街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 05月 04日 ( 1 )

アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんが間もなく生後半年へ ~ 稀有な同一園での二組の親子の存在

a0151913_13544976.jpg
アナーナ親子 Photo(C)Columbus Zoo and Aquarium
a0151913_1421211.jpg
オーロラ親子 Photo(C)Columbus Zoo and Aquarium

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園でアナーナが昨年2016年の11月8日に産んだ一頭の雌(メス)の赤ちゃんとオーロラが昨年2016年の11月14日に産んだ雄(オス)と雌(メス)の双子の赤ちゃんですが、早いもので間もなく生後半年が近づいています。そういった現在の段階でコロンバス動物園は三頭の赤ちゃんたちのこの半年の姿をうまくまとめた映像を公開していますのでご紹介しておきます。音声はonにして下さい。映像の中には前回オーロラお母さんから誕生して人工哺育となったノーラ(現 オレゴン動物園)の姿も映っています。



いつもながら、このコロンバス動物園の映像制作は素晴らしいと思います。さて、ここで現地の方が撮影された映像も見ておきましょう。最初はアナーナの雌(メス)の赤ちゃんです。



次はオーロラと雄(オス)と雌(メス)の双子の赤ちゃんです。



一つの動物園で二組の親子がいるというのは素晴らしいことですが、観察する立場になってみればかなりのスタミナが必要です。2010年にモスクワ動物園に行きました時にはシモーナと双子の赤ちゃん、そしてムルマと一頭の赤ちゃんという二組の親子を同時に見ることができたというのは素晴らしい体験でした。札幌の円山動物園でもララとキャンディという二組の親子を同時に見ることのできる寸前までの状況だったのですが、キャンディのほうが育児ができなかったわけです。このような二組の親子が存在しうるためには優秀な雄(オス)の存在が不可欠なのです。あくまでも仮定の話ですが、仮に札幌でデナリ、ララ、ルルという三頭の飼育が実現していれば同時に二組の親子を見ることができた可能性は大いにあったと思っています。「双子姉妹の神話」は実証されたでしょう。

(過去関連投稿)
(*オーロラの過去の出産関連)
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 双子姉妹のダブル出産実現!
アメリカ・コロンバス動物園でオーロラお母さんの産んだ双子の赤ちゃんが生後一週間を無事に通過
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが生後三か月を過ぎバックヤードに登場
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 水に親しむ
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの双子の赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継へ
アメリカ・コロンバス動物園のオーロラの雌(メス)と雄(オス)双子の赤ちゃんが一般へのお披露目となる

(*アナーナの出産関連)
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが間もなく生後三か月へ
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナお母さんと一頭の赤ちゃんの近況
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんが一般公開へ ~ お披露目の様子がライブ中継の予定
アメリカ・コロンバス動物園のアナーナの赤ちゃんがお披露目となる ~ 性別は雌(メス)と判明

アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子(アナーナ親子 & オーロラ親子)の近況
アメリカ・コロンバス動物園で誕生の三頭の赤ちゃんたちの近況
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 三頭の赤ちゃんは全て両目が開く
アメリカ・コロンバス動物園の産室内の二組の親子の近況 ~ 元気に成育を続ける三頭の赤ちゃん
アメリカ・コロンバス動物園の三頭の赤ちゃんたち、生後二ヶ月を過ぎてのの近況 ~ 歩き始める
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の最新の映像が公開される
アメリカ・コロンバス動物園の二組の親子の近況 ~ 情報を「出し惜しみ?」する同園
by polarbearmaniac | 2017-05-04 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin