街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

札幌・円山動物園の我らがララ出産!!!

a0151913_175219.jpg
ララ (2010年10月30日 於 円山動物園)

やりました!!!

25日とのこと。クリスマスに大変なプレゼントです。それにしても、よくぞこれだけ早く出産情報を発表してくれましたね!

外出先なので、詳しくはあらためて。

*(追記1)本当に驚きました。ララの今年の出産はないだろうと勝手に考えていましたし、飼育員さんも比較的懐疑的ともとれるトーンのコメントを「ララ通信」などに書いていましたからね。今回は、いかにも「生むぞ、生むぞ」といった感じがあまりなくケロリとして出産したということでしょうか。いよいよララもサンクトペテルブルクのウスラーダのような大物お母さんの風格が出てきたのでしょうか。ともかくも元気に育ってくれることを祈るのみです。現段階では衰弱や食害などが、まだまだ心配です。

今回のララとデナリの繁殖行動から出産までの日数は約273日弱ですか。今までのララにすれば、やや長いかなという感じです。以前御紹介していますロシア・サンクトペテルブルクの「極北地域自然保護研究所」(Research Institute for Nature Conservation of the Arctic and North) のデータで見てみますとこの繁殖行動(交尾)から出産までの日数が短かったりあるいは長かったりした場合は赤ちゃんの性別は雄である確率はやや低くなります。特に短かった場合には雌である確率が高くなる傾向が顕著です。ただ今回の270日前後というのは微妙な長さであり、性別で雄と雌の確率は限りなく50%/50%に接近するようです。 あれこれ考えてもしょうがありませんね。


*(追記2)今回の発表は出産から2日目というスピードでした。これはオランダ・デンマーク型のスピード感のある発表ですね。オランダやデンマークの動物園は今回も出産から1~2日ほどで思い切って発表しています。実はこのスピード発表、なかなか怖い点もあります。赤ちゃんがうまく育っていけるかの大きな関門はまだまだ先だからです。円山動物園の園長さんも言うように、まず「最初の一週間」ともいうべき関門があります。この「最初の1週間」ともいうべき最初の関門を突破してから発表したのが先日ののドイツ・ニュルンベルク動物園でした。一方アメリカの動物園は以前より赤ちゃん誕生の発表は非常に遅く、たいていは年を越してからです。

いろいろな発表のやり方があると思いますが、後からの失望を与える可能性があることを承知の上で素早く発表する「オランダ・デンマーク型発表」のほうが気持ちのよい感じがするようにも思いますが、日本の今までのやり方でいえば少々違和感を感じる向きもあるでしょう。旭山動物園の園長さんが本日27日付け(夕方頃だったか?)で「動物園の未来」という文をHPに寄稿しています。これはララ出産のニュースを知って書かれたかどうかはわかりません。しかし、なかなか意味深長なものを感じました。これによると、まだルルもサツキも出産しておらず監視体制が継続しているようですね。仮に出産しても当分は発表しないぞという意味にとれなくもないように思いました。私の穿ちすぎかもしれませんが。  あるいは、「こちらはまだ出産待ちです。」という現況を我々にさりげなく知らせる高度の発表テクニックでしょうか。


*(資料)
札幌・円山動物園 (動物たちのニュース Dec.27 2010
北海道新聞 (Dec 27 2010)
サンクトペテルブルク「極北地域自然保護研究所」(Research Institute for Nature Conservation of the Arctic and North) Reproductive Biology of Captive Polar Bears
(過去関連投稿)
ララの次の出産個体の性別を過去のデータで予想する!
アメリカ・エリー動物園、ミッチェル総責任者の忍耐の日々 ~ 交尾から出産までの期間についての諸例
by polarbearmaniac | 2010-12-27 12:37 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-12-14 03:00
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-14 00:30
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2018-12-13 17:00
ロシア・ペンザ動物園の8歳と..
at 2018-12-12 23:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-11 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-10 18:00
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2018-12-09 22:30
ロスチク、「さようなら」も言..
at 2018-12-08 23:55
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-07 22:15
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-07 21:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag