街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ソルトレイクシティ、ホーグル動物園でノーラとホープが同居を開始し、一般公開となる

a0151913_16374844.jpg
ホープ (Hope the Polar Bear) Photo(C)Deseret News
a0151913_16391741.jpg
ノーラ (Nora the Polar Bear) Photo(C)Deseret News

アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園で2015年の11月6日に誕生し人工哺育で育てられた雌(メス)のノーラ (Nora)、そして同じオハイオ州のトレド動物園で2015年12月3日に誕生した雌(メス)のホープ (Hope)、この二頭の二歳のホッキョクグマはユタ州ソルトレイクシティのホーグル動物園に移動してきた経緯については今までも非常に詳しく投稿してきたつもりです。人工哺育されたノーラはコロンバス動物園からオレゴン動物園を経てホーグル動物園に移動してきたのは、とりわけ彼女が人工哺育された個体のためにホッキョクグマの種としての特質の獲得を行う「適応化(socialization)」が目的であり、その相手役が同年齢で同性であるホープということになるわけです。この二頭はとうとう昨日、ホーグル動物園で一般公開が開始となりました。それに先立って数日前から同居の訓練が行われていたそうで同居はスムーズにいったようです。この二頭の一般公開の日の映像いくつかご紹介しておきます。





この下の三つの映像は、最初の二つがTVニュースの映像、そして三つ目はホーグル動物園が昨日個々なったライブ映像です。いずれもワンクリックしていただくと再生画面が現れます。

a0151913_15241664.jpg

a0151913_1529558.jpg

a0151913_15404351.jpg

実に驚くべきことが明らかにされているのですが、それはこの二頭の誕生日は一ヶ月しか離れていないものの体重は人工哺育されたノーラはホープよりも180ポンド(つまり約80キロ)少ないそうです。その理由についてホーグル動物園の広報担当のハンセンさんは、ノーラは代謝性骨疾患 (Metabolic bone disease) によって発育が妨げられたからだと述べています。さらに続けて、ノーラの母親が育児を行わなかったのは、生まれた子供に何かの異常があることを感知したためであるという仮説を述べています。ノーラに代謝性骨疾患があるという話を私は聞いた記憶は今までありません。彼女の活動的な姿を見ていると、そういった疾患の存在を予想することなどは困難でしょう。それから、ホッキョクグマの母親が出産したばかりの子供の身体的な異常を本能的に感知して育児を止めてしまうということは事実としてよく言われている話ですが、このノーラの場合はそれには当てはまるたといえば、いささか根拠が薄弱のように思います。しかし、今後はノーラの成長を注意深く見守っていかなければならないと思います。ちょっと心配ですね。ホーグル動物園の別のスタッフの方がノーラの代謝性骨疾患についてやや詳しく語っています。こちらをクリックしていただくと説明が聞けます。それによりますと、骨の発達の方向が一致していないためであると述べ、ホッキョクグマのような大きさの動物では手術は適切な方法ではないとも述べ、コロンバス動物園やオレゴン動物園との獣医さんの緊密な協力関係のもとで治療にあたっていきたいということのようです。

「人工哺育」というものには未だによくわからない「闇」の部分があるような気がします。母親が出産後に育児を行わなかった理由が、本当に母親が生まれた子供に隠されている「欠陥」を本能的に感知したためならば、それはすなわち母親の持っている「種の健全な維持・保存」とでもいった本能でしょう。しかし母親が育児を行わなかった例の多くは母親の側の育児への移行本能が働かなかったためだろうと私は思ってます。つまり、単に母親の側の問題だろうと思うからです。

(資料)
Salt Lake Tribune (Oct.10 2017 - Two young polar bears make their public debut at Utah's Hogle Zoo)
Deseret News (Oct.10 2017 - Hogle Zoo's newest residents make their public debut)
fox13now.com·(Oct.10 2017 - New polar bears meet each other at Hogle Zoo, goes “perfectly” according to keepers)
Good4Utah.com (Oct.10 2017 - Hogle Zoo introduces new polar bears, Hope and Nora)

(過去関連投稿)
アメリカ・オレゴン動物園のノーラがソルトレイクシティのホーグル動物園に無事到着
アメリカ・トレド動物園のホープがソルトレイクシティのホーグル動物園に無事到着
# by polarbearmaniac | 2017-10-11 14:00 | Polarbearology

オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のホッキョクグマたちに砕氷のプレゼント

a0151913_0333149.jpg
Photo(C)Ouwehands Dierenpark

10月4日は「世界動物の日(World Animal Day)」でしたが欧州における最も重要なホッキョクグマの繁殖基地の一つであるオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園のホッキョクグマたちは一日早く雪のプレゼントがあったそうです。雪というよりも正確には約12㎥の氷を砕いて雪のようになったものだったようです。プレゼントしたのはオランダのナイメーヘン (Nijmegen)のスケートリンク場だそうです。飼育員さんは魚を中に隠していたそうで、ホッキョクグマたちは大喜びでその山に飛びつきました。その様子を見てみましょう。



もう一つ映像がありますので下をワンクリックしてみて下さい。
a0151913_0251231.jpg

映像に登場しているのは間もなく三歳になる雄(オス)のアキアク (Akiak)と雌(メス)のスラ (Sura)の双子(誕生時点では三つ子)ですね。この双子の母親であるフリーダム、そしてフリーダムの母親であるフギースはやや距離を置いた場所でこの双子の様子を見ていたようです。私はオランダに居住していた経験がありますが、オランダの冬は雪はちらつくことがありますが積もるということはあまりありません。ですからホッキョクグマたちは見慣れない雪(砕氷)を見ると大喜びなのです。

さて、間もなく三歳になるアキアクとスラですが今年の年末にかけておそらく移動の話が現実化してくるのではないかと思います。特に雄(オス)のアキアクについては他園い移動の可能性が高いでしょう。彼の移動先はノヴォシビルスク動物園のロスチクの移動先選定に大きな影響をもたらす可能英があります。欧州の幼年・若年個体の移動先にロスチクの移動先を重ねあわせて考えてみると実に複雑なパズルの様相を呈してきます。ロッテルダム動物園の双子である雌のシゼル (Sizzel)と雄のトーズ (Todz)もアキアクとスラと同じ年齢であり、こちらのほうも年内に移動の可能性はあるでしょう。ただしアウヴェハンス動物園のフリーダム(やフギース)、ロッテルダム動物園のオリンカといった偉大な母親たちには現在パートナーがいないわけで来年のシーズンの繁殖への挑戦は今のところ見通しが立っていない状況ですので彼女たちの子供たちを何が何でも他園に移動させねばならないといった状況でもないことも問題を複雑にしています。

ここで今年6月のアキアクとスラの様子を見ておきましょう。



次はスラの姿です。



そろそろ欧州のホッキョクグマ界から個体移動その他のニュースが流れてくる季節になってきました。複雑なパズルの回答が示されてくる時期になってきています。

(資料)
De Gelderlander (Oct.3 2017 - Nijmeegs ijs naar ijsberen in Rhenen)
Omroep Gelderland (Oct.3 2017 - 'IJsberen erg enthousiast': Nijmeegs ijs naar Ouwehands)
Hartvannederland.nl (Oct.4 2017 - IJs voor de ijsberen in Ouwehands Dierenpark)

(過去関連投稿)
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生! ~ フリーダムの快挙
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の三つ子の赤ちゃんのうち一頭が死亡!
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんが生後24日目を迎える ~ 眼も開く
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんの近況 ~ twins と twin cubs の違い
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんは生後二か月経過 ~ フリーダムお母さんの技量
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃん、互いに相手を意識し始める
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんは19日(木曜日)のお披露目を同園が告知
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんが戸外へ ~ フリーダムお母さんの厳しい監視
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のフリーダムお母さんと二頭の赤ちゃんのライブ映像配信が開始
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のライブ映像配信が増強される ~ 赤ちゃんは戸外で大活躍
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のフリーダムお母さんと二頭の赤ちゃんたちの近況
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でのフリーダム親子とフギースの同居開始を振り返る
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんが順調に生後半年となる
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の赤ちゃんの性別は雄と雌、名前はアキアクとスラに決定
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園がyoutubeを用いたライブ映像を配信
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のアキアクとスラが間もなく一歳に ~ 欧州の繁殖計画の今後
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のアキアクとスラに一歳の誕生祝いのプレゼント
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でフギースとフェリックスの同居が開始 ~ 偉大な二頭の出会い
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の22歳のフギースの繁殖へのさらなる挑戦
生後僅か三ヶ月の娘と一緒にスウェーデンからオランダへ移動した母フギース ~ バフィン親子の先例
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のアキアクとスラの成長 ~ 同年齢のモモやリラと比較する
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のロスチクの欧州への移動は2018年以降の可能性が高い?
(*アウヴェハンス動物園訪問記)
(2011年5月)
遂にレネン、アウヴェハンス動物園に到着!
シークーとセシ、その伸びやかさと無邪気さの大きな魅力
フリーダムを称える
(2012年3月)
レネン、アウヴェハンス動物園でホッキョクグマたちに御挨拶
アウヴェハンス動物園のフギースお母さんの双子の性格
フギースお母さんの性格と子育て
フリーダムお母さんと1歳になったシークーとセシの双子
(2015年5月)
フリーダムお母さんお久しぶりです、二頭の赤ちゃん、初めまして! ~ レネン、アウヴェハンス動物園へ
欧州屈指の偉大なる母フギースは今何を考える?
アウヴェハンス動物園二日目 ~ 三世代同居の問題点
アウヴェハンス動物園の双子の赤ちゃんの性格と素顔 ~ 「冒険家ちゃん」 と 「甘えっ子ちゃん」
フリーダム、偉大なる母のその素顔 ~ 「細心さ」から「鷹揚さ」を取り込み、咲かせた大輪の花
# by polarbearmaniac | 2017-10-11 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2017-10-11 14:00
オランダ・レネン、アウヴェハ..
at 2017-10-11 01:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag