街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2017年 10月 08日 ( 2 )

エストニア・タリン動物園のノラがウィーンのシェーンブルン動物園へ ~ ロシアではなく欧州を向いた同園

a0151913_2148883.jpg
ノラ (Eisbärin Nora/Белая медведица Нора)
Photo(C)Õhtuleht

エストニアのタリン動物園の園長さんが地元メディアに語ったところによりますと、同園で飼育されている2013年11月にフリーダお母さんから誕生した雌(メス)のノラ(Nora)がタリン動物園から移動することとなり、その移動先としてはウィーンのシェーンブルン動物園となる模様です。100%の決定とは言えないようですが多分そうなる確率は非常に高いでしょう。そうなるであろう理由があるからです。それは以下のようなことです。

タリン動物園はフリーダの産んだ第一子であるノラが貴重な雌(メス)であるためにノラを手放さずになんとかタリン動物園に留め置きたいと考えていた時期があったわけですが、自園で誕生した雌(メス)の個体をそこに留め置こうとすれば西欧のEAZAのEEPには実質的に参加せず旧ソ連圏のEARAZAの方向に向くしか方法がないわけです。タリン動物園はEAZA基準のホッキョクグマの新しい飼育展示場も完成し、ホッキョクグマの繁殖については完全に西側、つまりEAZAの方向を向く方針が明らかとなっていたわけですから私はノラはやはりどこかへ移動するだろうとは思っていました。ウィーンのシェーンブルン動物園には雌(メス)のリンと雄(オス)のランツォというどちらも5歳の個体が飼育されていますが、この二頭はいずれも「ロストック系」であり、互いにいとこ同士ですので私はEAZAのコーディーネーターはいずれは別の個体を導入してリンとランツォのペアを解消するだろうと思っていましたが、やはりそのようになりそうです。

地元タリンのファンの方々には悲しいニュースかのしれませんがタリン動物園がホッキョクグマの繁殖に関してロシアではなく欧州の陣営に入っていく態度を明らかにしているわけですからノラの他園への移動はやはりやむを得ないことなのです。さて、そうなるとウィーンではノラとランツォという組み合わせでの繁殖が試みられることになりますので雌(メス)のリンがはみ出してしまいます。リンがどの動物園に移動するかはまた問題でしょう。

(資料)
Õhtuleht (Oct.4 2017 - Loomaaia direktor: kaks jääkaru kohanevad uues aedikus, aga karu Nora läheb Viini)

(過去関連投稿)
エストニア・タリン動物園の気骨のホッキョクグマ、フランツの非業の死 ~ 待ち望まれる新施設
エストニア・タリン動物園、ホッキョクグマ舎改築は予算獲得が難問
エストニア・タリン動物園、懸案の新ホッキョクグマ展示場建設に向け募金活動を開始
エストニア・タリン動物園の「ホッキョクグマの日」のイベント ~ 新施設建設計画が動き出すタリン動物園
バルト海沿岸・エストニアのタリン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんの生後36日目の映像が公開
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、間もなく生後二か月へ ~ 3月には戸外登場の予定
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、順調に間もなく生後2ヶ月へ
エストニアのタリン動物園でモニターカメラによる産室内ライブ映像が配信開始となる
エストニア・タリン動物園のヴァイダ逝く ~ 自分の娘が母となったことを見届けたかのような死
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、順調に生後73日目となる
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、産室内での遊びの映像が公開
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、産室内でボール遊びに挑戦
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃん、フリーダお母さんと共に遂に戸外に登場!
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんとフリーダお母さんの戸外初登場の追加映像
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんの性別への予想 ~ 95% の確率で雌だと考えている同園
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんの性別が 「雌(メス)」 と判明し、「ノラ」 と命名される
エストニア・タリン動物園の雌の赤ちゃんノラの近況 ~ 貴重な雌のノラを手放さない予定のタリン動物園
エストニア・タリン動物園の雌の赤ちゃんノラの近況と 「ホッキョクグマに新しい家を」 の募金プロジェクト
エストニア・タリン動物園の雌の赤ちゃんのノラとフリーダお母さんとの関係 ~ 珍しい授乳体勢
エストニア・タリン動物園の雌の赤ちゃんのノラの近況 ~ 貧弱な飼育環境に負けない逞しさ
エストニア・タリン動物園の雌のノラが間もなく一歳へ ~ ホッキョクグマ飼育継続への同園の強い意志
エストニア・タリン動物園のフリーダお母さんと娘のノラのハロウィーン
エストニア・タリン動物園でノラの一歳の誕生会が開催される ~ 参加する繁殖計画はEAZAかEARAZAか
エストニア・タリン動物園の一歳半の雌のノラの近況 ~ ネット上のホッキョクグマ映像の「強者」と「弱者」
エストニア・タリン動物園の間もなく二歳となるノラの近況 ~ 資金不足に苦悩するタリン動物園
エストニア・タリン動物園のノラがフリーダお母さんと別れて単独飼育へ ~ 同園に残留の見通し
エストニア・タリン動物園、ホッキョクグマたちの「国際ホッキョクグマの日」~ 苦悩が続く同園
エストニア・タリン動物園のノルトの軌跡 ~ 偉大なる雄への階段を登る
エストニア・タリン動物園のノラのハロウィーン ~ ノラを愛するタリンの人々の願い
by polarbearmaniac | 2017-10-08 22:00 | Polarbearology

ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドへの活魚のプレゼント ~ エンリッチメントとしての位置付け

a0151913_2355359.jpg
ウド (Белый медведь Уд / Eisbär Ud)
Photo(C)Северский Природный Парк/Северский зоопарк

ロシア・西シベリアにある閉鎖都市であるセヴェルスクの動物園に一頭で暮らす25歳の雄(オス)のホッキョクグマであるウドについては今までも何回も投稿してきました。「幻のホッキョクグマ」といった存在ではあるもののロシアの動物園に暮らすホッキョクグマたちに対して大きな資金援助を行い続けているロスネフチ社はこのウドに対しても救いの手を差し伸べていることはご紹介してきました。同社の援助に感謝するロシア各地の動物園当局はホッキョクグマたちの姿を以前とは比較にならないくらいSNSなどを通じてネット上で紹介するようになったのは素晴らしいことだと思います。
a0151913_23391197.jpg
ウド (Белый медведь Уд / Eisbär Ud)
Photo(C)Северский Природный Парк/Северский зоопарк

やや季節外れの話題になってしまいましたがセヴェルスク動物園はこのウドに対して活魚(コイ)のプレゼントを月に二回のペースで夏期に行ったそうです。それぞれにおいて6キロの活魚が与えられたとのことです。その様子を映像で公開していますのでご紹介しておきましょう。



同園ではこうしたウドへの活魚のプレゼントをエンリッチメントの一つとして非常に重視していると同時に来園者に対してもホッキョクグマへの興味を持ってもらうイベントとして行っていると述べています。本当に厳しい飼育環境だと思いますがウドには元気でいてほしいと思います。

(資料)
Северский Природный Парк/Северский зоопарк (Aug.24 2017 - Секреты питания) (Sep.28 2017 - Особенности содержания)

(過去関連投稿)
ロシア・セヴェルスク動物園で空腹に悩むホッキョクグマ ~ 地方小都市動物園の窮状
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドに差し入れによるご馳走のプレゼント
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園で暮らすウドの避暑 ~ 新動物園計画への子供たちの夢
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のホッキョクグマ、ウドに地元企業から救いの手
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のホッキョクグマ、ウドに市民からおもちゃのプレゼント
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園で初めて開催される 「ホッキョクグマの日」 の催し物
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園の「プール開き」 ~ ひっそりと暮らすカイとロッシーの叔父のウド
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園で暮らすウドの近況 ~ 光の当たらぬロシア地方都市の小動物園
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園に訪れた春 ~ プール開きの日のウド
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドの元気な姿と同園の飼育環境改良への努力への声援
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドの近況 ~ 冬の寒波到来で豊富な種類の給餌
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のホッキョクグマ、ウドは健在 ~ 同園開園50周年のイベントが開催
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドのニンジンとレタスを給餌の最初に食べる風変わりな嗜好
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドのおもちゃ調達に苦労する同園 ~ 市民に提供を呼びかけ
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドの夏の日 ~ 充実したロスネフチ社の支援プログラム
by polarbearmaniac | 2017-10-08 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag