街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 08月 08日 ( 3 )

モスクワ、キタイ・ゴーラド (Китай-город) からルビャンカ (Лубянка) までを歩く

a0151913_23125937.jpg
赤の広場のある中心部よりヴァルヴァルカ通りを歩ききると、そこはキタイ・ゴーラド (Китай-город)という地区になる。文字通りに言えば「中国人街」であるが中国人とは直接の関係はない。この教会はクリシキの全聖者教会 (Храм Всех Святых На Кулишках) である。
a0151913_23131381.jpg
1687年に建てられたそうである。
a0151913_23132679.jpg
この教会の前から北西にかけてがスターラヤ広場となっている。
a0151913_23133861.jpg
その広場に沿って通りを登って行く。
a0151913_23134963.jpg
a0151913_2314269.jpg
やがて見えてきたのがヨハネ福音教会 (Храм Святого Апостола Иоанна Богослова Под Вязом)。
a0151913_23141618.jpg
その教会の隣がロシア地理学協会となっている。
a0151913_2314449.jpg
そしてルビャンスカヤ広場に至る。昔はジェルジンスキー広場と呼ばれていた。
a0151913_23143174.jpg
この広場に立っている建物こそ旧KGB本部である。
a0151913_23145676.jpg
ソ連時代、とりわけスターリン時代はここでの容疑者の取り調べは過酷を極めたのである。この建物は恐怖政治の象徴として恐れられていた。
a0151913_2315977.jpg
この建物にはかつてKGB議長であったユーリ・アンドロポフ (1914~1984) の記念プレートがある。アンドロポフはブレジネフの次のソ連共産党書記長となった。
a0151913_23152136.jpg
この旧KGB本部の建物の近くにマヤコフスキー博物館 (Государственный музей В. В. Маяковского) がある。
a0151913_23153632.jpg
このマヤコフスキー博物館は以前2012年3月にご紹介しているので今回は繰り返さない。
a0151913_23155096.jpg
入り口の手前の書店はなかなか雰囲気がある。
a0151913_2316772.jpg
現在このマヤコフスキー博物館は休館中である。ソ連時代は革命詩人と呼ばれていたマヤコフスキーだが時代は大きく変わってしまった。ここが再び開館する日は果たして来るのだろうか>
a0151913_2316233.jpg
旧KGB本部の横に地下鉄ルビャンカ駅がある。
a0151913_23163664.jpg
この昔ながらの「ルビャンカ駅」の表示はなにか不気味さを感じさせる。ソ連時代を思い出させてくれる表示である。
a0151913_23164941.jpg
Nikon D5500
シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
(Aug.7 2017 @モスクワ)

(資料)
ロシアNOW (Feb.10 2014 - ルビャンカ)
by polarbearmaniac | 2017-08-08 04:00 | 異国旅日記

モスクワ、ヴァルヴァルカ通り (Улица Варва́рка) を歩く

a0151913_434379.jpg
モスクワ中心部の赤の広場に近いところにあるヴァルヴァルカ通り (Улица Варва́рка/ul. Varvarka) は私の大のお気に入りの通りである。モスクワに滞在する時は一回はこの通りを散歩するのが私の楽しみになっている。ここはモスクワで最も古い道の一つであり、古くて小さな教会が並ぶ素朴な通りである。
a0151913_4372415.jpg
ここは3~4年前から環境の整備が行われつつある。
a0151913_4404624.jpg
a0151913_4503357.jpg
クレムリン側から歩くとます最初は殉教者バルバラ教会 (Храм Великомученицы Варвары) である。1804年に完成した教会のようだ。
a0151913_454930.jpg
さらに歩く。
a0151913_4571332.jpg
これは英国館 (Old English Court/Старый Английский двор) である。
a0151913_561470.jpg
その周囲は整備中のようだ。
a0151913_5115553.jpg
次はマクシム教会 (Церковь Максима Блаженного) である。
a0151913_5231465.jpg
ズナメンスキー修道院 (Колокольня Знаменского монастыря) である。
a0151913_6303016.jpg
a0151913_633149.jpg
a0151913_6352391.jpg
a0151913_637192.jpg
ゲオルグ教会は美しい。
a0151913_6423717.jpg
a0151913_6513016.jpg
a0151913_6514955.jpg
Nikon D5500
シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
(Aug.7 2017 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2017-08-08 03:30 | 異国旅日記

モスクワ、赤の広場とクレムリン周辺を歩く

a0151913_7312744.jpg
モスクワの象徴である赤の広場に立つ聖ヴァシーリー寺院(ポクロフスキー聖堂)。
a0151913_7315297.jpg
とにかく疲れてしまった。モスクワでは今まで行ったことのない場所に行こうと思ったが疲労が蓄積してしまったので、今日は定番の場所をふらふらと歩くことだけにしたい。この赤の広場あたりは今まで何度やってきたかさえ覚えていないほどの回数で訪れている。
a0151913_7321261.jpg
赤の広場は今月は戦勝記念その他のイベントの準備のために立ち入りを制限しているところが多い。
a0151913_732328.jpg
a0151913_7325443.jpg
スパスカヤ塔。
a0151913_7331585.jpg
a0151913_7353419.jpg
カザンの聖母聖堂。
a0151913_735982.jpg
グム百貨店
a0151913_735572.jpg
そこに入るにもセキュリティチェックが導入されたようだ。
a0151913_7335517.jpg
a0151913_7342124.jpg
モスクワ川とクレムリンをのぞむ風景は素晴らしい。
a0151913_73444100.jpg
Nikon D5500
シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
(Aug.7 2017 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2017-08-08 03:00 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin