街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

エストニア・タリン動物園の雄(オス)のアロンの成長 ~ 性格判断の難しさ

a0151913_01373.jpg
アロン Photo(C)Tallinna Loomaaed

エストニアのタリン動物園で昨年2016年の11月26日にフリーダお母さんから誕生した雄(オス)のアロン(Aron)については久方振りの投稿になります。アロンも無事に生後半年が経過しています。前回の投稿の時点から現在までのアロンの姿を追ってみたいのですが、いかんせん格子のある飼育展示場に暮らしていますので明瞭な映像というものはタリン動物園のスタッフが撮影した公式映像に限られます。スタッフならば格子の隙間からの撮影が可能だからです。まず最初の映像です。なんだかとても元気がよいようですね。



本日エストニアのネットTV配信会社であるDelfi がタリン動物園のホッキョクグマ舎よりライブ中継を行い数時間前に終了したのですが、その中継映像の録画を御紹介しておきましょう。約1時間の長さのある映像です。



私もライブ配信の映像を見ていたのですが、正直言ってやはりこの親子は格子のある場所で暮らしていますからその姿にうまくピントを合わせるのに苦労していたようです。かなり集中して見ていたのですが非常に疲れました。まとまった時間をかけてこの親子の姿を観察していたのですが私にはこのアロンの性格というものをはっきりと掴み取るというところまではいきませんでした。ただし、落ち着いていて慎重な性格とは言えないように思います。やはり活発に動き回るのが好きで性格的にも強さがあるようにも感じます。私の体験で言えばロッテルダム動物園時代のヴィックスに近いものがあるように思いますが、ヴィックスの場合は飼育展示場が広くて、その場所を駆け回っていたことを記憶しているのですが、このアロンの場合は限られたスペースしかなく性格的な判断には難しさが否めません。となると母親とのやりとりを見て判断することになるわけです。そういった観点からみれば外向きな性格であるという判断に傾きます。

それからこれは私の経験ですが、このタリン動物園のように格子があってその間隔があまり広くなく、そしてさらにその格子の手前にやや距離をおいた人止め柵のある条件の厳しい場所でホッキョクグマたちの写真を撮影しようとするとカメラメーカーの純正レンズ(つまりニコンのカメラでしたらニコンのレンズ、キヤノンのカメラでしたらキヤノンのレンズ)よりもタムロンやシグマなどのサードパーティーのレンズ (特に前者)のほうが有利のような気がします。格子の隙間が狭い場合、サードパーティーのレンズでは「合焦」するものの純正レンズですと「合焦」せずにAFが迷いまくる場合があるのです。私はこれをペルミ動物園などで何度も経験しています。ですので私はペルミ動物園ではタムロンのレンズしか用いないようになったということです。その理由はあくまでもこれは私の憶測ですが、やや比喩的に言いますと純正レンズは100のうち100ピントが合わないとレンズからカメラに合焦済みの情報がフィードバックされないものの、タムロンやシグマなどのサードパーティーのレンズ(特に前者)はそれが良い意味でいい加減で純正レンズでAFが迷うような条件下でもサードパーティーのレンズならば100のうちせいぜい90~95ピントが合えば「合焦」として情報がカメラにフィードバックされているのだろうということです。つまりニコン/ニコンやキヤノン/キヤノンの場合は厳密にピントが合わねばシャッターが切れないというわけです(つまり純正レンズは優秀であるということになるわけですが)。人止め柵のさらに先にある間隔の狭い格子のある場所では、条件次第では合焦が難しくなるわけですが、被写体がこうした厳しい条件にある場合にタムロンやシグマですと厳密にピントが合わなくても「合焦」したことにしてカメラにフィードバックされるというアバウトなレンズであるということではないでしょうか。ところがブログなどで写真をアップした場合、厳密にピントが合った写真かどうかは見ていて判断しにくいわけです。ということで、仮に私がこのタリン動物園で写真を撮ろうと思えば絶対にニコンの純正レンズを使用せずにタムロンのレンズを用いるでしょう。

そういえば今思い出しました。昔、札幌のララと旭川のルルの母であったクーニャの亡くなる数日前に私はレオマ・アニマルパークにクーニャに会いに行った時のことです。その時は純正レンズの70-200mm f/2.8 という強力なレンズを持って行ったのですが、降りしきる雨にガラスは曇り、そして斜めの角度にいたクーニャの写真を撮影しようとしたもののレンズは全く合焦せず、しょうがなくて携帯電話のカメラで撮影したことがありました。あの悪条件下でもタムロンのレンズだったら間違いなく「合焦」していたでしょう。惜しいことをしました。その日が私のクーニャとのお別れの日になってしまったわけでしたから....。

(資料)
Tallinna Loomaaed (Jääkaru)

(過去関連投稿)
バルト海沿岸・エストニアのタリン動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんが生後10日目となる ~ ノラとノルトの誕生会が開催
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんが生後3週間が経過 ~ 飼育マニュアルを無視した同園の謎
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんが生後4週間が経過 ~ 映像から伝わってくる安定感
エストニア・タリン動物園の赤ちゃん、生後二ヶ月が経過 ~ 秋には新飼育展示場へ移動
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんが生後12週間経過へ ~ 寝心地の悪そうな産室
エストニア・タリン動物園の赤ちゃんは雄(オス)と判明 ~ 一般公開は3月5日からの予定
エストニア・タリン動物園で誕生の雄(オス)の赤ちゃんがフリーダお母さんと戸外に登場 ~ 見事な映像記録
エストニア・タリン動物園のフリーダお母さんと赤ちゃんの追加映像 ~ お披露目は本日のイベントでの予定
エストニア・タリン動物園の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 赤ちゃんの一般へのお披露目
エストニア・タリン動物園の雄(オス)の赤ちゃんの名前が「アロン (Aron)」に決まる
エストニア・タリン動物園で誕生の赤ちゃんアロンとフリーダお母さんに与えらえた大量の雪
エストニア・タリン動物園で誕生のアロンとフリーダお母さんの近況 ~ 将来の立ち位置が微妙な同園
# by polarbearmaniac | 2017-06-16 23:55 | Polarbearology

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園を襲った洪水の被害 ~ グーリャは無事に毎日を過ごす

a0151913_001826.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля/Eisbärin Gulja) Photo(C)Om1.ru

5月下旬に入りロシアの西シベリアのオムスク近郊の地域が洪水にみまわれています。河から溢れた水はこの地区にあるボリシェリェーチェ動物園にまで達するものだったそうです。このボリシェリェーチェ動物園には以前からご紹介しています通り。現在推定27歳の雌(メス)のホッキョクグマであるグーリャが飼育されているわけですが、ボリシェリェーチェ動物園は最悪の場合には園内の動物たちを避難させることも考慮に入れてはいたものの、それほど多くの水が園内に入り込んできているわけではなかったために動物たちの避難(とはいってもどこに避難させるのかは難しいわけですが)は一部を除いて見合わせたそうです。園内には大きな水たまりができたようで、それ以上の甚大な被害はなかったそうです。動物たちの中には水が入り込んできたのに喜んだ種もいたようです。この地方を襲った洪水に関する地元のTVニュースを見てみましょう。



この下のTVニュースはボリシェリェーチェの街(とはいっても人口は1万人ほどですが)の洪水の被害についての映像で後半にはボリシェリェーチェ動物園の様子も見るkとができます。



ホッキョクグマのグーリャはそうした洪水の影響もなんのその、普通通りの生活をしていたようです。ボリシェリェーチェ動物園は今日になってSNSで、動物園の中に入り込んだ水は全て引いてしまい通路も確保されているので通常通り開園しているので是非来園してほしいと人々に呼びかけています。本当によかったと思います。
a0151913_095653.jpg
グーリャ Photo(C)Om1.ru

ロシアという国は治水があまりうまくいっていないように思います。とはいっても国土は広大であり日本とは自然条件がまるで異なりますので単純な比較はできないかもしれません。しかし都市においては、たとえば強い雨が降るとアスファルトの道路に雨水が溢れだす光景はよく見られます。さすがにモスクワではそういった光景はほとんど見ないのですが私が経験したところでは、カザンやペルミといった地方都市はひどいものでした。私が動物園からホテルに戻る際にはそういった道路の端の「雨水の濁流」の仲を歩かねばならず、靴がびしょ濡れになった経験があります。要するに雨が降るとその水を地下に誘導するようにはなっていないのがロシアの地方都市なのです。その点では日本の都市は実にうまく雨水をコントロールしています。

(資料)
ReliefWeb (Jun.12 2017 - Russia: Floods Emergency Plan of Action (EPoA) DREF Operation no MDRRU021 Update no 1)
Большереченский зоопарк (May.24 2017 - Наш единственный спонсор на сегодняшний день!) (Jun.2 2017 - Разлилась речка Большая в зоопарке!)
Om1.ru (Jun.13 2017 - Паводку в Омской области рады белые медведи)


(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャにロスネフチ社より飼育場整備の資金援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、グーリャ(Гуля) の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ(Гуля)、乏しい情報から知るその動向
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、情報欠如の「幻のホッキョクグマ」としての存在
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ ロスネフチ社からの次の援助
# by polarbearmaniac | 2017-06-15 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin