街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

ヴァニア来日の件についての深層を読み解く (中)

a0151913_21493949.jpg
ロッシー (2011年8月7日撮影 於 静岡・日本平動物園) 

前投稿よりの続き)

(2)ヴァニアの購入金額について
約5700万円 (雑費を入れれば約6000万円) という金額ですが、これは確かに相場を大きく上回る金額だと思われます。 いくらホッキョクグマの価格が上昇していたにせよ、現在の相場ではどれほど高くても1頭(雌)最高で2500~3000万ほどではないでしょうか。 (*後記 - 今年4月の情報で動物園関係者が言うには、ホッキョクグマ1頭の現在の価格は20万ドル、つまり約1600万円だそうです。ただし性別についてはこの情報では触れていませんが、多分雄の個体のことでしょう。)  しかし私に言わせればこの金額がどうこうといった以上に興味のあることがあります。 それは、この現在「金の卵」である2歳半になるヴァニアですが、いったい今までどこの国のどの動物園も彼女に食指を伸ばさなかったのだろうかということです。 今回のこの静岡の爬虫類屋が初めてヴァニアを「発見」したなどというはずがありません。

まず考えうるのは中国の施設です。 必ず彼らはこのヴァニアを購入しようとしていたに違いありません。 その購入が実現しなかったことについては、価格面と彼女の血統の2つだったと思われます。 中国の施設にはサンクトペテルブルクのウスラーダの息子たちが5頭暮らしています。そういった状況で繁殖を狙ってウスラーダの姪であるヴァニアを購入することは意味がないわけです。このバンコクの施設は国際血統登録をしないことによってヴァニアの血統を隠そうとしたでしょうが、中国はヴァニアの血統を調べたに違いなく、よって彼女の「値段」の高価さも大きな障害となって彼女の購入には至らなかったと考えるべきでしょう。

次に日本の施設です。 ヴァニアの存在を知っていた可能性があるのは秋田県(GAO)と大阪の天王寺動物園(及びそのタニマチ)の2つでしょう。 後者については購入予算の獲得は不可能のはずで資金・情報の全てをタニマチ頼みだったでしょうが、仮にヴァニアの存在を知っていたとしてもこの金額ならばさすにタニマチの豚まん屋も首を縦に振らなかったでありましょう。 しかし仮に天王寺動物園(及びタニマチ)がヴァニアを狙っていたとしてもそれはすでに昨年のことだったでしょうし、天王寺動物園(およびタニマチ)が現在に至るまでそこまで情報収集力と政治力をもって俊敏な動きができたとも到底思えません。

問題は前者、すなわち秋田県です。 私が推測するに秋田県はこのヴァニアあるいはそのツインズのもう1頭(多分雄)に食指を伸ばしたことは99%確実だろうと考えます(あくまで未確認情報ですがその形跡があります)。 仮に秋田県がヴァニアを入手できれば、現在GAOで豪太とパートナーを組んでいるクルミに出産がなかった場合、次の豪太の相手として2~3年後に豪太とヴァニアのペアを実現させようと考えたことは確実と思われます(血統的にも豪太とヴァニアは近親交配になりません)。 豪太の場合は雌のパートナーの血統を考える必要がない(つまり豪太と近親交配となる雌は彼の1歳半になる現在中国にいるはずの彼の妹と豪太の母親であるモスクワのムルマの2頭を除けば世界中に存在しない)からです。それまでの2~3年間、つまりヴァニアが繁殖可能になる年齢までヴァニアを釧路市動物園に預けるという選択肢を取ることが釧路市との友好関係によって可能なのです。 そしておそらく先方のタイ側から約6000万円という金額の提示を受けたことも確実だと推測します。 しかし何故かこれは実現しなかったのです。秋田県がヴァニア(あるいは釧路のツヨシのパートナーとしてヴァニアの弟)を入手しなかった理由は約6000万円という金額以外に見当たりません。秋田県の一般会計当初予算は約6021億円、静岡市の一般会計当初予算は2762億円です。 2倍以上の開きがあります。そして秋田県の知事さんはホッキョクグマ購入に関して強い意欲とリーダーシップを持つ知事さんです。ですから購入しようとすれば静岡市よりも金銭的なやりくりの余裕はあったわけです。 しかし秋田県はこの約6000万円という購入金額を飲まなかったのだと推測されます。 それは当初予算にそこまでの金額を見込んでいなかったということが主な原因でしょうけれど、秋田県の知事さんは静岡市の市長さんよりもずっと良識があったということだと思われます。

(続く)

(資料)
秋田県 総務部財政課 平成23年度予算
静岡市 平成23年度当初予算  補正予算

(過去関連投稿)
ロッシー(静岡・日本平動物園)のパートナー決定へ!
ロッシーの母(ウスラーダ)とヴァニアの母は姉妹の可能性 ~ 日本平の新ペアは近親交配か?
「ロッシー、おめでとう!」、...と言いたいところだが...
ヴァニア来日の件についての深層を読み解く (上)
by polarbearmaniac | 2011-08-09 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

昨年2017年の繁殖シーズン..
at 2018-09-21 00:30
ポーランドのワルシャワから成..
at 2018-09-20 13:00
ワルシャワのショパン博物館 ..
at 2018-09-19 06:45
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-18 06:45
ワルシャワ、プラガ地区を歩く..
at 2018-09-18 06:30
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-17 06:45
ワルシャワ動物園の秋晴れとホ..
at 2018-09-17 06:30
ワルシャワ、旧ドイツ国家秘密..
at 2018-09-16 06:30
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-15 08:30
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-14 06:45

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag