街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン (ロッシーの双子の兄弟) の近況 ~ déjà-vu の光景

a0151913_22274380.jpg
クラーシンとウスラーダお母さん(2008年) Photo(C)English-Russia

日本平動物園のロッシーの双子の兄弟であるロシア・ノヴォシビルスク動物園で飼育されているクラーシンについては何度もご紹介しています。このクラーシン、やはりロッシーと同じ腕白小僧であることは今までご紹介してきた映像を見ていてもよくわかります。 ノヴォシビルスク動物園のホッキョクグマ展示場にはライブカメラもありますので、その様子も日本に居ながら楽しめます。今年に入ってからの映像がいくつか地元のファンの方によって公開されていますのでご紹介しておきましょうか。1番目の映像では常に白いポリタンクをキープしているのがクラーシンです。そして強烈なジャンプ力! そして2番目の映像の最初のシーン、どこかで見覚えのある姿です。こうやってお客さんの反応を期待するというのはロッシーと同じですね。お客さんのほうを窺うように見ています。 3番目の映像の背泳もロッシーを彷彿とさせます。







ピョートル(ロッシー)とクラーシンはサンクトペテルブルクのレニングラード動物園時代は性格が異なっていたという証言をレニングラード動物園の関係者がしていることも以前ご紹介しています。クラーシンは積極的で好奇心に満ち溢れ、ピョートルは慎重で控えめだったという、我々にとっては意外な事実です。
a0151913_22305316.jpg
サンクトペテルブルク時代のピョートルとクラーシン(2008年)  
PHOTO(C) Александра ДРОЗДОВА/С.-Петербургские ведомости

実はまた、非常に興味深い新たな証言を地元サンクトペテルブルクの別の報道で見つけました。それは一般公開から1カ月ほど経過した2008年4月初旬のサンクトペテルブルク・ベトモスチ紙の報道ですが、ウスラーダお母さんはこのピョートルとクラーシンの双子の息子が水に入るのを絶対に許さなかったために、この双子は(4月段階では)全然泳がなかったという証言を報じています。 なるほど...そう言えばサンクトペテルブルク時代のピョートル(ロッシー)とクラーシンの写真を見ると体が非常に汚れていますが、これはこの双子が水に入れてもらえなかったことを裏付けていますね、記事によるとウスラーダお母さんはこの点については厳格だったようです。なぜウスラーダお母さんは息子たちが水に入るのを禁じたのかはわかりません。子育ての超ベテランで偉大なお母さんであるウスラーダのことですから何か理由があったのでしょう。

そうは言うものの、5月になるとウスラーダお母さんは双子の水遊びは許していたようです。この下の映像は2008年5月の映像ですが、ウスラーダお母さんが双子の一方をプールで押さえつけているシーンです。私の見たところ押さえつけられているのはクラーシンではなくピョートル(ロッシー)に見えます。このシーン、これもどこかで最近頻繁に見るシーンです。ウスラーダお母さんもララお母さんも、この点についてはやることは同じようです(笑)。 でもララお母さんのほうがもっと手荒かな?



このウスラーダお母さんが、子供とこうして一緒に水の中にいるというシーンは極めて稀だと思います。私が昨年サンクトペテルブルクでじっくりと観察している時にもこういうシーンは皆無でしたし、ネット上でもこういうシーンは映像はおろか写真でも見ることはほとんど無いわけです。そういった意味で、この上の動画は極めて希少価値のある映像だと思います。
a0151913_2321967.jpg
ウスラーダお母さん(2008年) Photo(C)English-Russia

ウスラーダというのは基本的には「遊び」を子育ての中に入れないお母さんです。 子供たちを見守る眼は、その秘められた愛情を決して表には出さない冷静なお母さんです。 一方、「遊び」を子育ての中に非常に取り込んでいるように見えるお母さんはシモーナ(モスクワ動物園)とララ(円山動物園)が突出しているように思えます。そのシモーナはなんとこのウスラーダお母さんの娘だというのですからホッキョクグマの世界もおもしろいものです。シモーナはかつてウスラーダお母さんからやってもらえなかったことを、いざ自分が母親になった時に子供たちに行っているといったらよいのでしょうか。 そういえば、ララはあの別府のラクテンチの檻の中では狭いスペースの関係で、こうしてクーニャお母さんから遊んでもらうようなことはできなかったであろうと考えられます。 そのララが今こうして「偉大な母」となった時に、クーニャお母さんがララとルルにしてやりたくてもできなかったことを、ララは子供たちにしてやっていると考えたほうがよいのでしょう。

(資料)
С.-Петербургские ведомости (Apr.21 2008)
(過去関連投稿)
ピョートル(ロッシー)とクラーシンの双子兄弟の産室での映像
腕白小僧ロッシーの性格の変化?
ロッシー(日本平動物園)の双子の兄弟クラーシンの驚異的なジャンプ力!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシンのポリ容器遊び
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン(ロッシーの双子の兄弟)、順調な生育で地元の人気者に!
by polarbearmaniac | 2011-06-24 09:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2019-03-26 01:00
横浜・開港記念広場(日米和親..
at 2019-03-25 23:45
ベルリン動物公園のトーニャ親..
at 2019-03-25 00:30
アメリカ・ロチェスターのセネ..
at 2019-03-24 02:00
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2019-03-23 03:00
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2019-03-22 23:30
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2019-03-21 22:30
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2019-03-20 23:30
デンマーク・スカンジナヴィア..
at 2019-03-19 23:30
フランス・パルミール動物園に..
at 2019-03-18 21:00

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag