街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・エメン動物園で成功する若年個体の多頭同居 ~ エンリッチメントを乗り越える試み

a0151913_17351791.jpg
Photo(C)Brocks/Nord24

オランダのエメン動物園 (WILDLANDS Adventure Zoo Emmen) といえば欧州における雌(メス)の幼年・若年個体のホッキョクグマの集中プール基地として機能しています。現在同園には2012年11月にオランダの「動物帝国」で生まれたノルチェ、2013年12月にミュンヘンのヘラブルン動物園で生まれたネラ、2013年12月にドイツのブレーマーハーフェン臨海動物園で生まれたラーレ、2015年12月にやはりブレーマーハーフェン臨海動物園で生まれたリリーという四頭が飼育されています。現在ではこの四頭は同時に飼育展示場に登場してうまく同居がなされているようです。

この四頭が同居している映像をご紹介しておきます。実に壮観です。二番目の映像は40分という長い映像で、こういった映像があると非常に助かります。





映像を見ていて感じるのですが、この四頭は同じ年代の日本の雌(メス)のホッキョクグマたち(マルル、ポロロ、ミルク、シルカ、リラ、モモ)と比較すると幾分不器用な印象を持ちます。そう感じる理由はおそらく日本のホッキョクグマたちのほうが多種多様なおもちゃを数多く与えられ、そういったものでうまく遊ぶやり方を習得しているからだろうという感じがします。しかしここで考えてみなければならないことがあります。このエメン動物園のホッキョクグマ飼育展示場は総面積が6000㎡という広さがあり、しかも多頭飼育を行っているためにエンリッチメントとして多くのおもちゃを与える必要性があまりないだろうという考え方が根底にあるだろうということです。つまり、飼育展示場の広さというものをメリットにしてホッキョクグマへのエンリッチメントというものを多頭同居によって置き換え、そして現在世界の動物園で行われているエンリッチメントというものを乗り越えていこうという試みだろうということです。こういった観点に立ちますと、多彩な形状のおもちゃを与えられることによって修得した日本のホッキョクグマたちの器用さというものは、実は日本の動物園における飼育展示場の不十分さを映し出しているといった考え方が生じてくるわけです。私はこのエメン動物園をはじめとして欧州のいくつかの動物園においては、エンリッチメントといった概念を乗り越えようという試みがなされていることを感じざるを得ません。欧州の先進的な考え方を持つごく少数の動物園の飼育担当者は、仮に日本の動物園に暮らすホッキョクグマたちの器用で見事なおもちゃさばきの映像を見たとしても冷ややかな視線を投げかける可能性は否定できないかもしれません。

(資料)
Nord24 (Sep.11 2017 - Eisbärinnen aus Bremerhaven: Lili und Lale in Emmen vereint)

(過去関連投稿)
欧州がホッキョクグマの幼年・若年個体をプールする 「集中基地」 を計画 ~ 雌はオランダ、雄はイギリスへ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)のお別れ会が開催 ~ エメン動物園へ
オランダ・エメン動物園でのノルチェとラーレの近況 ~ オクタヴィアン(仮称)の移動先となるか?
移動先でのホッキョクグマの近況をどう知り、そしてどう伝えるか? ~ エメン、大阪、徳島...
オランダ・エメン動物園でのノルチェとラーレの近況 ~ 後退を余儀なくされた円山動物園の個体交換構想
オランダ・エメン動物園、来春に新施設が完成 ~ 幼年・若年個体集中基地システムの機能拡充へ
オランダ・エメン動物園のホッキョクグマへの偶然が与えた奇妙な「エンリッチメント」
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園のネラとノビの双子が同園を出発、オランダとイギリスに到着
オランダ・エメン動物園の新園(WILDLANDS Adventure Zoo Emmen)開園後のノルチェ、ラーレ、ネラ
オランダ・エメン動物園に移動したドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のリリー
# by polarbearmaniac | 2017-10-15 18:00 | Polarbearology

ロシア極東・ハバロフスク動物園、開園15周年を祝う ~ 三代のホッキョクグマたちの想い出

a0151913_21111735.jpg
ハバル (Белый медведь Хабар) Photo(C)Зоосад Приамурский

ロシア極東、沿海州のハバロフスク動物園(正式には「シソーエフ記念・プリアムールスキー動物園」 - Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)が10月8日の日曜日に開園15周年を迎え、それを祝ってイベントが行われています。その日だけで五千人の来園者があったそうです。このハバロフスク動物園というのは日本から最も距離的に近いホッキョクグマを飼育している海外の動物園です。
a0151913_2114459.jpg
現在の動物園が開園する前はハバロフスク市内にあって飼育環境がよいとは言えない小さな動物園だったそうですが15年前に郊外に新しい動物園が完成したというわけです。日本で言えば浜松や徳島の動物園と似たケースであり、当初は市内にあったものの後から広い場所のある郊外に新しい動物園ができたといったケースなのです。現在このハバロフスク動物園はプリアムールスキー動物園というのが正式名称になっていますが依然として地元の人々からはハバロフスク動物園と呼ばれることのほうが多いようですので本ブログでもハバロフスク動物園という名前で呼んでいます。
a0151913_2116125.jpg
Photo(C)Зоосад Приамурский

このハバロフスク動物園はハバロフスク市の郊外にあって自然環境に恵まれた動物園です。遠くにアムール川を見渡すことができ園内は森の中にあるといった雰囲気です。施設は非常に簡素であり素朴な雰囲気が漂っています。私は5年前の2012年秋にこの動物園を訪問し当時この動物園で飼育されていた雄(オス)のホッキョクグマのゴシ (Гоши) に強い印象を受けました。残念なことに彼は2014年9月に亡くなってしまいましたが、若い時にサーカスで辛い体験をし、その後は巡回動物園の劣悪な環境に耐えてきたものの、このハバロフスク動物園がプリアムールスキー動物園として開園するときにゴシは巡回動物園から救い出されてこの新しい動物園に入園したわけでした。このゴシに会うことができたのは私のホッキョクグマ体験の中でも最高のものの一つとして私の記憶に深く刻まれたわけでした。

ゴシさん、はじめまして!(2012年10月) - Good to see you, Goshi !

ゴシが亡くなったあと2016年2月にやってきたのがロストフ動物園の雄(オス)のイョシ (Ёши) でした。彼もサーカス出身のホッキョクグマでしたがサーカス不適格の烙印を押されレニングラード動物園で数年間狭い場所で飼育されていたものの追い出されるような形でロストフ動物園に移動し、そしてその後にハバロフスク動物園に移動したわけです。私はこのイョシにはレニングラード動物園でもロストフ動物園でも会っており、彼がゴシの後継として日本に非常に近いハバロフスク動物園にやってきたことを私は非常に嬉しく思い、彼に会いにいこうと思っていたもののイョシは来園の僅か半年後の2016年9月に亡くなってしまい非常に悲しく思いました。

イョシのポートレート (2015年9月) - The portrait of Yoshi the polar bear(Белый медведь Ёши) at Rostov-on-Don Zoo, Russia

このイョシの後継として今年2017年4月にやってきたのがモスクワ動物園でシモーナから誕生した双子の一頭である雄(オス)のハバルでした。このハバルを私はモスクワ動物園で何日にもわたって母親であるシモーナと同居している姿を観察できたことも素晴らしい思い出でした。というわけでこのハバロフスク動物園で飼育されている(いた)三代のホッキョクグマ全てに私は大きな思い出を持っているということです。
a0151913_21191625.jpg
ハバル Photo(C)Зоосад Приамурский

さて、このハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)の開園15周年にちなんだ地元TV局の映像をいくつか見ていきましょう。まず最初に10月8日にテープカットが行われたホッキョクグマ飼育展示場の上部からの観覧タワーについてです。



次の映像は15周年のイベント当日のライブ映像を編集したもののようで開始後2分25秒あたりからホッキョクグマの飼育展示場とハバルが登場しています。



次は開始後1分20秒あたりからホッキョクグマのハバルが登場しています。タワーになった新しい観覧場所からハバルの姿を見下ろした映像も登場しています。



次はハバルへの特別給餌のイベントです。



ハバロフスク動物園にとって頭が痛いのは、10月8日の15風年のイベントの日などに動物園に向かう車が途中で大渋滞を引きおこし通行量の制限が警察によって行われたように、この動物園に向かう人々のほとんどは車によって訪問するという事情があって動物園周囲の駐車場が不足しているために来園者が苦労している状況をどう解決するかということのようです。またドーリン園長はこの動物園で最も人気のあるハバルのパートナーをどう獲得するかにも非常に苦心しているそうです。なにしろこのハバルはモスクワのシモーナの息子であり「アンデルマ/ウスラーダ系(カザン血統)」の本流に位置する血統のホッキョクグマですからパートナーはこの血統以外の雌(メス)でなければならないわけで、そうなるとロシア国内には野生孤児出身の個体以外はほとんど見当たらないということになるわけです。以前私は「北海道・ロシア極東、動物園繁殖協力共同体」という構想を考えたことがあったわけですが、仮にそれが実現したとしてララファミリーの子供たちの一頭をハバロフスク動物園に移動させればピッタリのペアになるものの、それだけでは日本側にメリットが全くありません。ハバルが野生出身の個体であればBLでララの子供たちをハバルのパートナーにしてその果実を日本が取るという考え方はあるわけですがハバルは日本に何頭も存在している「アンデルマ/ウスラーダ系(カザン血統)」ですからララファミリーとペアにしても日本側にメリットはほとんどないというわけです。

(資料)
Зоосад "Приамурский" имени В.П. Сысоева (Oct.14 2017 - Новоселье у Хабара в день рождения зоосада) (Oct.14 2017 - Новоселье у Хабара в день рождения зоосада)
DVnovosti.ru (Oct.2 2017 - Северный медведь Хабар радуется похолоданию и ведет активный образ жизни) (Oct.9 2017 - Зоосад «Приамурский» им. Сысоева с размахом отметил свой юбилей)
ХабИнфо.ру (Oct.9 2017 - Ни проехать, ни пройти: зоосад «Приамурский» отметил свое пятнадцатилетие)
РЕН ТВ (Oct.8 2017 - Новые вольеры для медведя в зоосаде Приамурья рассчитаны также на его невесту)
Молодой дальневосточник XXI (Oct.13 2017 - Ноев ковчег в Хабаровске : Пятнадцатилетняя авантюра Андрея Долина со товарищи)
Московский Комсомолец (Oct.13 2017 - Хабаровчане массово посетили зоосад, но выбрались оттуда с трудом)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園の二歳半の雄(オス)の「ポリちゃん(仮称)」が突然、ハバロフスク動物園に姿を現す
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の「ポリちゃん(仮称)」のパートナー探しは難航の予想
モスクワ動物園のアクーロヴァ園長が語る同園のホッキョクグマへの方針 ~ 野生孤児保護の新施設をオープン
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の「ポリちゃん(仮称)」の名前が "ハバル(Хабар)" に決まる
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園に来園したハバルに寄せる地元の子供たちの深い関心
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のハバルの夏から秋にかけての話題
(*ゴシ関連)
ロシア・モスクワ郊外の私設動物園の悲惨な現実
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシ ~ 氷上サーカスを去り動物園を安住の地に
ロシア極東、ハバロフスク動物園のゴシ、身勝手な来園者の指を噛み切る! ~ 後を絶たぬ来園者の規則違反
ロシア極東、ハバロフスク動物園でのゴシの 「来園者襲撃」事件の続報 ~ 自業自得の規則違反者
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシに寄せる地元の人々の想い ~ お誕生会開催へ
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園 (プリアムールスキー動物園)のゴシが亡くなる
(*2012年秋 ハバロフスク動物園訪問記)
・晩秋の気配濃厚なハバロフスク動物園へ ~ ゴシさん、はじめまして!
・ゴシ、その悲哀を突き抜けて澄みきった眼を持つホッキョクグマの魅力
・ロシア・ハバロフスク動物園のゴシへの同情と共感 ~ 人間に弄ばれた運命

(*イョシ関連)
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のイョシ、ロストフ動物園に引き取られる
サンクトペテルブルクに別れを告げるイョシ ~ サーカス出身のホッキョクグマの境遇
ロシア・サンクトペテルブルクのイョシ、新天地ロストフへ出発
ロシア南部 ロストフ・ナ・ドヌのロストフ動物園のイョシ ~ 安住の地での近況
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ、安住の地で元気に暮らす ~ ロストフ動物園の奇妙な計画
ロシア南部・ロストフ動物園、サーカス出身の12歳の雄、イョシの注目される今後
サーカス団のホッキョクグマ、ダーニャは何処に消えた? ~ サーカス団と巡回動物園とを結ぶ暗黒
女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)が新しいホッキョクグマの導入を表明
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の新ホッキョクグマ飼育展示場がほぼ完成
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ(Ёши)がロシア極東沿海州のハバロフスク動物園へ
ロシア極東沿海州のハバロフスク動物園に到着したイョシのその後の様子 ~ 地元ファンの大きな期待
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシのサーカス時代 ~ サーカス適性は雌(メス)が上か?
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園、改装された展示場のイョシの新しいプール開き
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシの近況 ~ ロシア入国ヴィザ免除の方向へ
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシ(Ёши) が亡くなる ~ 痛恨の死
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシの死因調査報告書が発表 ~ 「膵外分泌不全」

(*2015年9月 ロストフ・ナ・ドヌ動物園訪問記 - イョシ関連)
ロストフ動物園へ ~ サーカス出身のホッキョクグマ、イョシ(Ёши)との5年ぶりの再会
イョシ(Белый медведь Ёши) 、素顔とその性格
# by polarbearmaniac | 2017-10-14 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2017-10-11 14:00
オランダ・レネン、アウヴェハ..
at 2017-10-11 01:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag