街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 08月 16日 ( 1 )

チェコ・プラハ動物園のホッキョクグマたちの夏の日 ~ トム、ベルタ、ボラの近況

a0151913_3113898.jpg
トムとベルタ Photo(C)Zoo Praha
a0151913_326419.jpg
ボラ Photo(C)iDNES.cz

チェコのプラハ動物園には3頭のホッキョクグマが飼育されています。ウィーンのシェーンブルン動物園生まれの30歳の雌のボラ (Bora)、そして彼女の娘である13歳のベルタ (Berta/Framina)、そしてそのベルタのパートナーでありブルノ動物園生まれの9歳の雄のトム (Tom) という三頭です。昨年にこの三頭が同居していることの意義について「チェコ・プラハ動物園のホッキョクグマたちの夏 ~ ペアに母親を加えた繁殖行動期の三頭同居の成功例」という投稿で述べたことがありました。以下は今年の4月の映像ですがやはりこの三頭は同居の状態が続いているようです。



さて、この現在13歳の雌(メス)のベルタ(上の映像の最初の部分で左右に歩いているのがベルタでしょう)ですが、彼女はこのプラハ動物園で生まれたものの幼年期にはその性別チェックがなかったようで行動から雄(オス)であると推察されていたそうです。そしてアルベルト (Albert)という雄(オス)の名前が付いたそうですが、彼女が本当は雌(メス)であると判明した際にベルタ (Berta) という雌(メス)の名前に改名されたという経緯があったことを地元のメディアが報じています。雄(オス)だと思っていたら実際は雌(メス)だったというケースはホッキョクグマの性別取り違えにはよくあるケースです。不思議とその逆、つまり雌(メス)だと思っていたら雄(オス)だったというケースは非常に稀です。ノヴォシビルスク動物園のロスチクはまさにこの稀なケースであり、最初は雌(メス)と発表されたものの後日になって雄(オス)と訂正になったわけでした。

さて、先週このプラハ動物園のホッキョクグマたちの様子を地元のメディアが約20分間にわたってライブ中継が行われました。その映像を見てみましょう。おもちゃ遊びをしているのが雄(オス)のビルだそうです。以下の写真をワンクリックして下さい。
a0151913_338391.jpg
Image : TN CZ

(資料)
TN CZ (Aug.11 2017 - Lední medvědi dováděli v bazénu! Před naší kamerou byli jako doma)

(過去関連投稿)
チェコ・プラハ動物園とロシア・クラスノヤルスク動物園のホッキョクグマのお誕生会
チェコ・プラハ動物園の愉快なホッキョクグマたちの姿 ~ 1942年に人工哺育成功の輝かしい歴史
チェコ・プラハ動物園での1942年のホッキョクグマ人工哺育記録集が出版となる ~ ドイツ軍占領下での快挙
チェコ ・ プラハ動物園の動物たちが洪水の被害から無事に避難 ~ 園内復旧にボランティアを募集
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(9) ~ 同居を許容しうる雌雄の頭数構成
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(10) ~ 出産に備えた雌の「隔離」とは? 
チェコ・プラハ動物園のホッキョクグマたちの夏 ~ ペアに母親を加えた繁殖行動期の三頭同居の成功例
チェコ・プラハ動物園の80年の歴史のあるホッキョクグマ飼育展示場に新設計画
by polarbearmaniac | 2017-08-16 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag