街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 08月 22日 ( 1 )

ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園のコルィマーナとハールチャーナの親子関係考察の難しさ

a0151913_3185555.jpg
コルィマーナお母さんとハールチャーナ 
Photo:АНО «Общество сохранения и изучения дикой природы»

ロシア北東部サハ共和国のヤクーツク動物園で昨年2016年の11月30日にコルィマーナ (Колымана) お母さんから誕生した雌(メス)のハールチャーナ (Хаарчаана) については写真や映像を含め極めて乏しい情報しかありません。屋外に登場した際にはいくつもの動画が公表されたわけですが、その後のハールチャーナの動向についてはヤクーツク動物園が時々この親子の様子を文章で語っていますので元気でいることは間違いありません。しかしこの親子がいったいどんな親子関係を形成しているかについては全くといっていほどわかりません。映像がないことが致命的であると言えます。ホッキョクグマの親子関係を考察するには映像(動画)の存在がほぼ不可欠なのです。ましてやハールチャーナの成長を追っていくことなどは至難の技と言えるでしょう。
a0151913_3203096.jpg
Photo:Якутский зоопарк

ただし非常に限られた材料から想像力を最大限に発揮してみると、おぼろげながら一つの親子像といったものが浮かんでこないというわけではありません。まずこのハールチャーナが母親であるコルィマーナと屋外に登場してからそう日の経過してない時点での映像でまだご紹介していなかったものを一つ挙げておきます。最近はスマホで撮ったこういった縦長の映像がよくあるのですが全く感心できません。



この上の映像で見る限り母親であるコルィマーナが娘であるハールチャーナに対しての「働きかけ」を行って娘の反応を引き出したいと行動しているようにも見えます。だとすればコルィマーナはモスクワのシモーナや札幌のララに似たタイプの母親ではないかという推測が成り立たないわけではありません。少なくともコルィマーナは男鹿水族館のクルミとは全く正反対の母親ではないかと考えてみたくなります。そういったことをうかがわせるのが今回ご紹介している複数の写真です。これらの写真はロシアのサイトに掲載されているものでヤクーツク動物園を訪問された欧州の方が撮影したものかもしれませんが、その方が公開している写真には含まれていないというのも不思議なことです。
a0151913_3191070.jpg
Photo:АНО «Общество сохранения и изучения дикой природы»

ヤクーツク動物園はこのハールチャーナの生後八か月に際して、この親子の行動について写真や映像無しに解説文を掲載していますが、それによりますとハールチャーナは母親の行動をじっくり見ていてそれを真似することが多いそうです。母親であるコルィマーナは娘であるハールチャーナの行動について監視を怠らず、そしてハールチャーナが水にはいる際には自分も一緒に入るなど、非常に配慮のある行動を行っていて母親としての役割を十分に果たしているといった内容のことを述べています。そういったヤクーツク動物園による記述は上の私の親子関係の推測とは矛盾しないと考えられます。あくまでも仮定としての話ですがコルィマーナは非常に関与型の母親であり、そしてタイプとしては「理性型」ではなく「情愛型」ではないかと想像することは可能だと思います。

先日の私のロシア旅行ではこのヤクーツク動物園に行こうかと散々プランを練ったのですが距離的な負担を考えて断念してしまいました。ヤクーツク動物園に行くのでしたらロシア極東だけの旅行のほうが負担は少ないわけです。そうなると、成田 - ハバロフスク - ヤクーツク - ノヴォシビルスク - 北京 - 東京.....こういった回り方になります。 今回の旅行で途中でデンマークに行くよりはヤクーツクに行った方がよかったかなとも思うのですが、そうなりますとビザの有効期限に食い込んできてもっと早く帰国せねばならなくなっていたでしょう。滞在有効期限が切れないように途中で一度欧州に出たわけです。早くロシア旅行の三ヶ月以内の滞在ビザ免除を行ってほしいものです。

(資料)
Якутский зоопарк "Орто Дойду" (May.30 2017 - Белых медведей снова можно увидеть в открывшемся после ремонта вольере) (Jul.5 2017 - Как Хаарчаана появилась на свет) (Jul.30 2017 - Хаарчаане 8 месяцев)
YakutiaMedia (Aug.4 2017 - Белому медвежонку Хаарчаане, обитательнице зоопарка в Якутии, исполнится 9 месяцев)
Ykt.ru (Jul.31 2017 - В «Орто Дойду» рассказали, как Хаарчаана появилась на свет) (Aug.4 2017 - В Ленинградском зоопарке готовятся к приезду медведицы Хаарчааны)
АНО «Общество сохранения и изучения дикой природы» (Водные процедуры белых медведей)

(過去関連投稿)
ロシア北東部・ヤクーツク動物園のコルィマーナ、出産成功が濃厚の模様 ~ 2月21日に正式発表となる予定
ロシア北東部・ヤクーツク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 5歳のコルィマーナが見事に出産
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が遂に公開
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんの近況 ~ 生後4ヶ月程でもう他園に移動か?
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんが屋外に登場 ~ 早々と6~7月に移動の予定
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園で誕生の赤ちゃんが地元で大人気 ~ 来園者が大幅に増加
ロシア北東部・サハ共和国、ヤクーツク動物園のコルィマーナ親子の追加報道映像 ~ 性別への憶測
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんは雌(メス)と判明 ~ サンクトペテルブルクへの移動時期
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんの早期移動に反対するヤクーツクの地元の人々
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園がホッキョクグマ繫殖に一年サイクルを採用 ~ 理解不能な方針の背景
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園がヤクーツク動物園の赤ちゃんの来園予定を告知
ロシア・サハ共和国、ヤクーツク動物園の赤ちゃんのサンクトペテルブルクへの移動は年末に延期となる
ロシア・ヤクーツク動物園の雌(メス)赤ちゃんの名前が "ハールチャーナ (Хаарчаана)" に決まる
ロシア・ヤクーツク動物園のハールチャーナの将来 ~ ロシア・ホッキョクグマ界の期待の星
by polarbearmaniac | 2017-08-22 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag