街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

<   2010年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧

大晦日のモンマルトル雑景(1)

a0151913_22143115.jpg

a0151913_22143187.jpg

a0151913_22143179.jpg

a0151913_22143155.jpg

a0151913_22143278.jpg

a0151913_22143258.jpg

a0151913_22143272.jpg

a0151913_22143279.jpg

(Dec.31 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-31 22:14 | 異国旅日記

夜のサンルイ島・情景

a0151913_98056.jpg

a0151913_98053.jpg

a0151913_9805.jpg

a0151913_98093.jpg

a0151913_98087.jpg

a0151913_98020.jpg

a0151913_98047.jpg

a0151913_98026.jpg

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-31 02:58 | 異国旅日記

夜のノートルダムを一巡り

a0151913_6142100.jpg

a0151913_614230.jpg

a0151913_614294.jpg

a0151913_614213.jpg

a0151913_614282.jpg

a0151913_61428.jpg

a0151913_614291.jpg

a0151913_614284.jpg

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-31 02:26 | 異国旅日記

夕暮れのノートルダム三景

a0151913_1355451.jpg

a0151913_1355480.jpg

a0151913_1355419.jpg

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-31 01:35 | 異国旅日記

セーヌ河岸をサンミシェルへ

a0151913_0464627.jpg
コンシェルジュリーとセーヌ河。
a0151913_0464626.jpg

a0151913_0464636.jpg
ノートルダムが見えてきた。
a0151913_0464647.jpg
ここはカルチェラタンの入口、サンミシェルだ。
a0151913_046464.jpg
カフェで一休み。
(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-31 00:46 | 異国旅日記

ポンヌフとドフィーヌ広場

a0151913_2328779.jpg

a0151913_2328824.jpg
ポンヌフはセーヌに架かる橋で最も古い橋である。

a0151913_2328857.jpg

a0151913_2328891.jpg

a0151913_2328892.jpg
そのすぐそばにあるこのドフィーヌ広場の一角に、かつて私は一時期住んでいた。ウン十年前のことである。
a0151913_2328813.jpg
やはりまた来てみると当時が思い出されて懐かしい。

実はこのドフィーヌ広場の一角には歌手のイヴ・モンタンと女優のシモーヌ・シニョレも住んでいたそうなのだが、当時の私はそんなことは知る由もなかった。気がつかないうちにこの二人と広場の前ですれ違っていたのかもしれない。

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-30 23:28 | 異国旅日記

セーヌ河岸の古本屋さん

a0151913_2284967.jpg

a0151913_2284926.jpg

a0151913_2284972.jpg

a0151913_22849100.jpg

a0151913_2284963.jpg

この季節は名物の古本屋さんも寒空の下で手持ち無沙汰の様子。しかし、かつてに比べれば随分店じまいしてしまった。

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-30 22:08 | 異国旅日記

コンコルド広場付近の大パノラマ

観光案内も悪くない。

a0151913_20494170.jpg
コンコルド広場。右側のオベリスクは革命の時にギロチンが置かれていた場所。マリー・アントワネットもここで処刑された。
a0151913_20494154.jpg
オランジュリー美術館の行列は今日はそれほどでもない。
a0151913_2049413.jpg
セーヌ河とエッフェル塔。
a0151913_20494132.jpg
こちらはノートルダムが遠くに見える。パリに来ると、まずこの辺りに必ず来てしまう。
a0151913_20494180.jpg
コンコルド橋。
a0151913_20494153.jpg
フランス国民議会。
a0151913_20494179.jpg
オルセー美術館はいつも長蛇の列。

(Dec.30 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-30 20:49 | 異国旅日記

師走の夜のシャンゼリゼ

a0151913_8154022.jpg

a0151913_8154012.jpg

a0151913_8154089.jpg

a0151913_8154058.jpg

a0151913_8154066.jpg

a0151913_8154030.jpg

クリスマスから新年にかけてのシャンゼリゼは、とりわけ飾付けが美しい。

(Dec.29 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-30 07:52 | 異国旅日記

ヴァンドーム広場の夜

a0151913_6503196.jpg
ホテルのすぐそばのヴァンドーム広場に向かう。
a0151913_6503199.jpg

a0151913_6503164.jpg

a0151913_6503158.jpg
フレデリック・ショパンの亡くなった家だ。現在はショーメの店舗になっている。
a0151913_6503165.jpg
この広場には超高級店ばかりが軒をつらねている。左はパテック・フィリップ、右はミキモトだ。
a0151913_650314.jpg
ホテル・リッツだ。まさにこの回転ドアから出てきたあの日の夜のダイアナ妃とドディー・アルファイドの姿はモニターカメラに記録されていた。
a0151913_6503137.jpg
19世紀のオスマン男爵によるパリ大改造計画以前から存在するこの広場は、パリの宝石のような場所である。

(Dec.29 2010 @パリ)
by polarbearmaniac | 2010-12-30 06:50 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin