街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

<   2011年 08月 ( 59 )   > この月の画像一覧

ウランゲリ のユーモラスな避暑法

a0151913_6324644.jpg
あれれウランゲリさん、人口雪の山で何をしようとしているのですか?
a0151913_6331275.jpg
一心不乱に雪を掘っています。
a0151913_6332861.jpg
a0151913_6335199.jpg
a0151913_6341726.jpg
a0151913_6344148.jpg
a0151913_635229.jpg
a0151913_6352128.jpg
自分の寝床を作るためだったのですか!
a0151913_6354637.jpg
気持ち良さそうですね。
a0151913_636124.jpg
a0151913_6363815.jpg
a0151913_6365935.jpg
旭山動物園イワンの父のこのウランゲリは図体は巨大で体重は450キロだそうですが、なかなか優しい顔をした男です。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR II
(Aug.30 2011 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2011-08-31 04:45 | 異国旅日記

シモーナの夏の日の午後 ~ くつろいだ日常の姿

a0151913_5591316.jpg
御存知、旭山動物園のイワンの母であり、仙台・八木山動物公園のカイ、日本平動物園のロッシーのお姉さんであるシモーナである。
a0151913_633769.jpg
a0151913_563343.jpg
a0151913_565737.jpg
a0151913_595451.jpg
a0151913_59353.jpg
a0151913_5101368.jpg
a0151913_692729.jpg
a0151913_5102937.jpg
a0151913_5111674.jpg
a0151913_5114417.jpg
a0151913_51283.jpg
シモーナは神経質なところがなく、いつも伸び伸びとしているので、見ていて気持ちが良い。彼女の母親のウスラーダよりもずっと親しみが湧いてくる気がする。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR II
(Aug.30 2011 @モスクワ動物園)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のシモーナ(1) ~ 偉大なる母の娘、やはり偉大なる母となる!
モスクワ動物園のシモーナ(2) ~ その初産への道のり
モスクワ動物園のシモーナ(3) ~ 豊かなる母性の輝き
モスクワ動物園のシモーナ(4) ~ 消息不明の息子は何処に? (上)
モスクワ動物園のシモーナ(5) ~ 消息不明の息子は何処に? (中)
モスクワ動物園のシモーナ(6) ~ 消息不明の息子は何処に? (下)
by polarbearmaniac | 2011-08-31 04:30 | 異国旅日記

モスクワ動物園で4頭のホッキョクグマ達と再会の挨拶!

a0151913_2114784.jpg
「シモーナさん、1年ぶりになりますね! 昨年は双子ちゃんんも子育て、本当にご苦労様でした!  今年の暮れも是非また可愛い赤ちゃんをよろしくお願いいたします!」   このシモーナは先日サンクトペテルブルクで会ったばかりのウスラーダとメンシコフの長女です。 こうやって見てみるとお母さんのウスラーダに顔がよく似ています。 そしてこのシモーナは言うまでもなく旭山動物園のイワンのお母さん、仙台・八木山動物公園のカイ、日本平動物園のロッシーのお姉さんなのです。

a0151913_2121179.jpg
「ウランゲリさん、お会いするのはなんと3年ぶりになりますね! あなたの息子の旭川のイワンは大変に元気ですよ!」

a0151913_5331534.jpg
「ムルマさん、1年ぶりになりますね。ご機嫌いかがですか? あなたの息子の男鹿水族館の豪太君にとうとうパートナーが来ましたよ! それから、先月コペンハーゲンであなたの息子のボリス、そしてニースでやはり息子のラスプーチンにも会ってきました。 みんな大変に元気でしたよ!」

a0151913_2125280.jpg
「ウムカ(別名ウンタイ)さん、あなたに会うのも3年ぶりですね。 息子の豪太君、ボリス、ラスプーチン、みんな元気ですのでご安心下さい!」

やはり世界のホッキョクグマ界では有名なスターであるこの4頭が飼育されているモスクワ動物園のホッキョクグマ舎は圧巻です。 それから、雌の2頭(シモーナとムルマ)にはかなり食事の量が与えられているようで、かなり太っています。 今年の11~12月の出産の準備のためなのでしょう。

a0151913_536562.jpg
ムルマとウムカのペアは、今日はこのように悠々と寝ている時間が非常に長かったです。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR II
(Aug.30 2011 @モスクワ動物園)
by polarbearmaniac | 2011-08-31 02:15 | 異国旅日記

ホテルから地下鉄でモスクワ動物園へ

a0151913_1141592.jpg
ホテル近くの地下鉄ルビャンカ駅で地下鉄7号線に乗ることにする。
a0151913_1142880.jpg
ホームへは高速エスカレーターで降りる。
a0151913_1144345.jpg
a0151913_1145414.jpg
わずか2駅でバリカードナヤ駅に着く。 地下鉄駅の表示は全てロシア語である。動物園出口は左方向である。
a0151913_1183450.jpg
地上に出ると、スターリン建築の文化人アパートがすぐ目の前である。
a0151913_1185230.jpg
モスクワ動物園はすぐ目と鼻の先の距離だ。
a0151913_119757.jpg
窓口で入場券を買う。 200ルーブル(約550円)である。
a0151913_1193335.jpg
今日は大変気温が高い。
a0151913_1194820.jpg
ホッキョクグマ舎到着!

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(Aug.30 2011 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2011-08-31 01:15 | 異国旅日記

夕方のアホートニィ・リャトと夜のクレムリン

a0151913_5363143.jpg
歴史博物館前のジューコフ元帥像。
a0151913_536573.jpg
トヴェルスカヤ通り(旧ゴーリキー通り)は夕方の慌ただしさが漂っている。
a0151913_5372311.jpg
アホートニィ・リャト駅は地下がショッピングセンターにんっている。人がとても多い夕方の時間帯だ。
a0151913_5373774.jpg
晩飯は寿司にした。
a0151913_5375547.jpg
a0151913_5381130.jpg
a0151913_5382415.jpg
夜になると実に美しいクレムリンである。

早くモスクワ動物園のホッキョクグマたちに再会したいものだ。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(Aug.29 2011 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2011-08-30 04:50 | 異国旅日記

モスクワ、聖ヴァシリー寺院から夕方のヴァルヴァルカ通りを歩く

a0151913_4481928.jpg
赤の広場に立つ有名な聖ヴァシリー寺院である。
a0151913_448492.jpg
そこから東に延びる小さな通りであるヴァルヴァルカ通り(Улица Варварка/Varvarka)を散策することにした。この通りはモスクワで一番古い通りだと言われ小さな教会が立ち並んでいる場所だ。モスクワで私の一番お気に入りの場所であり、モスクワに来ると必ずこの通りを一度は歩くことにしている。
a0151913_4491598.jpg
a0151913_4493610.jpg
a0151913_4495970.jpg
a0151913_5101210.jpg
a0151913_450209.jpg
a0151913_4504748.jpg

a0151913_451660.jpg
カフェに入って一休みしているうちに薄暗くなってきた。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(Aug.29 2011 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2011-08-30 04:30 | 異国旅日記

サンクトペテルブルクからモスクワへ ~ アララト・パークハイアットにチェックイン

a0151913_20362559.jpg
サンクトペテルブルクのプルコヴォ空港はソ連時代の空港ターミナル施設そのままのようだ。雑然としている。
a0151913_2036397.jpg
これからアエロフロート便にてモスクワのシェレメチェヴォ空港に向かうことにする。
a0151913_2036552.jpg
Airbus320というのが、かなり気になる。これは危険な機種だ。
a0151913_2037760.jpg
モスクワのシェレメチェヴォ空港に到着後、車で市内へ。 大変な渋滞で市の中心部まで1時間近くかかった。 クレムリンの歴史博物館が見えてきた。
a0151913_3471051.jpg
ホテルは昨年も泊まったアララト・パークハイアットだ。 
a0151913_20372942.jpg
フロントの対応は非常に良い。
a0151913_20374279.jpg
この部屋は多分昨年泊まったのと同じ部屋だと思う。いかにもハイアット系らしい整然とした部屋だ。インターネットは無線LANと高速有線回線の両方が使える。さすがにハイアットだけのことはある。
a0151913_20375752.jpg
部屋の窓からの風景だが、やはり昨年泊まった時と同じ角度でツム百貨店が見える。 眺望的にはたいしたことがない。

(Aug.29 2011 @モスクワ)
by polarbearmaniac | 2011-08-29 20:15 | 異国旅日記

ピョートル大帝像「青銅の騎士」とイサク寺院 ~ サンクトペテルブルクの夏の思い出を胸に...

a0151913_5441394.jpg
a0151913_5581827.jpg
a0151913_5451991.jpg
a0151913_545338.jpg
a0151913_5455284.jpg
Люблю тебя, Петра творенье
Люблю твой строгий, стройный вид,
Невы державное теченье,
Береговой её гранит, ...

私はおまえが好きだ、ピョートルの建築物よ
おまえの厳格な、均整の取れた景色が好きだ、
ネヴァ川のゆるやかな流れが、
町の大理石を洗う…

アレクサンドル・プーシキン 「青銅の騎士」より

a0151913_5461556.jpg
今回のサンクトペテルブルク訪問はこれで終わった。 明日はモスクワに向かうことになる。 ピョートル大帝、プーシキン、ウスラーダ、メンシコフ...このサンクトペテルブルクにはなくてはならない存在なのだ。また来年来る予定である。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(Aug.28 2011 @サンクトペテルブルク)
by polarbearmaniac | 2011-08-29 04:45 | 異国旅日記

ウスラーダとメンシコフの夏 ~ 日曜日の昼下がりの光景

a0151913_4231155.jpg
ウスラーダさん、こんにちは! 今日は天気も良くて暑いくらいですね。
a0151913_385939.jpg
多分このウスラーダほど周囲に「偉大さ」を漂わせるホッキョクグマは世界にはいないだろう。 まさに女帝ウスラーダという言葉がピッタリなのである。ララとは雰囲気が全く異なるのだ。 ウスラーダは「親しみ」といったものはあまり感じさせない。 ただひたすら周囲に「偉大さ」を発散しているのである。 その存在感は他のホッキョクグマと比較すると抜きん出ているのだ。 まさに、「世界に冠たるウスラーダ(Uslada über alles)」なのである。
a0151913_391365.jpg
a0151913_393169.jpg
直射日光を浴びて暑くなったためか、ウスラーダお母さんは部屋の日陰に退散して居眠りを始めてしまった。

a0151913_394649.jpg
メンシコフ閣下、こんにちは! 暑いですね。 水浴びですか?
a0151913_310341.jpg
a0151913_3101945.jpg
「帝王メンシコフ」が水に入っているのは珍しいのかもしれない。 気持ちよさそうに泳ぎ回っていた。
a0151913_425577.jpg
a0151913_3105441.jpg
a0151913_6423692.jpg
a0151913_311998.jpg
a0151913_3112953.jpg
メンシコフさん、来年近いうちにまた来ますのでよろしくお願いいたします!
  
a0151913_311541.jpg
a0151913_312132.jpg
今日はロシアの8月末とは思えぬほど気温が上がっていた。 レニングラード動物園はウスラーダにかなり食料を与えているように見えるが、多分これはウスラーダとメンシコフとの間で春に繁殖行動があったためだろう。 11~12月の出産に備えてウスラーダに今から食料を多く与えているのだろう。 いよいよウスラーダは飼育下のホッキョクグマの出産頭数の世界記録に挑戦することになる。 是非期待したい。

Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR II

(Aug.28 2011 @サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)
by polarbearmaniac | 2011-08-29 03:15 | 異国旅日記

夕方のネフスキー大通りをドム・クニーギまで歩く

a0151913_8102259.jpg
a0151913_8103713.jpg
a0151913_8105565.jpg
a0151913_81181.jpg
a0151913_8112317.jpg
a0151913_8114198.jpg
a0151913_8121955.jpg
a0151913_8124054.jpg
a0151913_813184.jpg
Nikon D7000
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(Aug.27 2011 @サンクトペテルブルク)
by polarbearmaniac | 2011-08-28 04:55 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag