街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

成田からノヴォシビルスクへ ~ ダブルツリー・バイ・ヒルトン・ノヴォシビルスクにチェックイン

a0151913_0413258.jpg
S7航空のノヴォシビルスク行きの直行便を利用するのは昨年に続いて今回が二回目。座席を今回は最前列の1Aを指定した。
a0151913_0434181.jpg
最前列席なので当然前は壁である。
a0151913_0445542.jpg
離陸してから1時間ほどで食事となる。
a0151913_0453272.jpg
a0151913_046132.jpg
a0151913_0465411.jpg
機内食は昨年と同じものだという気がするが.....。
a0151913_0501997.jpg
やがて爆睡してしまう。朝8時40分成田発というのはさすがに疲れる。
a0151913_0514295.jpg
到着1時間半前頃に軽食が出る。
a0151913_0523226.jpg
a0151913_0542114.jpg
ノヴォシビルスクの街が見える。流れている河はオビ河である。
a0151913_12141.jpg
やがて着陸。


S7航空 (5772便)、ノヴォシビルスク・トルマチョーヴォ空港に着陸 (Jul.14 2019)

a0151913_18208.jpg
三ヶ月ぶりにノヴォシビルスクに戻ってきた。
a0151913_191118.jpg
a0151913_195798.jpg
ノヴォシビルスク空港における入国審査は非常にスムーズである。係官ができぱき仕事を進める。降機してから入国審査を通るまで10分もかからなかった。ノヴォシビルスクはさすがに夏である。気温は体感で28~30℃くらいだろうか。 しかし風があり、そして空気は爽やかである。
a0151913_117103.jpg
今回の宿泊のホテルはダブルツリー・バイ・ヒルトン ・ノヴォシビルスク (DoubleTree by Hilton Novosibirsk) である。過去二回はマリオットに宿泊したのだが今回は滞在日数がかなり長いためマリオットよりも安いホテルとしてここを選んだ。
a0151913_12147.jpg
a0151913_1314661.jpg
部屋はそれほど広くはないが非常に感じが良い。
a0151913_121577.jpg
バスルームもしっかりしている。
a0151913_1322967.jpg
部屋の窓からの風景。
a0151913_1331482.jpg
さて、今日このままホテルから動物園に行ってもよいのだが、今日についてはやめておく。滞在日数が長いのであまり急がないようにしたい。
a0151913_1351852.jpg
ホテルから10分ほど歩いたところにアウラという巨大ショッピングセンターがあるのでそこに入ってみる。
a0151913_1364314.jpg
まずロシア最大の通信会社の一つである Megafon の店に行って SIM カードを買う。ロシアではこうして通話やネット通信を行うのが非常に安いからである。
a0151913_139636.jpg
同じくロシアにおけるメガキャリアである MTS の店でまたSIM カードを買った。これで Megafon と MTS の二枚の SIM カードを日本から持参しているアンドロイド端末である ASUS の ZenFone 5Z (製品版 SIMフリー)に挿入してDual の待ち受けが可能となる。

明日からノヴォシビルスク動物園通いが始まる。

RX100M5A
DJI Osmo Pocket
(Jul.14 2019 @ ロシア・ノヴォシビルスク)
by polarbearmaniac | 2019-07-14 21:45 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・カザン市動物園のテル..
at 2019-08-23 23:45
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2019-08-22 23:55
ロシア・ヴォルゴグラードでの..
at 2019-08-21 23:45
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2019-08-20 23:45
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2019-08-19 23:45
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2019-08-19 03:47
ベルリン動物公園のトーニャと..
at 2019-08-17 23:50
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2019-08-16 23:45
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2019-08-15 23:55
ロシアのニジニ・ノヴゴロド、..
at 2019-08-14 23:55

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag