人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、リハビリには数か月から一年を要するとの見解

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、リハビリには数か月から一年を要するとの見解_a0151913_23230988.jpg
ディクソン(Диксон) Image:Московский зоопарк

ロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で散弾によって重傷を負って保護・治療のために9月6日にモスクワ動物園に移送された推定3歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон)については、その発見・救出からモスクワ動物園における現在の様子まで当ブログでは逐次その状態を投稿しています。こういった一連の出来事をまとめて映像ドキュメンタリーにしたものが公開されましたので、それをご紹介しておきます。第一部(約31分)と第二部(約22分)とに分かれており、未公開の映像も多く含まれています。ナレーションは無で映像だけが淡々と映し出されます。まず第一部はモスクワ到着までが扱われています。


第二部はモスクワ動物園到着以降、現在に至るまでの姿が映し出されています。これについては下をワンクリックして下さい。youtube の該当映像の開始画面が開きます。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、リハビリには数か月から一年を要するとの見解_a0151913_01062174.jpg
さて、10月2日付けの「夕刊モスクワ (Вечерняя Москва)」紙が獣医外科医師のスヴェトスラフ・ノヴィツキー氏へのインタビュー記事を掲載しました。同紙はそこで、このディクソンが再び歩けるようになりのはいつ頃になるのかをノヴィツキー氏に質問しています。ノヴィツキー氏はそれに答えて、ディクソンのような多くの銃創と後肢の麻痺を抱えたホッキョクグマが、モスクワ動物園の専門家たちの努力によって1ヵ月間という比較的短時間に横になったり座ったり、簡単な運動までできるようになったことを賞賛し、この先には徐々にディクソンが自分でなんとか歩けるようになり、楽な姿勢を選べるようになる過程にあると語ります。これからにおいては、骨や筋肉を回復させるためにマッサージやその他の処置が必要で、さらに魚介類を含むバランスのとれた食事が必要だと語ります。そして、ディクソンが自立した最初の一歩を踏み出すには、少なくともあと2カ月はかかると語っています。さらに、このようなケガとリハビリは、平均して2〜3ヶ月から1年程度かかると言われており、治療方法によっては、この期間が短くなったり長くなったりすることもあると述べています。ただしそこにはリスクもあり、ディクソンがぐったりして以前のように走ったり歩いたりできなくなる可能性もあると述べています。ノヴィツキー氏はおそらく、仮にディクソンが自力で歩けるようになったとしても、それは非常に大きな体力が必要となるだろうということを言おうとしているのだろうと思います。

モスクワ動物園は10月6日にディクソンへのトレーニングの様子を映像で公開していますので、それをご紹介しておきます。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、リハビリには数か月から一年を要するとの見解_a0151913_01594118.jpg
このディクソンという負傷した一頭のホッキョクグマを救出・保護し、そしてなんとか彼が回復できるように多くの人々が懸命に努力しています。ディクソンに対してもモスクワ動物園の関係者に対しても、大きな声援を送りたいと思います。

(資料)

(過去関連投稿)

by polarbearmaniac | 2022-10-06 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索