街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ロシア・南ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンとアイリシャのおもちゃ遊び

a0151913_1565214.jpg
アルツィン(右)とアイリシャ(左) Image:Челябинский Зоопарк

ロシア・南ウラル地方のチェリャビンスク動物園で飼育されているのは野生出身で推定17歳の雄(オス)のアルツィン (Алтын) と15歳の雌(メス)のアイリシャ (Айриша) の二頭のホッキョクグマです。この二頭については過去に何回か投稿しています。日本のホッキョクグマとの血統的な関係で言えばアイリシャが姫路のホクトの妹であり白浜のゴーゴの姉であるという点でつながりがあります。さらに言えば浜松のモモの叔母であるということにもなります。チェリャビンスク動物園は私も昨年に訪問していますが面積は非常に広いですが動物の種類はそれほど多いとはいえませんからホッキョクグマのアルツィンとアイリシャはこの動物園では一番人気のスターの座を占めています。

さて、ここのところロシアの動物園ではロスネフチ社からの援助によってホッキョクグマたちに黄色いボール(ブイ)などのおもちゃのプレゼントが行われています。ヤクーツク動物園のホッキョクグマたちがこのおもちゃで遊んでいることを知ったチェリャビンスク動物園は、このおもちゃを是非自園のホッキョクグマたちにも与えてやりたいと考えて(ロスネフチ社)に依頼したところ、早速それが届いたそうでアルツィンとアイリシャに与えて見たそうですが二頭のホッキョクグマたちはおもちゃが気に入ったようで平凡な一日の生活のなかでおもちゃで遊ぶ時間が増えたそうです。その様子を同園は映像で公開していますので下の写真をワンクリックしてみて下さい。
a0151913_157951.jpg
Image:Челябинский Зоопарк

チェリャビンスクに住む人々で動物園にやってくる人は非常に素朴な人が多いという感じです。ホッキョクグマがおもちゃを水に投げるといったシーンだけで子供たちが歓声を上げています。日本の動物園でしたらこのくらいで歓声が上がるということは稀でしょう。

さて、チェリャビンスク動物園は以前からどうしてもホッキョクグマの繁殖に成功したいと願っているわけですが残念ながらこのペアはまだ繁殖には成功していません。同園はその原因がアルツィンにあると考えている形跡があり、是非とも雄のホッキョクグマを新しく導入したいという希望を持っているようです。以前にはペンザ動物園のベルィの入手を狙ったわようですが成功しなかったわけです。それは当然でしょう。ベルィは野生孤児出身の個体であり連邦政府の自然管理局 (RPN - Росприроднадзор)からペンザ動物園で保護・飼育するように指定された個体ですから簡単にはチェリャビンスク動物園に移動させることはできませんし、そもそもベルィはペンザ動物園でたった一頭のホッキョクグマですしやはりペンザでは人気者なのです。となるとチェリャビンスク動物園としては新しい雄(オス)の個体の導入は非常に難しいということになるのです。敢えて言えばロストフ動物園のテルペイですが、彼も野生出身の個体ですしペルミ動物園から預託でロストフ動物園に預けられているわけでペルミ動物園の新園が完成するとペルミに帰還することがすでに決まっています。ここ最近はロシアの飼育下のホッキョクグマの再配置については水面下では話が進んでいるようですが具体的なニュースは伝わってきません。事態の推移を注意深く見守りたいと思います。

(資料)
31 канал (Jul.18 2018 - 15 лет вместе. У семьи белых медведей из Челябинска хрустальная свадьба)

(過去関連投稿)
・ロシア・地方都市の動物園で人々に愛されるホッキョクグマ
・ロシア・チェリャビンスク動物園の体重700キロの心優しきホッキョクグマ
・有力企業のホッキョクグマ飼育への支援申し出に喜ぶロシア・チェリャビンスク動物園
・ロシア・チェリャビンスク動物園のホッキョクグマのイベント
・ロシア・チェリャビンスク動物園のホッキョクグマのおもちゃはなんと黄色いスケートボード!
・ロシア・チェリャビンスク動物園のアルツィン  ~ 飼育下では世界最大の体重か?
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスクの動物園のプール開き
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスクの動物園の夏 ~ ホッキョクグマにオモチャのプレゼント
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のペアの演じる「タンゴ」
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちの夏の日の姿
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンの頭のタイヤが抜けなくなりレスキュー隊が出動
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園の動物たち、近郊への隕石落下の被害から全頭無事が確認
・ロシア・カザン市動物園に短期出張したアルツィンがチェリャビンスク動物園に帰還 ~ 行方不詳のユーコン
・ロシア・チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちに地元アイスホッケーチームがプレゼント
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンの行動に対する専門家の奇妙な(?)解釈
・ロシア・チェリャビンスク動物園でホッキョクグマと共に祝われた地元アイスホッケーチームの新年
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちの夏のシーズンのプール開き
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンとアイリシャ ~ 地元アイドルの座は不動
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンとアイリシャの近況 ~ 施設の一部改修工事が終了
・ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンの2001年の物語 ~ 野生孤児の秘史
・ロシア・南ウラル地方、チェリャビンスク動物園がペンザ動物園のベルィの入手を画策 ~ 繁殖成功への執念
・ロシア・チェリャビンスク動物園がロスネフチ社の資金援助でホッキョクグマの室内飼育展示場をオープンへ
・ロシア・南ウラル地方、チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちのプール開き
(*2017年8月 チェリャビンスク動物園訪問記)
・チェリャビンスク動物園の夏の日 ~ アルツィンとアイリシャの姿
・アルツィン (Белый медведь Алтын) の素顔とその性格
・アイリシャ (Белая медведица Айриша) の素顔とその性格
・地方都市のチェリャビンスク動物園で体を寄せ合って暮らすアルツィンとアイリシャ ~ 心動かされるその姿
by polarbearmaniac | 2018-07-19 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-19 00:30
"Polar Bear of..
at 2018-12-18 03:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2018-12-17 02:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2018-12-16 03:00
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-15 02:00
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-15 00:30
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-15 00:15
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-12-14 03:00
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-14 00:30
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2018-12-13 17:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag