人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)は反射神経を失っておらず運動機能は部分的に回復可能と診断 ~ 生への強い執着

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)は反射神経を失っておらず運動機能は部分的に回復可能と診断 ~ 生への強い執着_a0151913_06144864.jpg
ディクソン (Диксон)  Image : Московский зоопарк

ロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で散弾によって重傷を負っていたのが発見され、治療のために6日にモスクワ動物園に移送された推定3歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон) の運命を追い続けています。先週の金曜日にモスクワ国立獣医学・バイオテクノロジーアカデミーの学長であるセルゲイ・ポジャービン (Сергей Позябин) 教授一行がモスクワ動物園を訪れてディクソンのこれまでの検査結果のデータをチェックし、そして実際にディクソンを見て総合的な診断を下し、「ディクソンの命は救える」という結論を発表したところまでが前回の投稿でした。ここまでを振り返ったTVニュースを見ておきましょう。


ポジャービン教授は獣医学雑誌 ("Ветеринария и жизнь") のサイトに、何故ディクソンの命が救えるかについて重要な点を語っています。それによりますと「ディクソンには反射神経 (reflexes)、とりわけ屈曲反射/侵害反射 (flexion reflex) が失われておらず、将来少なくとも運動機能の推進によって部分的な回復が可能になり、ディクソンの反射状態や運動活性が改善されることを期待することが可能」だからだそうです。この診断を行ったのは一向に加わっていた同アカデミーの獣医外科学部の教授で獣医学博士のニコライ・コズロフ氏です。ポジャービン教授はリハビリ計画も含め、今後のディクソンの治療計画に参加・協力していくとのことです。またモスクワ動物園では現在このディクソンについては24時間の監視体制をとっているそうです。彼の接触能力は驚異的だそうで、不幸な経験をしながらも、彼は人々に手を差し伸べ続けているとスタッフは語っています。現在の彼の体重は107 kgs とのこと。少なくとも冬までは来園者には非公開となるようです。ここでまたTVニュースを見てみましょう。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)は反射神経を失っておらず運動機能は部分的に回復可能と診断 ~ 生への強い執着_a0151913_05194924.jpg
9月17日のディクソンに関してモスクワ動物園のスヴェトラーナ・アクーロヴァ園長は以下のように書いています。

「ディクソンは、おかゆ、牛肉、スープ、魚油などの基本食に加え、今夜の夕食にはウサギを食べることにしています。専門の担当者が言うには、彼はそれが大好きなんだそうです。」

映像を見てみましょう。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)は反射神経を失っておらず運動機能は部分的に回復可能と診断 ~ 生への強い執着_a0151913_05515067.jpg
19日の月曜日の夕方にモスクワ動物園のアクーロヴァ園長はディクソンの様子について以下のように述べています。

「質の高い睡眠は体の回復のための最も重要な前提条件の一つです。そして、ディクソンはそれを知っているようです。専門の担当者たちは、ディクソンが夕食後の午後5時に居眠りするような習慣をつけようとしています。ディクソンはくつろいで、前足についた残りのお粥をなめて、眠りにつきました。」

そして以下の映像を公開しました。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)は反射神経を失っておらず運動機能は部分的に回復可能と診断 ~ 生への強い執着_a0151913_05391428.jpg
アクーロヴァ園長以下、スタッフの懸命な努力が続きます。

(資料)

by polarbearmaniac | 2022-09-20 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索