人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後

異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21414468.jpg
みゆきさん、いかがお過ごしでしょうか?
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21415681.jpg
このみゆきは完結した美しさを持っていると同時に、どこかに捉えどころのない神秘的な感じも漂わせている。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_2142941.jpg
彼女は日本でも指折りの美熊である。

人工雪を掘るみゆき

暇そうな表情のみゆき

異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21422097.jpg
パートナーのアイスの体つきはどことなくデナリに似たところがある。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_214231100.jpg
彼はこうやって敷物状態になって休むのが特徴である。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_2142492.jpg
こうして寝ているのがそんなに楽なのだろうか?  他のホッキョクグマではあまり見かけない寝方である。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_2143389.jpg
このアイスとみゆきは、いつここに来ても常に同じような印象を与える。このペアの間にはドラマは存在しないように見える。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21431314.jpg
アイスはみゆきに接近するが、みゆきが拒否するでもなくアイスもそれ以上に踏み込まない。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21432730.jpg
今になってみてやっと理解できたのだが、このアイスとみゆきのペアは数あるホッキョクグマのペアの中で異彩を放っているということである。 何故かと言えば、この2頭のペアの存在それ自体がホッキョクグマの繁殖のためにあくせくして血眼になり、発情期が来ただの来ないだの、やれ交尾したとかしないとかの情報に一喜一憂している我々人間に対する強烈なアンチテーゼであるように考えうるからだ。 以下は決して皮肉の意味で言うわけではないので絶対に誤解して欲しくないのだが、このアイスとみゆきのペアは日本ではデナリとララのペアと双璧の名ペアだと思う。 繁殖するとかしないとかは彼らにとっては別の次元の瑣末な問題であり、このアイスとみゆきのペアこそは永遠不滅の存在なのである。 本当の意味でペアというものが何であるのかを、このアイスとみゆきのペアは理屈ではなくその存在そのものによって示しているのである。 さらに極言して言えば、日本の動物園のホッキョクグマには真の意味でのペアは2組しか存在していない。 それはデナリ/ララのペアとこのアイス/みゆきのペアである。 今日初めて私はこの意味がわかった。
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_22262115.jpg
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後_a0151913_21435136.jpg
今日は都合で1時間ほどしか動物園にいられなかった。 時々小雨が降っていたが傘をさすほどの雨ではなかった。

Nikon D5100
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
(Apr.20 2012 @神戸・王子動物園)
by polarbearmaniac | 2012-04-20 22:30 | しろくま紀行

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索