街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

<   2010年 07月 ( 67 )   > この月の画像一覧

3頭のモスクワの赤ちゃん、お元気で!

a0151913_4244433.jpg

a0151913_4244486.jpg

多分モスクワで君達に会うのは今回の滞在中ではこれが最後だと思うけど、君達がさほど遠くない日に世界のどこかに旅立っていっても、必ずまたそこでお会いしましょう! それまで、お元気で!

(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-31 04:24 | 異国旅日記

ムルマさん、シモーナさん、本当にありがとう!

a0151913_4235889.jpg
ムルマさん、今回も本当にご苦労様です。一人っ子ちゃん、本当に順調にすくすくと育っていますね。これからもどうかよろしくお願いします!


a0151913_4235972.jpg
シモーナさん、あなたの息子の旭川のイワンはひょっとして今度お父さんになるかもしれませんよ。どうかモスクワからイワンをそっと見守ってやって下さい。それから、あなたの弟の静岡のロッシーはケガから回復しましたので御安心下さい。そうそう、4月にあなたのお母さんのウスラーダ、3日前にはお祖母ちゃんのアンデルマに会ってきました。どちらも大変元気でしたよ! これからもまたよろしくお願いします!

(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-31 04:23 | 異国旅日記

モスクワツインズの性格の違い

a0151913_23472272.jpg

a0151913_23472243.jpg

a0151913_23472255.jpg

a0151913_23472283.jpg

やはりお母さんべったりの子とそうでない子にはっきり分かれるのは、ツインズの場合に一般的な傾向なのでしょう。

(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 23:47 | 異国旅日記

シモーナお母さんとモスクワツインズ

a0151913_23284011.jpg

a0151913_2328408.jpg

a0151913_23284088.jpg


(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 23:28 | 異国旅日記

凛々しい顔立ちの一人っ子ちゃん

a0151913_22141087.jpg

a0151913_2214106.jpg

a0151913_22141039.jpg

(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 19:22 | 異国旅日記

ムルマお母さんと一人っ子ちゃん

a0151913_18473993.jpg

a0151913_18473989.jpg

a0151913_18473982.jpg

今日もまたモスクワ動物園に来ました。今日はほんの少し涼しく感じますが、やはり32℃あります。平日はやはり人が少ないですね。

(Jul.30 2010 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 18:47 | 異国旅日記

ペルミ動物園・ホッキョクグマ舎での写真撮影

a0151913_2131196.jpg
(2010年7月27日 ペルミ動物園での左のユーコン、右のアンデルマを携帯電話カメラで撮影)

2日前の7月27日にペルミ動物園で、天王寺動物園のゴーゴの両親のアンデルマとユーコンの写真を一眼レフで約400枚撮りましたが、これが実に大変でした。

まず、外側は網となっていますが、これだけならなんとかクリア可能ですが、さらに内側1メートルのところに格子があります。このために全身をそれらの写り込み無しに撮ることが実に困難でした。ましてや、2頭を障害無しで一緒に撮ることが出来ませんでした。必然的に、多くの写真がアンデルマの顔のアップとなりました。まあしかし彼女は美熊でしたから実に幸いでしたが。

以前から申し上げていますが、このブログは動物写真のブログではありませんが、アンデルマは我々にとって別格以上のホッキョクグマですので、帰国後に例外的に何枚か彼女の一眼レフでの写真をアップしようとも思っています。
(於 モスクワ)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 02:13 | 異国旅日記

ノヴォデヴィッチ修道院墓地での写真撮影

a0151913_1321520.jpg
ここには多くの著名人が眠っています。ここもなんと28年ぶりです。ここ何年か断続的に、文学者、音楽家などの芸術家を中心に著名人の墓を求めて世界中を訪ね歩き、一眼レフでしっかりと記録しておくということもやっていますが、今回もこの一環の撮影です。

a0151913_1321594.jpg
作曲家のショスタコーヴィチ

a0151913_1321583.jpg
作曲家のスクリャービン

a0151913_1321588.jpg
映画監督のエイゼンシュタイン

a0151913_1321547.jpg
ソ連のフルシチョフ元首相

a0151913_1321548.jpg
エリツィン元ロシア大統領

a0151913_1321544.jpg
文学者のブルガーコフ

a0151913_1321575.jpg
作曲家のプロコフィエフ

などなど、その他多数。


元来墓地というのは「涼しい」のが普通ですが、今の季節は例外のようです。この広いノヴォデヴィッチ修道院墓地を一日かけて200枚ほど撮りましたが、暑さでへとへとになりました。
(Jul.29 2010 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2010-07-30 01:32 | 異国旅日記

28年振りのモスクワ・ノヴォデヴィッチ修道院訪問

a0151913_21554851.jpg

a0151913_21554857.jpg
チャイコフスキーは、ここを散策しながら「白鳥の湖」の構想を練ったそうです。

a0151913_21554844.jpg

a0151913_21554859.jpg
この修道院、現在ユネスコの世界遺産になっています。
(Jul.29 2010 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2010-07-29 21:55 | 異国旅日記

モスクワ河とクレムリン三景

a0151913_456573.jpg

a0151913_456543.jpg

a0151913_456539.jpg

真夏のモスクワは、車の排気ガスの影響などで大気の状態が悪く視界がすっきりとしません。写真を撮るのには向かない季節です。
(Jul.28 2010 @モスクワ)
※モスクワ動物園には今回の滞在中にまた行くことになっています。ホッキョクグマの様子は、またご報告します。
by polarbearmaniac | 2010-07-29 04:56 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15
アンデルマとユムカ(ミルカ)..
at 2017-07-17 03:45
ペルミ動物園訪問二日目 ~ ..
at 2017-07-17 03:30
アンデルマ、雲上の存在となっ..
at 2017-07-16 03:30

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin