街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 09月 08日 ( 1 )

ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のホッキョクグマ飼育展示場に監視カメラが設置 ~ 脅威に備える同園

a0151913_0172998.jpg
ナヌクとジフィルカ Photo(C)Inshe.tv

つい先日、「ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のナヌクとジフィルカの近況 ~ 何者かによる動物の毒殺で脅迫される同園」という投稿でウクライナのムィコラーイウ動物園に対する一種の「脅迫」がマフィア化した利権組織によって行われている強い可能性についてご紹介しています。この「脅迫」は同園の動物たちに危害を加えるといった形を取って顕在化しているわけで、そういった外部からの不当な圧力に立ち向かっているトプチィイ園長の奮闘に声援を送りつつも、やはり動物たちの安全に対しての危惧の念を持ち続けています。このたび同園内に14台の監視カメラが追加で設置されたそうで、そのうちの一台が9月5日にホッキョクグマの飼育展示場にも設置されたそうです。その映像をトプチィイ園長が公開していますので見てみましょう。映っているのは雄(オス)のナヌクだそうです。



これは実は産室内のカメラではないでしょうか。飼育展示所のカメラの映像とは別のものであり、おそらくモニターカメラを発注した際に同時に出産が期待されている雌(メス)のジフィルカの産室内の様子を監視するためのカメラも同時に導入されたということでしょう。

ウクライナの動物園は予算が不足していて苦境に立たされています。そういった状態で園内に何台もの監視カメラを設置せねばならないような状況に陥っているムィコラーイウ動物園には同情したくなります。ウクライナの動物園に暮らすホッキョクグマたちについて今まで何度も投稿してきた過程でいろいろな報道記事を読む過程でウクライナという国の社会に潜んでいる深い闇を考えざるを得ません。ウクライナという国の将来については二つの考え方が同国内で対立してきたわけです。一つは東部に多い考え方でロシアの勢力圏に留まってロシアとの関係を深めようという考え方であり、もう一つは西の欧州連合との関係を深めて将来のEU加盟を目指すという西部を中心とした地域で支持されている考え方です。ウクライナという国の政治としては一応は後者の考え方に舵を切っているわけですが東部の不満は大きいわけです。西部地域の民族主義者に対して密かに資金援助を行って「市民革命」を作り出して無理やりウクライナをロシアの影響から切り離そうとした一種の謀略工作を行っているのはアメリカやカナダのウクライナからの亡命人を中心したグループであるということです。それは実に醜いやり方で行われたわけです。

ウクライナの社会隅々にまで蔓延っている腐敗のなかで動物園すらそういった腐敗に満ちた場所になってしまっているというのは不幸な話です。ウクライナという国に必要なのは「民主化」ではなく強権をもったロシア寄りの姿勢を持つ独裁者でしょう。そういった独裁者でなければウクライナ国内の腐敗を撲滅することはできないでしょう。ウクライナの動物園のホッキョクグマの飼育だけに関するならば、ロシアとEUを中心とした欧州のどちらに組したほうがよいかといえば、やはりロシアを選択するのが正しいように思います。

ロシアやウクライナなどのスラヴ圏のホッキョクグマたちを調べていきますと否応なしにその国の政治や社会の状況に向き合っていかねばなりません。非常に勉強させてもらっていると思っています。

(資料)
Мой Город - Новости Николаева (Sep.7 2017 - В Николаевском зоопарке медведь Нанук «проверил» камеру в родильной камере Зефирки)
Inshe.tv (Sep.6 2017 - В Николаевском зоопарке белый медведь проверил качество антивандальной видеокамеры наблюдения)

(過去関連投稿)
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとナヌクの初顔合わせは、やや不調に終わる
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとナヌクとの近況 ~ 旧ソ連地域のホッキョクグマ界
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のナヌクとジフィルカに誕生日とクリスマスのお祝いが行われる
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園、ナヌクとジフィルカの「国際ホッキョクグマの日」
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとナヌクの背負わされた不幸 ~ "It should have been..."
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のナヌクとジフィルカへチェコのファンからおもちゃのプレゼント
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとナヌクの誕生会が開催 ~ 国境をまたいだファンの交流
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のナヌクとジフィルカの近況 ~ 何者かによる動物の毒殺で脅迫される同園
by polarbearmaniac | 2017-09-08 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00
ドイツ・ゲルゼンキルヘン動物..
at 2017-12-14 02:05

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag