街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 07月 30日 ( 3 )

メーリクお母さん、母親としての優れた管理能力を発揮

a0151913_9282287.jpg
現在16歳のこのメーリク (Malik) は今回が二度目の育児となる。前回の故アウゴに対する母親としての接し方を私は2011年に三日間かけて見ているが、それと比較すれば今回は二頭に対する育児とあって精神的には楽であることを考慮しても今回の方が前回よりもかなり母親としての能力の高さを発揮しているように見える。
a0151913_9284213.jpg
このメーリクお母さんは母親としてのタイプが私独自の分類では「理性型」であることを、今回は明確な形で見せてくれている。彼女は子供たち二頭と過ごす飼育展示場を歩き回っているが、常に何かの異常が発生しないようにと視野を広げて全体を管理している姿が明白である。そしてそういった中で自分が子供たちの遊びの中に加わるべきタイミングをうまく選択しているのである。ウスラーダのような母親としての威厳や権威といったものはないものの、このメーリクお母さんはウスラーダに近い形での管理能力の優秀さを発揮しているのである。


午後の時間のメーリクお母さんと二頭の子供たち - Malik the Polar Bear with her cubs Nuka and Qilaq, in the afternoon, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.29 2017

a0151913_9285945.jpg
実にたいしたものだと感心した。ロシアのホッキョクグマの母親たちと比較すればかなり線の細さはあるものの、かなりの育児の力量を感じさせる。たいしたものだと感心した。
a0151913_949463.jpg
ホッキョクグマの母親がいかにそれぞれが別のタイプであり、そして別の育児方法を採用するかといったことを痛いほどわからせてくれるのである。ホッキョクグマの母親は一頭一頭、別のタイプの母親なのだ。

Nikon D5500
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
Panasonic HC-W870M
(Jul.29 2017@デンマーク、オールボー動物園)
by polarbearmaniac | 2017-07-30 05:45 | 異国旅日記

どちらがヌカ (Nuka) でどちらがキラク (Qilaq) なのか?

a0151913_8485386.jpg
Polar Bear cub A
これがAちゃんである。彼女は見栄っ張りで格好を付けたがり屋である。しかし行動は意外におとなしい。

Aちゃん - Polar Bear cub A of Aalborg Zoo - Is this Nuka or Qilaq ?

a0151913_8491064.jpg
このAちゃんは札幌のララが産んだ雌(メス)の双子で言えば、幾分かはマルルに似たところもあるという気もしないではない。


a0151913_8595317.jpg
Polar Bear cub B
これがBちゃんである。彼女には集中力があって情熱的に物事に取り組む。行動範囲は広くガラス越しに来園者に接近しようとしたりもする。


Polar Bear cub B of Aalbotg Zoo - Is this Nuka or Qilaq ?

a0151913_942719.jpg
このBちゃんは札幌のララが産んだ雌(メス)の双子で言えばポロロに似たところがある。

さて......このどちらがヌカ (Nuka) でどちらがキラク (Qilaq) なのだろうか?

Nikon D5500
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
Panasonic HC-W870M
(Jul.29 2017@デンマーク、オールボー動物園)
by polarbearmaniac | 2017-07-30 05:30 | 異国旅日記

オールボー動物園訪問二日目 ~ ホッキョクグマ親子にたっぷりとある時間

a0151913_5403314.jpg
メーリクお母さん、ヌカちゃん、キラクちゃん、おはようございます! 今日もよろしくお願いいたします。
a0151913_5433658.jpg
ラルスさん、おはようございます! 今日もよろしくお願いいたします。ラルスさん、実は昨日私がアップしたあなたの動画についてドイツのホッキョクグマファンの何人かの方々が私とオールボー動物園の両方に対して怒り心頭の状態のようです。でもまあ、あなたの姿の単なる記録ということですので、そういった記録は記録としてご紹介させてもらっただけの話です。私はあなたともじっくりと向かい合っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
a0151913_5495614.jpg
オールボー動物園訪問の二日目である。今日は朝から天気が良くない。


オールボー動物園メインゲートよりホッキョクグマ飼育展示場まで - From the entrance to the Polar Bear Exhibit, Aalborg Zoo, Denmark on Jul.29 2017

a0151913_5581521.jpg
なにしろ遊びが毎日の日課であるヌカとキラクである。そしてだいたいその遊びも決まっているようである。
a0151913_614612.jpg
そうした子供たちの遊びをしっかり管理しているのがこのメーリクお母さんである。
a0151913_65775.jpg
さて、前もって述べておきたいのだが今日も飼育員さんは全く姿を見せず、この二頭の姉妹のどちらがヌカでどちらがキラクであるかを尋ねるチャンスがなかった。いたしかたないので昨日の投稿のように「見栄っ張り」ちゃんを「Aちゃん」「情熱家」ちゃんを「Bちゃん」と呼んでおくことにしたい。メーリクお母さんはこのBちゃんの行動にはやや注意しているようである。何故ならBちゃんは行動範囲が広いからである。
a0151913_613792.jpg
一方でAちゃんいついてはメーリクお母さんは比較的安心しているようである。
a0151913_6155070.jpg
なにしろこのAちゃんは飼育展示場の一番いい場所でいつもこうして格好を付けて座っているのである。なにしろスター気取りなのである。
a0151913_6205083.jpg
一方でこのBちゃんは来園者の方に接近してくることが多い。やはり行動的なようである。
a0151913_6293324.jpg
a0151913_6321874.jpg
とにかくこのAちゃんはこうしてお立ち台の上のように目立つところに行きたがるのである。自分を一番良く見せたいということなのだ。だから来園者はつい、Aちゃんの写真ばかり撮ってしまうのである。
a0151913_6414974.jpg
「あなた、少し格好つけ過ぎよ!」とBちゃんがAちゃんに抗議。
a0151913_643232.jpg
a0151913_6432087.jpg
「おやおや、また始まった」という表情のメーリクお母さん。
a0151913_6441076.jpg
メーリクお母さんはこういったAちゃんとBちゃんの行動は全てお見通しなのである。母親は全てを把握しているのだ。


姉妹の遊び - Two female polar bear cubs, Nuka and Qilaq of Aalborg Zoo, Denmark, interact with each other for the pleasure, on Jul.29 2017.

やがて午前中の授乳タイムとなった。


午前中の授乳タイム - Malik the Polar Bear nursed her eight-month-old cubs, Nuka and Qilaq, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.29 2017.

a0151913_652491.jpg
ラルスは今日は比較的歩き回っていた。
a0151913_6532891.jpg
彼が何を考えているのかについて私には知るすべはないが.....。


ラルスと犬の遭遇 - Lars the Polar Bear walks around at the exhibit and comes across a dog, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.29 2017.

a0151913_6591371.jpg
ラルスは何を想う?
a0151913_72013.jpg
ヌカとキラクの遊びは延々と続く。やがてメーリクお母さんもそれに加わるのである。


親子の遊び - Two female polar bear cubs, Nuka and Qilaq, enjoy playing in the water, joined by their mother Malik, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.29 2017

a0151913_7101925.jpg
やがて午後の授乳タイムとなる。


午後の授乳タイム - Two polar bear cubs, Nuka and Qilaq, get nursed by their mother Malik, in the afternoon at Aalborg Zoo, on Jul.9 2017

a0151913_7135729.jpg
時間がたっぷりある親子なのである。
a0151913_7162352.jpg
いつの間にか晴れてきたオールボー動物園である。

Nikon D5500
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
Panasonic HC-W870M
(Jul.29 2017@デンマーク、オールボー動物園)
by polarbearmaniac | 2017-07-30 05:00 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag