街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 09月 19日 ( 1 )

デンマーク・オールボー動物園のラルス逝く ~ 亡き息子クヌートの許に永遠に旅立つ

a0151913_3494224.jpg
ラルス (Eisbär Lars/Белый медведь Ларс)
(2017年7月29日撮影 於 デンマーク・オールボー動物園)

衝撃的なニュースが飛び込んできました。デンマーク・オールボー動物園で飼育されている23歳の雄(オス)のホッキョクグマであるラルスが昨日9月18日に安楽死が執行され、亡くなりました。このラルスは言うまでもなくあの故クヌートの父であり、先日私がオールボー動物園で会ってきた雌(メス)の双子であるヌカとキラクの父親でもあります。あとはドイツのヴッパータール動物園のアノーリ、ハンガリーのソスト動物園のフィーテの父親でもあります。
a0151913_3521062.jpg
ラルス (Eisbär Lars/Белый медведь Ларс)
(2017年7月29日撮影 於 デンマーク・オールボー動物園)

ラルスは先日歯科治療措置が行われたばかりですが、その際に採取された血液サンプルの検査で肝臓に関する数値に異常があることがわかり、昨日の月曜日に再度の検査として超音波診断と細胞サンプル採取が行われましたが、その結果として肝臓に大きな腫瘍が発見され(下の写真をワンクリックしていただくと検査の模様を見ることができます)、ただちに安楽死が執行されたそうです。
a0151913_4215193.jpg
(C)Aalborg zoo

デンマークの動物園というのは安楽死の決断が非常に早く、数年前にアウゴが濠に転落して大きな骨折をした際にも、瞬時に安楽死を執行したわけです。我々日本とは文化が異なることを否応なく理解させてくれる出来事でしたが、今回のラルスについてもやはり同じです。


ラルスと犬の遭遇 - Lars the Polar Bear walks around at the exhibit and comes across a dog, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.29 2017.


思索するラルス - Lars the polar bear, thinking about something, at Aalborg Zoo, Denmark, on Jul.30 2017

私は7月下旬にオールボー動物園でラルスに会っていますが、その時には彼は実年齢以上に年取って見えた感じがしました。健康状態も万全ではないようにも見えました。その時には敢えて書かなかったのですが、飼育員さんと獣医さんらしき人が二人でラルスを見ながら小声で長く立話しをしていたのを覚えています。そばにいた私には聞こえないように話しているようにも感じました。私は双子姉妹のうちどちらがヌカでどちらがキラクなのかを飼育員さんに質問しようとしばらくその場でお二人の話の終わるのを待っていたのですが私が写真を撮っている時間にいつのまにかお二人は姿を消してしまいました。それやこれやいろいろな話があるのですが、要するに欧米のホッキョクグマファンの方々の中に、このラルスをめぐって大きな確執が生じていたことがわかったわけです。これ以上は述べないでおきます。ただしかし、このオールボー動物園では昨年秋にロストック動物園から移動してきたばかりのヴィルマがたった二週間で急死するなど、私には納得のいかない出来事があったわけですが、それと今回のラルスの死を結びつけることは強引だと思います。
a0151913_3544434.jpg
a0151913_3592783.jpg
ラルス (Eisbär Lars /Белый медведь Ларс)
(2017年7月29日撮影 於 デンマーク・オールボー動物園)

ベルリン動物園でこのラルスとパートナーを組んだトスカはサーカス出身で数奇な運命をたどったホッキョクグマでした。クヌートの悲劇的な死に先立って飼育員さんのトーマス・デルフラインさんも亡くなり、そしてトスカも亡くなり今はラルスも亡くなったわけです。ホッキョクグマをめぐる壮大なドラマはこうして全て過去の記憶になったということです。この三頭に実際に会うことのできた私にとっては、ひときわ深い感慨を覚えざるを得ません。

謹んでラルスの死に哀悼の意を捧げます。


(*追記)以下の写真をワンクリックしていただくとラルスがロストック動物園からオールボー動物園に移動する旅の様子を見ることができます。実に興味深い映像ですのでご覧いただきたく思います。

a0151913_3232237.jpg
Image:TV2 Nord

(資料)
TV2/NORD (Sep.18 2017 - Undersøgelser viste kræft: Isbjørnen Lars i Aalborg Zoo aflivet)

(過去関連投稿)
・ドイツ・ロストック動物園のラルスがデンマーク・オールボー動物園に無事到着 ~ メーリクとの繁殖への期待
・デンマーク・オールボー動物園で雌のメーリクと雄のラルスの同居が試みられる ~ TV番組に見る舞台裏
・ドイツ・ロストック動物園のヴィルマがデンマーク・オールボー動物園に到着 ~ ラルスとの再会
・デンマーク・オールボー動物園のヴィルマが急死! ~ 移動後二週間での不可解な死
・デンマーク・オールボー動物園のラルスの歯科治療措置が行われる ~ 併行して健康診断も実施

(2017年7月 オールボー動物園訪問記)
・6年振りのオールボー動物園訪問 ~ 伸び伸びと暮らすホッキョクグマ親子
・ラルス、その実年齢以上に老けて見える「仕事師」の素顔
・ヌカ (Nuka)とキラク (Qilaq)、生後八か月のその美しき姉妹の行動の違い ~ 「見栄っ張り」と「情熱家」
・オールボー動物園訪問二日目 ~ ホッキョクグマ親子にたっぷりとある時間
・どちらがヌカ (Nuka) でどちらがキラク (Qilaq) なのか?
・メーリクお母さん、母親としての優れた管理能力を発揮
・オールボー動物園訪問三日目 ~ 疲れ気味の日曜日にもヌカとキラクの姉妹の濃厚な時間は流れる
・ヌカちゃん、キラクちゃん、メーリクお母さん、ラルスさん、お元気で!
by polarbearmaniac | 2017-09-19 01:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag