人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ロシア・クラスノヤルスク動物園が中国側のホッキョクグマとジャイアントパンダ交換案に拒否の回答

ロシア・クラスノヤルスク動物園が中国側のホッキョクグマとジャイアントパンダ交換案に拒否の回答_a0151913_3472292.jpg
フェリックス(左)とオーロラ(右)Photo(C)Красноярский зоопарк

先日、「ロシア・クラスノヤルスク動物園に対して中国の動物園がホッキョクグマとパンダの交換を申し入れる」という投稿で中国の某動物園がクラスノヤルスク動物園に対して雌(メス)のホッキョクグマとジャイアントパンダの交換を申し入れてきたというニュースをご紹介しています。クラスノヤルスクの地元ではかなりのニュースとなっているのですがメディアが大変不正確な理解のもとで報道しているということもその投稿で述べました。しかし本件について唯一きちんとした報道を行ったメディアがあります。それはシベリア全体をカバーしている «Сибирское Агентство Новостей» (Sibnovosti) というメディアであり、その後の取材を含めて以前には報じられていなかった新しい内容が明らかになっています。その報道によりますとクラスノヤルスク動物園の園長さんは中国側の申し入れにたいして "No" の回答を行ったそうです。下は地元TV局の今回の件いついてのクラスノヤルスク動物園のホッキョクグマたちと園長さんへのインタビューですが、このレポーターは肝心のポイントを理解していないインタビューを行っています。



さて、園長さんが中国側に "No" と回答した理由として Sibnovosti の報道によりますと第一に(年間100万ドルの)ローン費用の負担を行う余裕はクラスノヤルスク動物園にはなく、そしてジャイアントパンダの主食である竹はシベリアには生育していないことを挙げ、そして第二の理由としてすでにクラスノヤルスク動物園の一頭のホッキョクグマをロシア国内の他の動物園に移動させたい意向であることを挙げています。そしてロシア国内で名乗りを挙げている動物園として大変興味深いことにハバロフスク動物園、ペンザ動物園、ロストフ動物園の三つがすでに名乗りを挙げていることを明らかにしています。
ロシア・クラスノヤルスク動物園が中国側のホッキョクグマとジャイアントパンダ交換案に拒否の回答_a0151913_35557100.jpg
オーロラ Photo(C)Красноярский зоопарк

クラスノヤルスク動物園の園長さんが中国の動物園の申し入れに対して拒否の回答を行ったのは当然のことであると考えられ、その理由については全て私が前回の投稿で述べましたように野生出身の個体はロシア国外には出せないということだからです。園長さんはジャイアントパンダの主食の調達ができないという理由を挙げて中国側に「外交的配慮」を行っているのでしょう。さらに同園の雌(メス)のホッキョクグマの移動先候補地としてハバロフスク、ペンザ、ロストフ・ナ・ドヌの三都市が名乗りを挙げているという点についてですが園長さんは飼育環境を判断して決めたいと語っています。さて、この三都市の動物園ですがペンザの地元メディアが早速ペンザ動物園に対して取材しているのですがペンザ動物園の担当者は、「ペンザ動物園はホッキョクグマの繁殖に強い意欲があるためクラスノヤルスク動物園のホッキョクグマの入手に手を挙げているものの、ペンザ動物園のホッキョクグマ飼育展示場は追加にさらにもう一区画が必要であり、その建設工事を予定しているものの具体的にいつから工事を開始できるかはまた決まっていない。」という内容を語っています。これから考えて、ペンザ動物園は「脱落した」とみて間違いないでしょう。さて、ロストフ・ナ・ドヌについては私は非常に不思議な感じがします。何故なら同園にはコメタという現在6歳の雌(メス)の個体がすでにいるからです。しかしひょっとしてロストフ動物園は「アンデルマ/ウスラーダ系(カザン血統)」のコメタを他園に移動させて野生孤児出身の個体(おそらくウルスラ)をクラスノヤルスク動物園から入手して同じく野生出身のアイオンとペアにして「新血統」を誕生させようという意図があるのかもしれません。そしてハバロフスクについてですが消去法でやはりここが本命であるような気がしますし、実はすでにクラスノヤルスク動物園とハバロフスク動物園はウルスラの移動について合意しているという情報があることは「ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のハバルのパートナーはクラスノヤルスク動物園のウルスラに内定」という投稿でご紹介している通りです。

さて、ここで今回の件を全く別の角度から考えていきましょう。クラスノヤルスク動物園から雌(メス)のホッキョクグマとジャイアントパンダとの交換提案について拒否されてしまった中国の某動物園は、このあとどうするでしょうか? 常識的に考えれば次に彼らがターゲットとするのはノヴォシビルスク動物園の双子うちの一頭である雌(メス)のシャイナでしょう。しかもクラスノヤルスク動物園よりもノヴォシビルスク動物園のほうがジャイアントパンダの年間のローン費用負担の余裕はありそうだからです。ところがここで不可解なことに気が付きます。「クラスノヤルスク動物園の雌(メス)の個体を入手するよりもノヴォシビルスク動物園のシャイナを入手するほうが楽なはずなのに何故中国の某動物園は可能性の低いクラスノヤルスク動物園に声をかけたのか?」ということです。この答えは以下でしかないだろうということです。すなわち「中国の某動物園はロスチクのパートナーを獲得しようとしているために、ノヴォシビルスク動物園のシャイナではロスチクの妹であるからパートナーには不適格であるためクラスノヤルスク動物園の野生孤児出身の個体を獲得しようとした。」.....こう考えると説明が付くのです。仮にこの推測が正しければ中国の某動物園はロシアの別の動物園にターゲットを変えるでしょう。仮にこの推測が間違っているならば中国の某動物園は必ず次にノヴォシビルスク動物園にアプローチしてくるでしょう。そうこうしているうちに中国の某動物園は必ずその「尻尾」を現すでしょう。「ロスチクが現在どこにいるか?」、「ロスチクは将来的に中国のどの動物園で飼育されるか?」、この二つの問いへの回答を得るためにロスチクを心配するノヴォシビルスクのホッキョクグマのファンの方々に申し上げたいのは、クラスノヤルスク動物園の園長さんにコンタクトをとって「今回の件における中国の某動物園とは具体的にどこですか?」という質問をぶつけてみることが重要だろうということです。容易には回答は得られないでしょうけれども何かヒントになる情報は得られるかもしれません。

しかしそれにしても、ジャイアントパンダという「エサ」さえ目の前にぶら下げれば野生出身のホッキョクグマが入手できると考える中国側の態度は非常に問題があると言えるでしょう。 おっと、日本もそう偉そうなことは言えません。日本の某動物園は自分が飼育している雄(オス)のホッキョクグマのパートナーを得ようとしてノルウェー政府に対して「野生個体を捕獲して自分たちのところにプレゼントとして送ってほしい。」という、かなり独自の世界観と自然観に基づくリクエストを送ったということがありました。後日、野生のホッキョクグマ保護政策の世界最先進国であるノルウェーの政府はその日本の某動物園の名前を実名でメディアに暴露することによって日本の某動物園の独自の世界観と自然観に対して回答したというわけでした。

(資料)
Sibnovosti.ru (Aug.22 2019 - Красноярский зоопарк не согласился обменять китайскую панду на белого медведя)
ТВ БРИКС (Aug.22 2019 - Белый медведь будет жить в России! Его не поменяют даже на панду)
ТВК Красноярск (Aug.22 2019 - Китайский зоопарк предложил поменять красноярских белых медведей на панду)
ТВ-Экспресс (Aug.22 2019 - Пензенскому белому мишке ищут жену)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園が北京動物園よりのホッキョクグマ入手希望を事実上拒否 ~ したたかなアクーロヴァ園長
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のハバルのパートナーはクラスノヤルスク動物園のウルスラに内定
ロシア・クラスノヤルスク動物園に対して中国の動物園がホッキョクグマとパンダの交換を申し入れる
(*2019年7月 クラスノヤルスク動物園訪問記)
・ノヴォシビルスクからクラスノヤルスク、そしてクラスノヤルスク動物園へ
・野生孤児出身のフェリックス (Феликс) の素顔
・野生孤児出身のオーロラ (Аврора) の素顔
・野生孤児出身のウルスラ (Урсула) の素顔 ~ 日帰りの旅を終えノヴォシビルスクに帰還
by polarbearmaniac | 2019-08-25 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索