街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ハンガリー・ブダペスト動物園のヴィタス死す ~ ブダペスト動物園の夢消えるか?

a0151913_14233593.jpg
ヴィタス Photo(C)javno100

ハンガリー・ブダペスト動物園の発表によりますとブダペスト動物園の21歳の雄のホッキョクグマであるヴィタスが4月22日に亡くなったそうです。直接の死因は胃壁の穿孔(穴が開くこと)だと発表されています。ヴィタスは死の2日前より体調不良の徴候を示しており獣医さんによる治療が行われたものの、その甲斐もなく亡くなったそうです。一方ブダペストからのマスコミの報道によりますと、本来は禁じられているはずの来園者よりの食べ物の投げ入れが原因である可能性があると報じています。それまで病気の徴候もなく元気だったヴィタスがたった2日間でこのようなことになったのは外部的要因である確率が高いと見られているようです。さらに詳しい原因究明はまだ先のことになる模様です。
a0151913_14345693.jpg
ヴィタス Photo(C) Zoo Budapest / Bagosi Zoltán

過去に数回、ハンガリーのブダペスト動物園のホッキョクグマについて投稿したことがありました。過去関連投稿をご参照いただければ幸いですが一連の流れを要約すれば、このブダペスト動物園で長年飼育されていたレディとヴィタスに繁殖の成果がなかったことからブダペスト動物園では2頭の不妊検査を行い、その結果として雌のレディに原因があることが突き止められ、その結果として雄のヴィタスのパートナーとしてイタリア・ピストイア動物園の23歳のビンバがブダペストに移動したわけです。ところがそのビンバはブダペスト動物園に到着後一か月ほどで亡くなってしまったわけでした。亡くなったビンバに代わる新しいヴィタスのパートナーとしてウィーンのシェーンブルン動物園で飼育されていた21歳になる「さすらいのホッキョクグマ」ターニャがブダペストに移動したということです。この一連の欧州で展開されるホッキョクグマ界のポリフォニーの壮大なドラマの一つは、こうしてヴィタスの死をもって一つの区切りを迎えたことになります。雄のヴィタスになんとしても繁殖を成功させたいと強く願っていたブダペスト動物園は、今度は雌のターニャを中心に据えて繁殖への取り組みを継続してほしいと思います。この春にヴィタスとターニャとの間に繁殖行為があった模様ですので、とりあえずまず今度の冬を期待したいと思います。ターニャは本当に可哀そうなホッキョクグマです。彼女のパートナーはこうしてまたいなくなってしまったわけです。ブダペスト動物園はホッキョクグマの繁殖への意欲が大きいようですから、早速ターニャの新しいパートナーとして雄の壮年個体の入手を狙ってほしいと思います。
a0151913_14394648.png
ターニャ Photo(C) Zoo Budapest / Bagosi Zoltán

ブダペスト動物園は雄のヴィタスを繁殖の取り組みの中心に据えたが故に、過去2度の出産・子育て経験のある23歳のビンバをイタリアからわざわざハンガリー移動させ、さらにビンバの後継として今まで散々移動に移動を強いられてきたターニャをまたハンガリーにまで移動させるという結果をもたらせました。IAZAのコーディネーターの移動プランは全てブダペスト動物園の強い希望が背景にあったことは間違いないと思いますが、これは一つの動物園において雄を繁殖の中心に据えたが故に幾分無理な面が生じたことは否めません。ホッキョクグマの繁殖は複数の動物園を全体でとらえた大きな枠組みで行うべきはずだったものが、一つの動物園が自らの園における特定の雄の個体の繁殖について執着しすぎて無理をした面があるように思います。このことと今回のヴィタスの死とは無関係ですが、やはり一言触れておかねばならないことだと考えます。

最後に謹んでヴィタスの冥福を祈ります。以下は生前のヴィタスの映像です。



(資料)
Zoo Budapest (Apr.25 2012 – Vitusról)
hvg.hu (Apr.25 2012 - Tiltott etetés miatt pusztulhatott el a budapesti állatkert jegesmedvéje
Barikád (Apr.25 2012 - Megözvegyült Tania, a jegesmedve)
hirek.msn.mainap.hu (Apr.25 2012 - Elpusztult Vitus, a Fővárosi Állatkert jegesmedvéje)
Blikk.hu (Apr.25 2012 - Elpusztult Vitus, az állatkert jegesmedvéje)

(過去関連投稿)
ハンガリー・ブダペスト動物園のレディとヴィタスの不妊検査 ~ ドナウ河岸の憂鬱
トスカーナの丘からドナウの真珠へ ~ 繁殖への希望をのせてビンバがブダペストへ
ハンガリー・ブダペスト動物園のビンバ死す!
ウィーンの「さすらいのホッキョクグマ」ターニャ、今度はハンガリーのブダペストへ移動
by polarbearmaniac | 2012-05-01 14:31 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・ノースカロライナ州..
at 2018-06-18 23:55
エストニア・タリン動物園のア..
at 2018-06-17 23:45
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2018-06-16 20:00
シルカ (Шилка)、梅雨..
at 2018-06-15 22:30
シルカ (Шилка)、変貌..
at 2018-06-14 22:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2018-06-13 23:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-06-13 03:00
韓国・龍仁市のエバーランド動..
at 2018-06-12 00:30
二年前に「世界で最も悲しいホ..
at 2018-06-11 03:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2018-06-10 03:00

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag