街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

南フランス、マリンランドのラスプーチンとフロッケのスウェーデンへの移動を仏環境相に請願する活動家団体

a0151913_2048338.jpg
(C)Marineland

これまた同じようなことが繰り返されています。南フランス・コートダジュールのアンティーブにあるマリンランドで飼育されている二頭のホッキョクグマである雄(オス)のラスプーチンと雌(メス)のフロッケに対してフランスの動物保護活動家団体がフランスの環境相であるニコラ・ユロ氏に対してこの二頭のスウェーデンへの移動を求めてネット上での請願署名活動を行っていることが報じられています(正確には移動を求める個体にはラスプーチンのみが挙げられています)。その署名サイトを覗いてみましたらこの投稿を書いている時点で約6万5千ほどの請願署名が集まっています。

この団体は請願署名活動を行う理由として、最高気温が40℃にもなるような場所にあるこの飼育展示場には陽光を避ける場所がなく、そしてこの場所でラスプーチンが苦しそうに呼吸している姿を記録した映像を公開しています。その映像を見てみましょう。



上の映像に追加して今度はラスプーチンとフロックの二頭の映像も公開しています。前もって述べておきますが、この映像は悪質な印象操作が行われていますのでその点に注意して下さい。


この動物保護活動家団体の代表者は、彼らを雪のある場所で暮らさせてやりたいとも述べていることが報じられています。そしてこの団体はラスプーチン(とフロッケ)のスウェーデンへの移動を求めているわけですが、つまりこのペアの間に誕生したホープが移動した先のオルサ・ロフユルシュパルク (Orsa Rovdjurspark) への移動を求めているというわけです。マリンランドはフランス政府の環境相へのこの請願署名活動に強く反発しており活動家団体に対して法的措置も視野に入れていることを明らかにしているそうです。マリンランドの責任者は、「このホッキョクグマたちは欧州の繁殖計画によってマリンランドにやってきたわけであり、ここで生まれたホープもその繁殖計画によってスウェーデンに移動したわけであり決して気候を理由として我々は彼女をスウェーデンに移動させたわけではない。」と語ります。また、「マリンランドの飼育展示場ではホッキョクグマたちは室内外の出入りができないようにした扉などない。」と述べて、ホッキョクグマたちが陽光を避ける場所がないといった批判に反論しています。

どうも今回のフランスの動物保護活動団体は飼育下のホッキョクグマに対する知識が全くないようです。かなりピントの外れた批判をマリンランドに対して行っているように感じます。今回の件については私はマリンランドを支持します。

ただし、一般論としてホッキョクグマをコートダジュールのような場所で飼育することについては私は否定的な考えを持っています。私は過去にこのマリンランドを二回訪問していますが、あそこには好意を持てません。それは何も南フランスの日差しの強さといった気候のことよりも、あのマリンランドにやってくる来園者たちの客層の質に問題があるからです。私はコートダジュールは大好きな場所ですが、あのマリンランドにだけは行きたくないと思っています。それから飼育下のホッキョクグマと雪の存在の有無との関係ですが、私はやはりどうしても冬には雪のある場所でホッキョクグマたちを暮らさせてやりたいという考え方です。しかし欧州の動物園の多くは冬に雪が積もるといった環境にはありませんし、雪の存在はホッキョクグマたちにとっては理想的ではありますが他の動物たちのかなり多くにとっては好ましいことではないでしょう。動物園といった場所は多くの動物たちが暮らす場所ですので、雪の存在を何かの条件にすることは難しいでしょう。

繰り返しますが、今回の件についてはマリンランドを支持します。

(資料)
La Provence (Jul.2 2018 - 24 000 personnes demandent le transfert des ours polaires de Marineland dans un zoo suédois)
The Holding Times (Jul.2 2018 - Les ours polaires du parc Marineland forcés de rester en plein soleil : l’association C’est assez! est en colère)

(過去関連投稿)
(2011年7月アンティーブのマリンランド訪問記)  
アンティーブのマリンランドへ! ~ フロッケとラスプーチンとの初対面
理念無き商業娯楽施設でのフロッケとラスプーチンの存在
ピカソ美術館からアンティーブの旧市街を歩く
(2015年1月アンティーブのマリンランド訪問記)
元旦事始めはアンティーブのマリンランドへ ~ 回遊のラスプーチンとの再会
by polarbearmaniac | 2018-07-05 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・シュトゥットガルト、..
at 2018-07-23 17:00
大阪・天王寺動物園のシルカに..
at 2018-07-23 01:00
ロシア・ロストフ動物園で進む..
at 2018-07-22 03:00
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2018-07-21 02:00
ロシア極北・カラ海沿岸でロシ..
at 2018-07-20 02:00
ロシア・南ウラル地方、チェリ..
at 2018-07-19 03:00
ロシア北東部・ヤクーツク動物..
at 2018-07-18 02:00
ロシア、ニジニ・ノヴゴロドの..
at 2018-07-17 00:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2018-07-16 03:00
スコットランド、ハイランド野..
at 2018-07-15 03:00

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag