人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

仙台・八木山動物公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生するも死産と判明 ~ 残念ではあるが朗報と考えるべき

仙台・八木山動物公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生するも死産と判明 ~ 残念ではあるが朗報と考えるべき_a0151913_212110.jpg
ポーラ (Paula the Polar Bear)
(2017年5月26日撮影 於 仙台・八木山動物公園)


これはかなり重要なニュースです。仙台市(八木山動物公園)が1月8日付けで発表した内容によりますと、同園で飼育されている15歳になったばかりのポーラが昨年2019年の12月28日に一頭の赤ちゃんを出産したそうです。出産後のポーラは母親としての本能が発揮されていたようですが赤ちゃんに動きがなかったため確認したところ死産であることが判明したそうです。残念なことになりましたが今回の発表ではひとつ非常に重要なことが述べられています。それは、「初めての出産を経験したポーラ」という文言です。私は「おそらく仙台では赤ちゃんが誕生したことはあるものの誕生から間もなく死亡してしまったので、あえてポーラの出産の事実については語られていないのだろう。」と考えたこともあったわけです。事実、世界では赤ちゃんは誕生したものの早い時期に死亡した場合は誕生の事実そのものについても発表しないという動物園はいくつかあったからです(たとえばプラハ動物園)。ところが今回の発表で初めてポーラには今まで本当に出産の事実がなかったということが明らかになったわけです。死産だったことは非常に残念ではありますが、何か胸のつかえがとれたような気持ちになりました。昨年11月に「仙台・八木山動物公園のポーラが出産準備体勢へ」という投稿を行いましたが、それはポーラの出産を期待しての気持ちからです。
仙台・八木山動物公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生するも死産と判明 ~ 残念ではあるが朗報と考えるべき_a0151913_2152478.jpg
ラダゴル(カイ)(Белый медведь Ладогор/Ladogor - Kai the Polar Bear)(2017年5月26日撮影 於 仙台・八木山動物公園)

ポーラのパートナーは言わずと知れたあの偉大なウスラーダの息子であるラダゴル(カイ)です。彼はウスラーダの子供たちの中で最も母親であるウスラーダと過ごした時間の長い個体です。さらに言えば、ウスラーダだけでなく彼女の子供達の繁殖能力にも定評があり、ラダゴル(カイ)に繁殖能力がないなどとは到底考えられないからです。となれば問題があるとすればポーラの方だろうという推測を抱くことにもなるわけです。しかしそのポーラに対する懸念もこれで払拭されました。ラダゴル(カイ)も、さすがにウスラーダの息子だけのことはあると思いました。

今年2020年の繫殖シーズンのこのペアに期待したいと思います。

(資料)
仙台市(八木山動物公園)(Jan.8 2020 - ホッキョクグマの「ポーラ」 展示再開しました

(過去関連投稿)
・カイとポーラの仲良し日記 ~ 日本屈指の青春ペアの土曜日
・ナナからポーラへ ~ 世代を超えて引き渡された繁殖を担う主役のバトン
・台風一過の暑さにも俊敏な動きを披露するポーラ ~ エース級の若年個体が真のエースとなる日
・ポーラに迫りつつある正念場 ~ パートナーに増した威厳によって生じた行動の変化は好機?
・シンバ(Simba/Zora - 姫路のユキ、仙台のポーラの母)、その姿と性格
・仙台・八木山動物公園のポーラが出産準備体勢へ
by polarbearmaniac | 2020-01-10 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索