街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 09月 14日 ( 1 )

ロシア・カザン市動物園がバルナウル動物園にホッキョクグマ飼育新規参入への協力を申し出る

a0151913_321354.jpg
マレイシュカ (Белая медведица Малышка/Eisbärin Malyshka)
(2015年8月14日撮影 於 ロシア、カザン市動物園)

今回の投稿の内容はかなりのマニア向けの内容です。非常に小さなニュースなのですが、その背景には大きな意味が潜んでいるという感じがします。
a0151913_3513320.jpg
以前、ロシア西シベリアのバルナウル動物園 (Барнаульский зоопарк) がホッキョクグマの新規飼育を希望して個体の入手についてモスクワ動物園に交渉を持ち込んだというニュースをご紹介しています(「ロシア・西シベリア、バルナウル動物園が狙うホッキョクグマ飼育展示への新規参入 ~ 可能なのか?」)。それに対してモスクワ動物園はバルナウル動物園の依頼を断ったというニュースもご紹介しています(「モスクワ動物園、ホッキョクグマ繁殖に三年サイクルを導入か? ~ バルナウル動物園の個体入手希望に不承諾」)。つまりこのことは、いかにロシアの動物園においてホッキョクグマ飼育飼育への新規参入が難しいことであるかを示しているわけです。新規参入のためには巨額の資金を投入して飼育環境の良好な近代的なホッキョクグマの飼育展示場を建設せねばならなくなっているのがロシアにおける状況なのです。さて、ところがバルナウル動物園はどうしてもホッキョクグマの飼育を行いたいという希望を捨て去ってはいなかったようです。
a0151913_3335531.jpg
マレイシュカ (Белая медведица Малышка/Eisbärin Malyshka)
(2015年8月14日撮影 於 ロシア、カザン市動物園)

ここからが報道記事の内容です。先日、ロシアのタタールスタン共和国からの代表団がバルナウル市を公式訪問したそうですが、その代表団のメンバーにカザン市動物園の園長さんが入っており、その方はバルナウル動物園を見学して同園の園長さんに対して、現在ロシアが国として取り組んでいるホッキョクグマの保護とその研究に対してバルナウル動物園の参加を誘い、さらにバルナウル動物園におけるホッキョクグマ飼育のための園内の施設改良についての助言を行うスタッフの派遣を含む協力を申し出てきたそうで、バルナウル動物園の園長さんはその申し出を受諾したようです。カザン市動物園は現在、新しい動物園の建設工事中であり、ホッキョクグマ飼育展示場も飼育環境の優れたものが完成することになるわけですが、そういった飼育展示場の設計や改良のノウハウをバルナウル動物園に提供したいという考えのようです。バルナウル動物園の園長さんは一年以内にホッキョクグマの飼育展示場建設の計画を完成させるという意向だそうです。

さて、報道記事の内容の背後からいくつかの予想を組み立てることが可能です。まず、バルナウル動物園(この動物園は公営ではなく個人所有のようです)がホッキョクグマの飼育展示場を完成したときにどこからホッキョクグマを入手するかです。第一の可能性としては協力を申し出てきたカザン市動物園からでしょう。となれば、現在ブラジルのサンパウロで飼育されていて間もなくカザンに帰還するはずのピリグリムとオーロラとの間で繁殖に成功した個体ではないかと考えられます。マレイシュカということは全く有り得ない話でしょう。第二の可能性としてはノヴォシビルスク動物園からでしょう。カイ(クラーシン)とゲルダとの間での繁殖に成功した第三子に白羽の矢が立つ可能性があります。これは有望である感じがします。現在ノヴォシビルスク動物園で別飼育となっているロスチクは、いくらなんでも今後一年以上もそのままノヴォシビルスク動物園に留まり続けるということは考えにくいわけで、そうなると彼がバルナウル動物園に移動することも可能性はほとんどないでしょう。このロスチクは「アンデルマ/ウスラーダ系(カザン血統)」に属していますが、欧州の繁殖計画(EEP)を構成する個体群への参加ができないためにノヴォシビルスク動物園での待機状態が継続していることはまず間違いない話であり、そうなると彼の弟か妹(つま両親の第三子)は尚更欧州に行くことは困難よなってロシア国内に留まることになるはずです。となれば、ノヴォシビルスクから非常に距離の近いバルナウルに移動する可能性は非常に大きくなるわけです。

非常に興味の湧いてくる状況になってきました。

(資料)
vesti22 (Sep.13 2017 - В Барнаульском зоопарке может поселиться белый медведь)
Амител (Sep.10 2017 - Работники барнаульского зоопарка собираются в арктическую экспедицию)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリア、バルナウル動物園が狙うホッキョクグマ飼育展示への新規参入 ~ 可能なのか?
モスクワ動物園、ホッキョクグマ繁殖に三年サイクルを導入か? ~ バルナウル動物園の個体入手希望に不承諾
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のロスチクの移動時期が迫る ~ バルナウル動物園への移動は否定
by polarbearmaniac | 2017-09-14 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag