなく生後三か月へ
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナお母さんと一頭の赤ちゃんの近況
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継の予定

アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子(アナーナ親子 & オーロラ親子)の近況
アメリカ・コロンバス動物園で誕生の三頭の赤ちゃんたちの近況
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 三頭の赤ちゃんは全て両目が開く
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 元気に成育を続ける三頭の赤ちゃん
アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんたち、生後二ヶ月を過ぎてのの近況 ~ 歩き始める
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の最新の映像が公開される
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の近況 ~ 情報を「出し惜しみ?」する同園
by polarbearmaniac | 2017-04-20 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-17 23:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30
フィンランド・ラヌア動物園で..
at 2017-08-12 22:30
カナダ・ウィニペグ、アシニボ..
at 2017-08-11 23:30
ロシア・カザン市動物園のマレ..
at 2017-08-10 21:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin