街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんの名前が "ヌカ(Nuka)" と "キラク(Qilaq)" に決まる

a0151913_2251023.jpg
ヌカ(Nuka)とキラク (Qilaq) Image : TV2 NORD

昨年2016年の11月26日にデンマークのオールボー動物園でメーリクお母さんから誕生した二頭の雌(メス)の赤ちゃんの命名については地元のTV局のfacebook上で投票が行われてきましたが昨日に締切となり、その名前が決定しました。「ヌカ (Nuka)」と「キラク (Qilaq)」となったそうです。これを報じる現地のTVニュースを見てみましょう。



ヌカというのは小さな姉妹、キラクというのは天空を意味するグリーンランド語だそうです。飼育員さんからおやつをもらっているこの親子の様子を見てみましょう。



飼育員さんの持っているおやつに興味津々というわけです。貴重な雌(メス)の二頭ですし、これからの成長が楽しみです。

(資料)
TV2 Nord (Jun.19 2017 - Nordjyderne har stemt: Her er isbjørneungernes navne)



(過去関連投稿)
デンマーク・オールボー動物園でホッキョクグマの赤ちゃん(複数)誕生! ~ メーリクが出産
デンマーク・オールボー動物園で誕生の赤ちゃんは三つ子であることが判明!
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、最初にして最大の関門を全頭で通過するか
デンマーク・オールボー動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、一頭が最初の関門を突破できず死亡
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、元気に生後三週間が経過
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後40日目へ ~ ライブ映像配信と短時間映像の関係
デンマーク・オールボー動物園で誕生の二頭の赤ちゃんは生後六週間目に入り、取っ組み合いも始める
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後7週間が経過
デンマーク・オールボー動物園で産室内で育児中のメーリクに特別給餌が行われる
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃん、生後70日目となる
デンマーク・オールボー動物園の赤ちゃんが遂に姿を見せる ~ 屋外登場を母親の意思に任せた同園
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんがメーリクお母さんと一緒に遂に屋外に登場!
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんへの母親メーリクの厳しい監視の集中力
デンマーク・オールボー動物園のメーリクお母さんと二頭の赤ちゃんの姿 ~ 注目すべき同園での性別判定
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんの性別はいずれも雌(メス)と発表
デンマーク・オールボー動物園の二頭の赤ちゃんが大きなプールのある飼育展示場に登場
デンマーク・オールボー動物園の二頭の雌(メス)の赤ちゃんたちが遂に泳ぎ始める
デンマーク・オールボー動物園の二頭の雌(メス)の赤ちゃんの健やかな成長
デンマーク・オールボー動物園の雌(メス)の二頭の赤ちゃんが生後半年となる ~ 小さなドラマの連続
デンマーク・オールボー動物園で誕生の二頭の雌(メス)の赤ちゃんの命名投票が始まる
# by polarbearmaniac | 2017-06-19 22:00 | Polarbearology

オーストラリア・ゴールドコーストのシーワールドの赤ちゃんが産室内で第一歩を踏み出す

a0151913_2021563.jpg
Image : Sea World Gold Coast

今年の4月26日にオーストラリア・クイーンスランド州のゴールドコーストにあるシーワールドで16歳のリアお母さんが産んだ赤ちゃんですが間もなく生後二ヶ月になろうとしています。この赤ちゃんが産室内でなんとが立ち上がって歩き始めた様子が映像で公開されましたのでご紹介しておきましょう。



産室内のモニター映像はリアルタイムでシーワールドの館内で一般に公開されているそうです。それからシーワールドの飼育部門の責任者であるトレヴァー・ロング氏はおもしろいことを言っているのですが、この赤ちゃんは90%の確率で雌(メス)ではないかと思っているそうです。その具体的根拠は明言していないのですが産室内の映像でそういう予想をしているそうです。まあこれは憶測に毛の生えたようなものだと理解しておいたほうがよいでしょう。ホッキョクグマの赤ちゃんの性別判定には過去いくつもの動物園が苦渋を舐めてきたという歴史があるわけです。DNA判定すら間違えていたなどというケースすらあるほどなのですから、現在の段階で勝手にいろいろと予想してみるのはファンの特権ではあっても、飼育責任者という立場の人がこういった段階で性別云々について思わせぶりな発言を行うのはもっと慎重さと謙虚さが必要でしょう。今回の件におけるTVニュースを御紹介しておきます。トレヴァー・ロング氏がインタビューの答えていますが、やはり明確な根拠に触れずにこの赤ちゃんは雌(メス)であるというかなり強い確信を持っている様子です。



(資料)
Gold Coast Bulletin (Jun.16 2017 - Sea World polar bear cub takes first wobbly steps)
9news.com.au (Jun.16 2017 - Sea World polar bear cub takes first steps)

(過去関連投稿)
オーストラリア・ゴールドコーストのシーワールドでホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
オーストラリア・ゴールドコーストのシーワールドで誕生の双子の赤ちゃんのうち一頭が死亡
オーストラリア・ゴールドコーストのシーワールドで誕生の赤ちゃんが生後一ヶ月を無事に経過
# by polarbearmaniac | 2017-06-19 20:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin