街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の春のプール開き ~ 人気者となったハールチャーナ

a0151913_133668.jpg
ハールチャーナ Image : Ленинградский зоопарк

ロシアのサンクトペテルブルクも冬が過ぎ去って気温も上がりはじめています。レニングラード動物園に暮らす30歳のウスラーダ (Услада) と昨年12月にヤクーツク動物園から来園した1歳のハールチャーナ (Хаарчаана) の二頭のホッキョクグマに4月6日に春のプール開きが行われたそうです。担当飼育員さんたちはそれに先立ってプールを大掃除したそうですが、その作業によっておもちゃが回収されて再びハールチャーナに与えられたそうです。さて、ここでまだ仮設の飼育展示場に暮らすハールチャーナのプール開きの映像、そしてそれを報じる地元のニュース映像、この二つをご紹介しておきます。それぞれをワンクリックして下さい。


a0151913_2252653.jpg

ハールチャーナはこうしてまだウスラーダの隣の飼育展示場に移っていないわけですが、ハールチャーナがウスラーダの横の飼育展示場に移るのは当初は春頃が予定されていたものの、その場所に追加の工事が行われることになったため、移動は幾分延期となり夏頃までということになったようです。こういう事情がありますので今年いつレニングラード動物園にいくべきかは難しいわけです。
a0151913_1345111.jpg
ハールチャーナ Image : Ленинградский зоопарк

レニングラード動物園を訪れるファンの関心はこのハールチャーナに集まっているそうで彼女はレニングラード動物園のスター的存在になっているそうです。世界の頂点に立ち、そして威厳に満ちたウスラーダを見たあとでこのハールチャーナを見ると来園者にとっては新鮮な感じを持つのかもしれません。このハールチャーナというのはいったいどういう性格のホッキョクグマなのでしょうか? これを知るにはやはり彼女に実際に会ってみなければわからないでしょう。果たして本当にウスラーダの後継のホッキョクグマになる素質があるのかについても、まだよくわからないといったところです。

(資料)
НТВ.Ru (Apr.7 2018 - На берегах Невы белые медведи открыли купальный сезон)
YakutiaMedia (Apr.7 2018 - Белый медвежонок Хаарчаана из Якутии открыла купальный сезон)
Телеканал Санкт-Петербург (Apr.7 2018 - Медведица Хаарчаана открыла купальный сезон в Ленинградском зоопарке)
Фонтанка.Ру (Apr.7 2018 - В Петербурге купальный сезон открыли медведи)
MR7.ru (Apr.7 2018 - Белые медведи Ленинградского зоопарка открыли купальный сезон)
Пятый канал (Apr.8 2018 - Белая медведица из Ленинградского зоопарка совместила купание с игрой в баскетбол)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダが満30歳となる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園でハールチャーナ到着の日のウスラーダの姿
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園に到着したハールチャーナの姿
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園でハールチャーナの引き渡し式が行われる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のハールチャーナへの市民の関心の高さ
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園がハールチャーナのパートナー探しに早々と着手へ
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園での「国際ホッキョクグマの日」
by polarbearmaniac | 2018-04-08 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のウムカ..
at 2018-09-22 00:30
昨年2017年の繁殖シーズン..
at 2018-09-21 00:30
ポーランドのワルシャワから成..
at 2018-09-20 13:00
ワルシャワのショパン博物館 ..
at 2018-09-19 06:45
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-18 06:45
ワルシャワ、プラガ地区を歩く..
at 2018-09-18 06:30
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-17 06:45
ワルシャワ動物園の秋晴れとホ..
at 2018-09-17 06:30
ワルシャワ、旧ドイツ国家秘密..
at 2018-09-16 06:30
ワルシャワ、旧ゲットー地区を..
at 2018-09-15 08:30

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag