街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワルシャワ、旧ゲットー地区を歩く(7)~ コルチャク最後の孤児院、そしてゲットー南端の風景

a0151913_16352467.jpg
日本では「コルチャック先生」と呼ばれているヤヌシュ・コルチャク (Janusz Korczak 1878~1942) と彼が院長を務めていたユダヤ人孤児のための孤児院である「ドム・シェロト(孤児たちの家)」については「ワルシャワ、旧ゲットー地区を歩く(3)」で述べた通りであるが、その孤児院はゲットー設置の際に二度もゲットー内の別の場所に移動を余儀なくされ最終的にはシェンナ通り16番地/シリスカ通り9番地 (Sienna 16 / Śliska 9) に移転した。この場所は戦後にできたスターリン建築の文化科学宮殿の敷地の一部に該当する。そこに立っているのがこの記念像である。
a0151913_559238.jpg
a0151913_5594857.jpg
1942年8月5日(あるいは6日)にコルチャクはこの場所から約200人の孤児院の子供たちとともにゲットー内をウムシュラークプラッツ (Umschlagplatz - 積替場/集荷場)へと行進し、そこから貨車でトレブリンカ絶滅収容所に運ばれたのである。地下組織はコルチャクに対して安全な場所の提供などの便宜を申し出ていたがコルチャクはそれを断り子供たちと運命を共にする道を選んだのである。
a0151913_673035.jpg
コルチャクと孤児院の子供たちのウムシュラークプラッツ (Umschlagplatz - 積替場/集荷場)までの行進を実際に目撃したゲットー内のユダヤ人は何人もいたそうである。コルチャクと子供たちの歩いた経路を特定する作業も行われているそうで大部分はそういった研究で判明しているそうである。
a0151913_6382410.jpg
それによるとまずシェンナ通りを彼らは歩いたらしい。
a0151913_6404614.jpg
この通りの古い建物である。
a0151913_6425347.jpg
この写真の左側に写っているのが上のシェンナ通りの古い建物、右のクリーム色の建物が私の泊まっているメルキュールホテルである。
a0151913_6471039.jpg
これはシェンナ通りの古い建物とメルキュールホテルの間の部分だが実はここにゲットーの壁があった。シェンナ通りの古い建物はゲットー内(左)、メルキュールホテルはゲットーの外(右)である。
a0151913_6524632.jpg
つまりこのシェンナ通りの古い建物(この写真はメルキュールホテル側)はゲットー内でありこの建物に詰め込まれていたユダヤ人たちはコルチャクと子供たちのウムシュラークプラッツ (Umschlagplatz) までの行進を目撃した可能性がある。ただしそういったユダヤ人たちもすぐ後でトレブリンカ絶滅収容所に移送されただろう。
a0151913_6582485.jpg
ここからヤン・パヴェウ二世大通りを挟んで先日訪れたゲットーの残存している壁を換算600mmで撮影してみた。生々しい。
a0151913_725248.jpg
さて、それから彼らはシリスカ通りに入ったらしい。
a0151913_745312.jpg
この通りにはもう古い建物は残っていない。
a0151913_7194273.jpg
ヤン・パヴェウ二世大通りを渡って反対側にさらに伸びているシリスカ通りを歩いてみる。
a0151913_7224479.jpg
そのシリスカ通りの51番地に現存しているのがかつてのベルソンズ・バウマンズ子供病院の建物である。かつてユダヤ人子供病院として1878年に完成した建物だそうである。
a0151913_725362.jpg
コルチャクは第一次大戦以前に小児科医として長年ここで働いていたそうである。
a0151913_740182.jpg
1944年のワルシャワ蜂起の際にはこの病院は蜂起軍兵士の病院としても機能していたそうである。
a0151913_7445914.jpg
シェンナ通り側に回ってみる。
a0151913_7461360.jpg
これがシェンナ通り側から見た子供病院である。
a0151913_824632.jpg
自分の宿泊しているホテルのすぐそばが歴史の重要な一コマとなっていた。感慨深い夕方の散策だった。
a0151913_841877.jpg
現在のこの周辺の地図。
a0151913_852513.jpg
そしてゲットーの存在していた時代の地図である。

SONY DSC-RX10M4
(Sep.16 2018@ポーランド、ワルシャワ)

(資料)
記憶するワルシャワ : 抵抗・蜂起とユダヤ人援助組織Zegota「ジェゴタ」
ワルシャワから : 記憶の案内書 : トレブリンカ、ティコチン、パルミルィ、プルシュクフへ
by polarbearmaniac | 2018-09-17 06:45 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-11 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-10 18:00
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2018-12-09 22:30
ロスチク、「さようなら」も言..
at 2018-12-08 23:55
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-07 22:15
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-07 21:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-07 20:30
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-07 16:00
アメリカ・ミルウォーキー動物..
at 2018-12-07 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-07 00:30

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag