街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ロシア・ロストフ動物園のコメタの飼育展示場改造工事は6月に終了の見通し ~ ホッキョクグマを支えるもの

a0151913_2132088.jpg
コメタ (Белая медведица Комета/Eisbärin Kometa)
Photo(C)ГТРК Дон-ТР

ロシア南部のアゾフ海近郊の街であるロストフ・ナ・ドヌ (Росто́в-на-Дону́) の動物園は私も行ったことがありますが、なかなか広い動物園です。この動物園がロシアのホッキョクグマ界でどういった役割を果たしているかといえば、モスクワ動物園に非常に協力的であり、モスクワ動物園が関係した個体の移動や再配置に協力的であると同時にロシアのホッキョクグマ界の持つ、ある種の不透明さを象徴している動物園の一つであると私は見ています。この点で最も問題があるのはカザン市動物園ではありますが.....。

さて、このロストフ動物園ではロシア最大の石油会社であるロスネフチ社の資金的援助を受けてホッキョクグマの飼育展示場の改造工事を昨年から行っているのですが、この動物園で飼育されている4歳の雌(メス)のコメタの飼育展示場の改造が6月にようやく完成の運びとなっていることが地元のTVニュースで報じられています。それを見てみましょう。



ロシアの動物園は近年になって急速にホッキョクグマの飼育展示場の新設や拡張工事を行っており、そのことは同時にロシアで誕生した個体を今までのように単純売却するのではなく欧州との協力によって繁殖を重視した考え方に転換したことと併行して進行しているわけです。日本のメディアは日本の動物園の危機を報じる際に途上国からの需要の増大によって個体の価格が高騰していることを原因の一つに挙げていますが、それは全くピントが外れており見当違いです。日本の動物園は未だに個体導入は動物商を通して海外から購入することを重要な手段の一つと考えているわけですが、今までホッキョクグマの個体の供給国であったロシアはすでに配給国としての立場を脱し、そして広域的(つまり欧州とロシア)な地域における繁殖計画を担う存在に脱皮しているわけです。別の言い方をすれば「ホッキョクグマの市場価格の消滅」を意味しています。こういった一連の流れを支えているのがロシアの動物園のホッキョクグマ飼育展示場の改善・改良であり、それを結果として支えているのがロスネフチ社の資金援助というわけです。カザンやペルミやサンクトペテルブルクは新動物園の建設工事という形をとり、そしてクラスノヤルスクやロストフでは既存の施設を大改造するという形をとっているわけです。
a0151913_239567.jpg
コメタ (Белая медведица Комета/Eisbärin Kometa)
Photo(C)ГТРК Дон-ТР

北方領土返還交渉を論じる人の中でよく、「ロシアは欧米からの制裁で経済的に困っているから、それを逆手にとって日本は有利な立場に立てる。」などという意見を聞きますが、ロシアは別に困っていませんよ。ロスネフチ社はロシアに暮らすホッキョクグマたちに対して大きな資金援助を行い続けています。目先の金勘定といったことの外でいろいろなことが行われているのがロシアなのです。

ポーランドがまだ社会主義国だった時代の1980~81年頃に反政府的な「連帯」という運動の拡大に対する政府側の対応として戒厳令が公布されたことがありました。あの時代には私もポーランドを何日間も旅行しました。主食である肉は恒常的に大変な品不足で店には長蛇の行列でしたし石鹸などの生活必需品にも事欠く時代でした。やはりその時代にポーランドを訪問したジャーナリストの立花隆氏はポーランドの印象についてなんと驚くべきことに「あの国は食の豊かな国である。」と書いたのです。物理的な意味での食の量の多さと食の文化の豊かさは別のものだということです。立花氏がそう書いた意味が理解できる人ならば、「ロシアは経済的に困っている。」などとは感じないでしょう。日本の動物園の危機の原因の一つは途上国からの需要の増大によって個体の価格が高騰していることであるなどと考える人は「ロシアは経済的に困っている。」と考える人と思考と感性が同じなのです。

ホッキョクグマはロシアにあっては宗教的・文化的な位置付けが人々の意識下において存在し、そういったものがある時に別の形をとって表面に現れてくるということです。そういったものの背景がない日本では理解しにくいことが多々あると思います。

(資料)
Дон-ТР (Apr.28 2017 - Белая медведица Комета из Ростовского зоопарка переедет в новый вольер)
1rnd.ru (Apr.26 2017 - Ремонт вольера для белой медведицы в ростовском зоопарке обойдется в 8 млн рублей)

(過去関連投稿)
(*コメタ関連)
ロシア南部・ロストフ動物園とウクライナ・キエフ動物園との間の紛争 ~ 「ホッキョクグマ詐欺」事件の概要
チェコ・ブルノ動物園のコメタがロシア・ロストフ動物園へ ~ ブルノ、モスクワ、ロストフの巧妙な三角関係
チェコ・ブルノ動物園の双子の雄のナヌクがウクライナ・ムィコラーイウ動物園へ移動か?
チェコ・ブルノ動物園のコメタのロシア・ロストフ動物園への移動が大幅に延期 ~ 複雑な背景を読み解く
チェコ・ブルノ動物園のコメタとナヌクの将来への不安 ~ 忍び寄るロシアとウクライナの紛争の暗い影
チェコ・ブルノ動物園のコメタが4月にロシア・ロストフ動物園へ ~ 表向きのニュースの裏側を探る
チェコ・ブルノ動物園のコメタがロシア・ロストフ動物園に向けて出発 ~ 双子に遂に別れの日来る
チェコ・ブルノ動物園のコメタがロシアのロストフ・ナ・ドヌに無事到着 ~ 早速ロストフ動物園へ
(*テルペイとコメタ関連)
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア南部 ロストフ動物園のテルペイとコメタの飼育展示場改良工事にロスネフチ社が資金援助
ロシア・ロストフ動物園のテルペイとコメタの近況 ~ ノヴォシビルスク在住のファンの方の映像
ロシア南部・ロストフ動物園のコメタとテルペイとの新ペア ~ 飼育展示場改造による30年振りの繁殖への期待
by polarbearmaniac | 2017-04-29 22:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アルマトイ動物園へ ~ アリ..
at 2019-09-20 23:30
ロシアからカザフスタンへ ~..
at 2019-09-19 23:55
ノヴォシビルスク動物園 第三..
at 2019-09-18 23:00
ノヴォシビルスク動物園 第三..
at 2019-09-17 23:45
ノヴォシビルスク動物園を二ヶ..
at 2019-09-16 23:45
成田からノヴォシビルスクへ ..
at 2019-09-15 23:30
秋のロシアと欧州へ
at 2019-09-15 08:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2019-09-15 01:00
ベルリン動物公園のヘルタ、そ..
at 2019-09-14 02:00
スコットランドのハイランド野..
at 2019-09-13 03:00

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag