街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

いなくなったオリンカお母さんを呼び続けるウィーンの双子兄弟(アルクトス&ナヌーク)

先週の金曜日に「ターニャの悲劇(後)」として、ウィーンのシェーンブルン動物園の双子のお母さんのオリンカが、息子たちを置いてEAZA(European Association of Zoos and Aquaria)の希少動物繁殖計画(EEP-European Endangered Species Breeding Programs)に従ってオランダのロッテルダムの動物園に移送される(された)ことはお知らせいたしました。

さて、ウィーンに残された双子の息子たちですが、事情がまったく理解できず、オリンカお母さんが移送となった翌日、お母さんの姿を求めて呼び続けていたそうです。その映像がyoutubeにありますのでご覧になってみて下さい。

もしイコロとキロルが円山を離れるのではなく、ララが息子たちを置いて円山を去るというような事態であれば、イコロとキロルもこのウィーンの双子と同じように鳴き続けて母親を呼んだでしょう。 いや、ララお母さんの育て方が優しかったですから、もっと悲痛に鳴いたでしょうね。 ちなみに、このアルクトスとナヌークはイコロとキロルより1歳年上なのですが、なんと母親の去る前日まで母親の授乳シーンが見られたそうです。なんだかちょっと悲しくなりました.....。でも2頭一緒なのが救いですね。


*(後記) 一方、こちらはオランダのロッテルダムの動物園に到着したオリンカお母さんの映像です。オランダのTV局が撮ったものです。檻の中にいるのがオリンカです。やはりオリンカも落ち着いてはいないようです。 この映像で外を歩いている姿が映っていますが、それは彼女のウィーンでの「夫」であったエリックです。ウィーンから離れたこのオランダのロッテルダムで、この「夫婦」は再会となる予定です(本日3月8日の月曜日から同居のようですね)。

by polarbearmaniac | 2010-03-08 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・ノースカロライナ州..
at 2018-06-18 23:55
エストニア・タリン動物園のア..
at 2018-06-17 23:45
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2018-06-16 20:00
シルカ (Шилка)、梅雨..
at 2018-06-15 22:30
シルカ (Шилка)、変貌..
at 2018-06-14 22:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2018-06-13 23:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-06-13 03:00
韓国・龍仁市のエバーランド動..
at 2018-06-12 00:30
二年前に「世界で最も悲しいホ..
at 2018-06-11 03:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2018-06-10 03:00

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag